JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 497
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

著作権について 切り絵の下絵を制作し、販売を協会事務局に委託。報酬は売り上げの10パーセント。 著作権はデザイ

解決済みの質問:

著作権について
切り絵の下絵を制作し、販売を協会事務局に委託。報酬は売り上げの10パーセント。
著作権はデザイナーにあるが、下絵として購入した第三者が下絵を使って制作した作品を販売。
協会の規約には販売可能と記されていますが、
これはデザイナーの著作権を侵害している事になっているのでは?
事務局に問い合わせたところ著作権はデザイナーにあるが規約に書いてあるので、下絵購入者が販売しても問題ないと言われました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 2 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
著作権は、原始的には著作物である切り絵の下絵を制作したデザイナーにあります。
一方で、著作権は譲渡や使用許諾が可能な財産権ですので、著作権者であるデザイナーと販売を委託された教会との間において、著作権を譲渡する契約または第三者が著作物である下絵を使用し販売することを許諾する契約を結んでいる場合には、第三者が購入した下絵を使って制作した作品を販売しても問題はないことになります(著作権法61条、63条)。
また、著作権は、正規に販売された著作物につきましてはいわゆる「消尽」したものとして、そのような著作物を購入した第三者がそれを転売することに関しては、行使できないという規定があります(同法26条の2第2項)。
そのため、この消尽の規定によっても、第三者の販売行為は正当になることとなります。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問