JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

著作権で悩んでます。あるイラストの受注を受け 対価を受け取りましたが私は使用許諾の対価のつもりでしたが向こうは著作権も人格権も買取のつもりで対価を払ったと後からいわれました。無断改

質問者の質問

著作権で悩んでます。あるイラストの受注を受け 対価を受け取りましたが私は使用許諾の対価のつもりでしたが向こうは著作権も人格権も買取のつもりで対価を払ったと後からいわれました。無断改変無断使用二次利用がされてるので著作権侵害にあたるとおもうのですがその 業界では暗黙のルールだといわれてしまったら(私はその業界の人間では無いですが)反論不可能なのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.
ご質問にお答えいたします。
確かに、この手のトラブルは、ありがちです。
しかし、今回のケースで、質問者様の主張は、間違ってはいません。
まず、著作権には(大まかに言って)2種類あり、著作財産権と著作者人格権に分けられます。
このうち、著作財産権のことだけを「著作権」という場合があります。
そして著作財産権は譲渡できますが、著作者人格権は譲渡できません。
著作者人格権の中には、「同一性保持権」(著作権法20条)という権利が含まれています。
「その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けない」という権利です。
ですので、相手方が「無断改変」することは、著作者人格権の侵害に当たります。
著作財産権・著作者人格権を侵害した場合は、差し止めと損害賠償を請求することができます。
ただ、当初の予定以外の別媒体でもイラストをそのまま使う、等の行為は、著作財産権の問題ですので、仮に著作財産権が譲渡されていれば、それを止めることはできません。
となると、使用許諾なのか譲渡なのかが問題になります。
「譲渡」と言っていない限りは、「使用許諾」と考えるのが普通ではありますが、過去の裁判では、その対価がそれなりの高額ならば、譲渡と考えられる、と判断されたこともあります。
つまり、対価が妥当かどうかで、譲渡なのか使用許諾なのかを判断される余地もある、ということです。
しかし、通常使用許諾の対価である額に加えて、著作権譲渡の金額が含まれていると通常考えられるような高額を受け取られたのでもなければ、「使用許諾」と判断されるのがふつうです。
そして、著作者人格権の話題に戻りますが、著作権の譲渡を受けても一切改変できないのは不便なので、たいていは、「著作者人格権を行使しない」という契約内容にして、譲渡契約を交わします。
それから、「契約」というのは、口頭でも、契約書を交わしたとしても、法的な効果は同じなのです。
契約書は、契約内容を証明する証拠となるにすぎません。
ですから、契約書がないと、言った言わないの水掛け論になりやすいのです。
以上のことを踏まえて、ご質問のケースを考えると、納品時に相手方から「譲渡してもらう」との説明がなく、対価の額が特に高額でないのなら、質問者様のご主張が妥当だと言えます。
次の対処としては、この理屈を説明しても理解してもらえなければ、裁判で争うことが考えられます。
お心当たりの弁護士か、法テラスにご相談なされるとよいと思います。
譲渡か使用許諾かというのは、曖昧な点もあり、最終的には、裁判所の判断によらざるを得ない面もあります。
==============================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.
評価、そしてボーナスも頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問