JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 510
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

消防団のマーク(桜を模った記章)を贈り物に彫刻をしてプレゼントしようと思いますが この、マークを無断で使用すると法

解決済みの質問:

消防団のマーク(桜を模った記章)を贈り物に彫刻をしてプレゼントしようと思いますが
この、マークを無断で使用すると法律的に問題となりますか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
厳密に申しますと、知的財産権と抵触する可能性があります。
具体的に申しますと、意匠権、商標権、著作権と抵触したり、不正競争防止法の不正競争行為となる可能性はあります。
消防団とは無関係な人や会社がそのマークについて意匠権や商標権を取得するのは難しいので、もし、これらの権利を取得するとすれば、消防団自身ということになろうかと思われます。
ただし、消防団自身が意匠権や商標権を持っていても、営利企業ではないので、持っている意義がないように思われます。
厳密には、意匠権や商標権のデータベースから、そのマークについて、意匠権や商標権が存在するかを調べなけれなならないのですが、仮にこれらの権利が存在していた場合には、そのマークを贈り物に彫刻してプレゼントをする行為は、権利の侵害となります。
ただし、営利、営業、商売として使用するのでなければ権利侵害とはなりませんので、プレゼントとしてであれば問題はありません。
一方、著作権が存在していれば、その彫刻は、著作物(ここでは消防団のマーク)の複製となってしまいますので、著作権のうち複製権(著作権法21条)の侵害となってしまいます。
ただし、消防団の桜のマークについて、その著作権の保護期間が経過していれば、その利用は問題がありません。
保護期間は、原則として、その著作者の死後50年まで、または公表後50年までとなります。
そのマークは古くから存在しているような感じがしますので、その著作権の保護期間が切れている可能性があります。そうであれば、そのマークは著作権フリーとなりますので、使用しても問題はありません。
さらに、不正競争防止法の不正競争行為につきましては、そのマークが周知であって、それを贈り物に彫刻してプレゼントする行為が、出所混同を生じるようであれば、不正競争行為となってしまいます(不正競争防止法2条1項1号、2号)。
ただし、そのマークの使用によって、消防団の営業上の利益が侵害されるというようなことは考えられませんので、その使用によって民事的な争うが生じることはないと考えられます。
したがいまして、質問者様が極々小規模に、非営利目的で、プレゼントという形で使用する限りにおいては問題はないと考えられます。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問