JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

翻訳の著作権についてお尋ねします。 ある会社のセミナーのテキストを翻訳しました。 その際に、前年度開催された同じ講師のセミナー資料を一部参考にしましたが、 最終的には私が翻訳

質問者の質問

翻訳の著作権についてお尋ねします。
ある会社のセミナーのテキストを翻訳しました。
その際に、前年度開催された同じ講師のセミナー資料を一部参考にしましたが、
最終的には私が翻訳を完成させました。
翌年も同じ講師のセミナーがあり、テキストを翻訳しました。
しかし、いずれの場合も、主催者は、私の事前承諾なしに、その資料を「テキストを作成中です」と、あたかも自分が翻訳したかのようにブログにアップしました。
また、完成されたテキストにも、セミナー講師名の横に、assisted by と
その主催者は自分の名前だけを記載しました。
1)それは二次著作権の侵害には当たらないのでしょうか?
2)再度、同じ講師のセミナーがあり、そのテキスト翻訳に際して、私が翻訳した過去の資料を一部そのまま利用された場合、二次翻訳権の侵害には当たらないのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.
ご質問にお答えいたします。
基本的には、著作物を翻訳した場合は、原著者の著作権と翻訳者の著作権が、両方重なって存在します。
ですので、質問者様に翻訳の著作権がある、と考えるのは自然です。
もしそうでしたら、その翻訳を無断でブログにアップし、しかもテキストに翻訳者の名前を表示しないのは、著作権(および著作者人格権たる「氏名表示権」)の侵害に当たる行為と言えます。
問題は、契約がどうなっているか、ということと、そのテキストが著作物と言えるものかどうか、です。
この場合の「契約」とは、契約書に書かれている内容、もしくは契約書がない場合には口頭での申し合わせ事項も含みます。
翻訳の著作権は主催者に譲渡されることになっていたり、テキストには翻訳者の氏名を表示しない約束になっていた場合には、そちらが優先されます。
また、テキスト自体が、箇条書きで、ポイントを列記したようなものであった場合、著作権は発生せず、それに伴って翻訳物にも著作権が発生しない場合もありえます。
テキストがふつうの文章で、かつ事実を列記しただけではない、創作的な表現が書かれている場合には、通常著作権があります。したがって、その翻訳物にも著作権があります。
仮に、テキストおよび翻訳物に著作権があるとなった場合、最初に書いたように、主催者の行為は質問者様の著作権を侵害したものと考えられます。
翻訳原稿を無断でブログにアップすることは、著作権の内、公衆送信権の侵害になりますし、しかも翻訳者の氏名を記さなければ、氏名表示権の侵害と言えます。
すなわち、(1)のご質問のお答えとしては、著作権の侵害になり得る、といえます。
(著作権法に「二次著作権」という言葉はありません。質問者様は、翻訳した原稿の著作権者です)
(2)のご質問のお答えとしては、質問者様が独自に翻訳された表現を、そのまま流用した場合は、著作権の内、複製権の侵害に当たる行為になり得ます。
細かいことは、ケースバイケースのことがあるので、このサイト上で結論を出すことはできませんが、一般論としては、以上のお答えになります。
ご不明な点がございましたら、具体的にお示しいただければ、改めてご説明いたします。
よろしくお願いいたします。
==============================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早々にご回答有難うございました。
まず、メールのやり取りと口頭だけですので、契約書も取り決めもありません。名前も本当は表示してほしかったのですが、当初はそれほど気にとめないでいたところ、その後ブログなどで、テキストが完成した、監修した、と書かれたため、疑問を持つようになりました。また、テキストは主にパワーポイントですが(ボリュームも100頁近くあります)、かなりぎっしり書かれたものになります。テキストのオリジナル作成者である外国人講師は、各ページに©XXXと自分の名前を記していますので、テキスト自体は著作物と言えると思います。ただ、テキスト自体は、用語の羅列と数行の文章が混在したものになります。内容も文学的なものより、医療系、療法形の用語と説明が多いので、表現とまえ言えるかどうか疑問ですが、その場合はどうでしょうか。また、複製権の侵害に当たらないとしても、著作権の侵害にはなりますでしょうか?
たびたびすみません。よろしくお願いいたします。
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございました。
その「メールのやり取りと口頭」で話した内容が、契約事項です。
そこで何も話がなければ、原則として、翻訳した原稿の著作権は、質問者様にあります。
ただ、主催者と質問者様が、雇用関係等、かなり強い支配関係の場合は、主催者に著作権が発生することもあります。
テキストは、そこまでのボリュームのあるものならば、おそらく著作権が発生するレベルのものでしょう。
(直接見られないので、推測でしか言えませんが)
「各ページに©XXXと自分の名前を記して」いることと、著作権の有無は、関係ありません。
「©XXX」には、法的な意味はありませんので、ただの飾りだと思ってください。
説明の文章がいろいろ入っているようなら、そこに著作権が発生している場合はほとんどだと思います。
最後に、著作権の仕組みですが、
「著作権」と総称されるものの中には、
「著作財産権」と「著作者人格権」とがあります。
このうち、前者の「著作財産権」を、狭義の「著作権」と呼びます。
狭義の「著作権」の中に、「複製権」「上映権」「公衆送信権」「翻案権」等の複数の権利(支分権と呼ばれます)が含まれています。
そのため、著作権のことを、「支分権の束」とも呼ばれます。
上記は、図で書くと分かりやすいのですが、ここでは文章のみで失礼します。
結論としては、最初に書いたとおりなのですが、主催者に、質問者様のご要望を伝えてみられてはいかがでしょうか?
通常は、質問者様に著作権がある限り、氏名を表示すること、勝手にブログに挙げることを止めてもらうことは、質問者様の正当なる権利です。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧に有難うございました。最後にもう2点だけ質問させてよろしいでしょうか。何度も大変申し訳ありません。これで最後とし、評価に移行したいと思います。
ちなみに、強い雇用関係があるとはいえません。
1)テキスト翻訳に際し、私の翻訳を、その人と用語を確認し、完成させた過程がありますが、その人はそれを自分が「監修した」と、ブログに表記しています。それも著作権侵害に当たる可能性がありますか?
2)相手方がブログ削除や名前表示に対応しない場合、どのような法的手段がありますか?恐縮ですがよろしくお願いいたします。
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.
追加のご質問にお答えいたします。
1)
「監修」は、非常に曖昧な言葉です。
実質的に執筆者と同義、というほど細かくチェックして書き直す場合もあれば、原稿はほとんど直さずに名前だけ載せた、という場合もあります。
「監修者」と名乗るのは、相手方と質問者様の間で合意があれば、自由ですが、その「監修者」に著作権があるかは、2人で共同で執筆したといえるほど深い関わりがあるかどうか、によります。
質問者様がほとんどの翻訳を行い、「これでいいですね」「こうしましょうか」と相談して決めた程度ならば、相手方には著作権は発生しない、と考えるのがふつうです。
ただ、相手方が「監修者」と名乗ったからといって、質問者様の著作権を侵害したと言えるかどうかは、そこまでは言えないかもしれません。
質問者様のお名前が「翻訳者」としてはっきり表示されていれば、著作者人格権の一つである氏名表示権の問題はクリアされていると言えますので、著作権法からは問題ないかと思います。
2)
これは、前者は質問者様の「公衆送信権」(著作財産権の一つ)や、「氏名表示権」(著作者人格権の一つ)を侵害している問題ですね。
まず、著作権法112条において、「差止請求」が認められています。
すなわち、裁判所に対して、相手の行為をやめさせるように請求することができます。
それから著作権法114条や民法709条に基づいて、損害賠償を請求することもできます。
また、警察に告訴することによって、相手に刑事罰が科されることもあります。
(よほど悪質か影響が大きな事件でないと警察は動いてくれないので、実質的には難しいかもしれませんが)
これらについては、弁護士の力を借りる必要があります。
近くの法律無料相談か、法テラス等を利用して、相談してみてください。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
誠に有難うございました。ボーナスを付加したのですが、なぜか反映されず。。。申し訳ございません。ともあれ心ご丁寧な回答に心より感謝申し上げます。
専門家:  yo-shi 返答済み 1 年 前.
評価とボーナス、ありがとうございました。
確かに、この画面には反映されていないのですが、「ボーナスが支払われた」という通知が届きましたので、大丈夫だと思います(^_^;)
お心遣い、ありがとうございます。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問