JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 469
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

知人が所蔵する、作者不明、製作年月日不明の「或る歴史上の女性」の肖像画をモチーフに、アニメ風又は似顔絵風のイラストを作成し、そのイラストを付したキーホルダーや、ポスター等の雑貨など

質問者の質問

知人が所蔵する、作者不明、製作年月日不明の「或る歴史上の女性」の肖像画をモチーフに、アニメ風又は似顔絵風のイラストを作成し、そのイラストを付したキーホルダーや、ポスター等の雑貨などの商品を製作して販売しようと考えています。それは、著作権、所有権など、その所有者が有する権利を侵害するものでしょうか?
その「或る或る歴史上の女性様」は、1600年頃に亡くなった方です。
肖像と言っても、誰かが想像で書いたものだと思います。
誰がいつ頃書いたものか?何も記録がありません。
ちなみに、その肖像画そのものを、写真を取って複製してポスターにしたりして販売しても、その所有者が有する権利を侵害するものでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
本件で問題となりそうなのが、肖像画自体に対する著作権と、肖像画に描かれている歴史上の女性に対する肖像権の二つが考えられます。
まず、肖像画に対する著作権についてですが、その肖像画の著作権の保護期間が有効か又は切れているかによります。
保護期間は、原則として著作者の死後50年又は公表後50年です(著作権法51条~53条)。
仮にその肖像画の著作権の保護期間が存続している場合に、その肖像画をモチーフにしてアニメ風又は似顔絵風のイラストを作成する行為は、著作権のうちの翻案権と抵触する可能性が高くなります(同法27条)。
また、肖像画そのものを写真に撮る行為は複製となり、著作権のうち複製権と抵触することになります(同法21条)。
ちなみに「複製」とは著作権法上は以下のように規定されています。
「2条1項15号 複製   印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製することをいい、・・・」
すなわち、『有形的に再製』されていれば複製ということになります。
一方、保護期間が切れている場合には、そのイラストを作成しても著作権と抵触することはありません。
続きまして、肖像画に描かれている歴史上の女性の肖像権についてですが、これにつきましては死者も肖像権を有するか否かが問題となります。
しかし、肖像権は本人に一身に専属するものですから、肖像権は人の死亡により消滅し死者の肖像権は認められないする見解が一般的です 。
ただし、例外として死者の肖像権を死後10年に限定して保護すべきであるとする学説が存在しています。
いずれにしましても、本件の場合、肖像画の対象となっている歴史上の女性は、1600年頃に亡くなっているとのことですので、イラストを作成してもその女性の肖像権につきましては、問題はないといえます。
質問者: 返答済み 1 年 前.

お世話様です。

著作権に関してはよく理解出来ました。

今回の場合は、著作権は発生しないとして、

その方は、お寺さんで、その絵を日常お寺に飾っておられます。その絵を所有している人の権利を侵害するものはありますか?

※肖像画をモチーフに、アニメ風又は似顔絵風のイラストを作成し、そのイラストを付したキーホルダーや、ポスター等の雑貨などの商品を製作して販売しようと考えています。それは、著作権、所有権など、その所有者が有する権利を侵害するものでしょうか?

専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
絵には所有権と著作権の二つの権利が存在します。
所有権は絵の所有者がその絵を展示したり、収益をあげたり、処分したりできる権利です。
著作権は、先にもご説明したようにその絵を複製したり、翻案したり、ネットに掲載したり、といった権利です。
所有権は絵の所有者が有する権利であり、いわば有体的な権利です。勿論、絵を正規のルートで所有した場合にのみその絵の所有権を有することになります。
著作権はいわば絵の無体的な権利であり、複製したり、翻案したりする権利は、所有権者にはなく、著作権者にのみが有する権利です。
そのため、複製や翻案は著作権の問題であり、所有権とは関係がないことになります。
ただし、例えば、そのお寺さんが所有権者である場合に、その絵が飾られているお寺に無断で入って写真を撮影したり、イラストを描いたりする行為や、撮影禁止とされているのに勝手に撮影することはできません。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

よくわかりました。

ありがとうございました。

専門家:  patent777 返答済み 1 年 前.
ご評価していただきましてありがとうございます。
また、何かございましたらご質問してください。

特許・商標・著作権 についての関連する質問