JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 486
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

著作権の問題について教えてください。プロの曲を素人が自分で演奏した動画をユーチューブに投稿しようと思っています。『〇

解決済みの質問:

著作権の問題について教えてください。プロの曲を素人が自分で演奏した動画をユーチューブに投稿しようと思っています。『〇〇を演奏してみた』のような動画はよく見られますが、「プロのオリジナルの曲をそのまま投稿すると著作権法違反になるが、素人が自分で演奏したものであれば、ユーチューブ側がまとめて著作権料を払っているので、法的に問題がない」という話を聞いたことがあります。これに関して質問なのですが、ユーチューブは洋楽も含めてすべての音楽の著作権料を払っているのでしょうか?また素人が勝手にアレンジを変えて投稿すること(たとえばオリジナルがロックのバンド演奏なのに、自分でピアノ弾き語り、あるいはアカペラのコーラス風にアレンジを全く変えるなど。または勝手に1コーラスめと2コーラスめの間に自分で作ったフレーズを入れる、勝手に途中で転調するなどなど)は著作権的に問題はないでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
ユーチューブでは、音楽著作権の管理団体である社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)、株式会社イーライセンス、株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)との間で、楽曲の動画のアップロードを可能とする契約を結んでいます。
これによりますと、JASRACの管理楽曲、イーライセンスの管理楽曲、JRCの管理楽曲のいずれかを、自身で演奏した場合やこれらの管理楽曲のいずれかを、自身で演奏したものに併せて歌っているものを投稿することは可能であるということです。
そのため、ご質問にある「プロの曲を素人が自分で演奏した動画をユーチューブに投稿しようと思っています」につきましては、そのプロの曲がこれらの管理楽曲であれば、それを質問者様ご自身で演奏した動画を投稿することにつきましては問題はありません。
一方、これらの管理団体は編曲を認める権利は有していませんので、アレンジしたものを投稿することは著作権のうち編曲権(著作権法27条)に抵触し、それを投稿しますと公衆送信権(同法23条)と抵触することになります。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問