JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 470
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

実施契約について

解決済みの質問:

弊社は建材の卸売と開発を行っています。この度、施工業者様と工法を発明し共同特許を出願します。この工法に使用する建材は他社メーカーが製造します。①共同実施契約において材料の供給権の確保(弊社を通じての建材の販売)を明記致しますが、契約不履行によるメーカーと施工業者様との直接売買を懸念しております。このような直接売買を防ぎたい場合、どのような条文を加えるべきでしょうか。②また、共同特許で第三者との紛争が生じた場合の負担率は、通常は特許の持分に準じるのでしょうか。

投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
①につきましては、特許発明である工法に使用する建材につきましては、他社メーカーは質問者様の会社にのみ販売その他の態様による提供をし、他社へは販売その他の態様による提供を一切しない旨を共同実施契約書に明記すればよろしいかと思います。
このような独占的な供給を受ける権利を質問者様の会社が有する旨を契約書という形で明記しておくことにより、当該契約書が後々の争いが生じた場合の証拠となりますので、もしこの契約に反して、他社メーカーが他の会社へ建材を供給した場合は、債務不履行による損害賠償請求の対象となります(民法415条)。
さらに、建材そのものの供給ではなく、その建材の部品等を他者へ供給し、その部品等を組み合わせて建材を製造するというような行為をも禁止するには、建材のみならず、完成品としての建材を構成する部品の供給をも他社に供給することを禁止する旨の条項を契約書に盛り込むことも考えられます。
②につきましては、通常、共同発明につきましては、例えば、その特許権を第三者に譲渡する場合の譲渡料金や実施許諾をする場合のロイヤルティについては、各人の持ち分比率に応じた報酬を受けることになります。
しかし、訴訟費用につきましは、必ずしも持ち分比率に応じた負担ということにはならないと思われますので、契約書にその場合の負担率を明記しておいた方がよろしいのではないかと思われます。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問