JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 469
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

動画サイトに朗読をアップロードしようかと考えています。閲覧してみたところ素人による小説等の朗読のアップロードは存在し

質問者の質問

動画サイトに朗読をアップロードしようかと考えています。閲覧してみたところ素人による小説等の朗読のアップロードは存在しています。しかし、著作権違法はなるのではないでしょうか?アップロードされていたものは。明治時代の小説家などすでに亡くなっている方々でした。仮に現存していらっしゃる方でしたら違法ですか?あるいは出版社から賠償請求されることはありますか?朗読したい本は、外国人著あるいは現存の著者ですが。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
原則として、小説等の朗読を動画サイトにアップロードする行為は、著作権のうち複製権(著作権法21条)および公衆送信権(同法23条)の侵害となります。
ただし、著作権の保護期間が切れている著作物(本件では小説等)をアップロードする行為は違法とはなりません。
著作権の保護期間は、原則だけ申しますと著作者の死後50年までですので(同法51条~53条)、その期間が経過した小説等をアップロードするのであれば問題はありません(ただし、映画は公表後70年が原則です。同法54条)。
また、外国の著作物につきましては、著作権法58条において「相互主義」について規定がなされており、これに従うことになります。
この「相互主義」と申しますのは、外国の著作物であっても日本が条約上、著作権の保護義務を負う著作物については、日本の著作権法の保護期間が適用されるのが原則です。
また、保護期間の相互主義により、著作物の本国である外国での保護期間が日本より短ければ、同様に日本においても短くし、当該本国の保護期間に限り保護されます。
さらに、戦時加算というものが存在します。
戦時加算とは、日本国とのサンフランシスコ平和条約15条⒞に基づいて制定された「連合国及び連合国民の著作権の特例に関する法律」(昭和27年法302号)(以下「戦時加算特例法」とします)に基づいて、連合国または連合国民が戦前または戦中に取得した著作権の保護期間について、太平洋戦争の開始時(昭和16年(1941年)12月8日)から、日本国と当該連合国との間に平和条約が効力を生じた日の前日までの期間に相当する日数が保護期間に加算されることをいいます。
第二次世界大戦中、わが国において連合国およびその国民の著作権が実質上保護されていなかったことを理由として、わが国は連合国および連合国民の著作権について通常の保護期間に戦時中の期間を加算する義務を負うというものです。はっきり言ってしまえば、敗戦国に対する制裁、ペナルティということです。
アメリカ、イギリス、フランスについては戦時加算が最長で3,794日(約10年5月)となりますので、保護期間にこの期間を加算した日数が実際の存続期間となります(戦前に創作されたものではなく、戦争中に創作された著作物については、この最長の日数から戦争開始から創作されるまでの日数が差し引かれます)。
したがいまして、保護期間が経過しているものをアップロードすれば問題はありません。
また、著作権の保護期間が切れていないものをアップロードしても、権利者がサイトの運営者に申し立てないと、そのまま放置されるようですが、その場合でも著作権を侵害していることには変わりませんので、いつ何時、権利者から損害賠償請求がなされるか分からない状態ということになりますのでご注意してください。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました

専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
こちらこそ高い評価をしていただきありがとうございました。
また何かございましたらご質問してください。

特許・商標・著作権 についての関連する質問