JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

重版未定の書籍の記載内容を、自分が開催する有料のセミナー・ワークショップなどにて土台として使う方法はどのようになりま

質問者の質問

重版未定の書籍の記載内容を、自分が開催する有料のセミナー・ワークショップなどにて土台として使う方法はどのようになりますでしょうか。書籍は絶版なのか、それとも品切れ重版未定なのかはわかりません。著作権などの交渉のために、著者と出版社にメールにて問い合わせしましたがまだ返事がありません。著者は米国人、出版社は日本の出版社です。
『著作権法により出版権者には「出版の義務」が課せられており、これを守らなければ「出版権の消滅の請求」をされる場合がある。』というのを知ったのですが、
これは私の場合にはどういう意味がありますでしょうか。
記載情報にできるだけ忠実に、ふんだんにその内容を用いて、セミナー・ワークショップを組み立てたいと思っております。また記載内容をブログで引用したり、図形などを資料プリントとして配布したいと思っております。
必要なことを出版者や著者とも交渉できればと思っております。
その際の方法などを知りたいです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.
ご質問にお答えいたします。
書店には並んでいないけれども、いつ重版されるか分からない。
よくある状況ですね。
ただ、このご質問のような内容は、書店に並んでいるかいないかは、それほど問題ではありません。
まず、ご利用になりたい書籍は、質問者様以外の人が書いた本なのですね?
つまり、質問者様ではない別の人が著作権を持っている、ということだと理解しました。
そうしますと、基本的には、著者に利用許諾をもらう必要があります。
そのためには、通常、出版社に連絡をとって、著者の了解をもらえるよう仲介してもらうのが一般的です。
ですから、質問者様のとられた行動は、ごく一般的なことと言えます。
メールで返事がもらえなければ、電話で問い合わせてみるのはいかがでしょうか。
また、ご利用になる態様によっては、著者から許諾をもらわなくても、OKの場合があります。
それは、その書籍の「表現」を使うのではなく、「内容」を使うにとどまる場合です。
著作権法が保護するのは、あくまで「表現」です。
すなわち、言葉遣いや、文章表現です。
そこに書かれている内容を、全く別の文章で表現し直せば、著作権の問題は生じません。
例えば、「『下町ロケット』という本は、下町の町工場が、所持していた特許権を元にして、大企業と渡り合うストーリーだよ」というように、要旨紹介は著作権侵害になりません。
もう一つ使えるのは「引用」です。これは著作権法32条で規定されていますが、原則ルールとして、自分の文章がメイン、相手の文章がサブの関係にあること、そして自分の文章と相手の文章が明確に区別されていて、かつ出典が明示されていることが必要とされています。
しかしこれらの規定は曖昧なので、ケースバイケースの判断になります。
最後に、出版権は、著者と出版社との間で「出版権設定契約」が結ばれている場合に関係ありますので、今回のご質問のケースでは、考えなくてよいと思います。
まとめますと、
記載情報を忠実に使い、また図形などをプリントとして配布される場合は、できれば著者から許諾をもらっておくのが安全です。
表現を使わない、もしくは表現を使うなら引用のルールに則る、という手段も使えますが、著作権法をよく理解していないと、微妙です。
以上、一般論としてお答えいたします。
ご不明な点は、具体的にお示しいただければ、改めてご説明いたします。
これ以上具体的な検討になりますと、追加サービスのご提供が必要になってきます。
その旨、お知らせください。
よろしくお願いいたします。
========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧な返答ありがとうございました。出版社に電話して、著者につないでもらえるように依頼します
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
「こういう形で使いたいのですが……」と具体的に示せるものがあるとよいと思います。
ご健闘を念じ申し上げます。

特許・商標・著作権 についての関連する質問