JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 469
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

はじめまして、車種名を漢字の当て字で表現し、一部分にアルファベットで小さく車種名を表記したステッカーのようなものの販

質問者の質問

はじめまして、車種名を漢字の当て字で表現し、一部分にアルファベットで小さく車種名を表記したステッカーのようなものの販売を企画しているのですが、法律的に問題はないでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 2 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
本件のように車種名の使用について考慮しなければならない法律としましては、著作権法、商標法、不正競争防止法があります。
まず、著作権法ですが、著作権法で保護される著作権は、「著作物」に発生します。すなわち「著作物」でなければ著作権は生じません。
ここに「著作物」とは、「思想又は感情を創作的に表現したもの・・・」をいいます(著作権法2条1項1号)。
車種名のような短いものは、思想又は感情の創作的表現といえず、「著作物」に該当しないので、著作権は発生していないと考えていいと思います。
よって、車種名を使用(複製、販売)しても著作権法上の問題は生じないでしょう。
次に、商標法で保護される商標権ですが、車種名が商標登録されていれば、その車種名には商標権が生じます(商標法18条1項)。
そして、商標権の侵害とは、「指定商品・役務又はこれらに類似する商品・役務に登録商標もしくはこれに類似する商標を使用等すること」をいいます(商標法2条3項、25条、37条1号等)。
商標が類似するか否かは、外観、称呼、観念の3要素を中心とし、その他取引の実情などを考慮しながら、判断されます。
登録商標である車種名とその漢字の当て字は、称呼(呼び名)は同じでも外観は全く異なり、また、商品である車に対して車種名を漢字で使用するという慣習は自動車業界にはないと思われるので、断定はできませんが、おそらく商標は非類似と判断され、その漢字名の使用は登録商標の使用ではないと判断されると思われます。
ただし、車種名を小さくてもアルファベットで表記した場合、そのアルファベットが登録商標と同一または類似している場合には、登録商標の使用となる可能性があります。
しかし、その場合でも、登録されている指定商品と異なる商品に使用する場合には、商標権の侵害とはなりません。
登録商標である車種名についての指定商品が「自動車」であれば、質問者様が使用を予定している商品である「ステッカー」とは、商品が非類似ですので、商標権の侵害とはなりません。
次に、不正競争防止法ですが、この法律で規定されている不正競争行為のうち、次に掲げる行為に該当する可能性があります。
「他人の商品等表示(人の業務に係る氏名、商号、商標、標章、商品の容器若しくは包装その他の商品又は営業を表示するものをいう。以下同じ。)として需要者の間に広く認識されているものと同一若しくは類似の商品等表示を使用し、又はその商品等表示を使用した商品を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、若しくは電気通信回線を通じて提供して、他人の商品又は営業と混同を生じさせる行為」(不正競争防止法2条1項1号)。
「自己の商品等表示として他人の著名な商品等表示と同一若しくは類似のものを使用し、又はその商品等表示を使用した商品を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、若しくは電気通信回線を通じて提供する行為」(同法2条1項2号)。
上記の1号の規定は、「他人の商品又は営業と混同を生じさせる行為」がある場合に該当するので、商標権者である自動車会社と商品の出所混同が生じうるのは、車種名を「自動車」やそれに近い「バイク」などに使用する場合と想定されるので、ステッカーに使用しても、出所の混同は生じず、1号の不正競争行為には該当しないものと思われます。
一方、2号の不正競争行為については、「混同」の要件はないので、車種名が「著名」であれば、その著名な車種名のアルファベットの使用は、たとえ、小さく表記しても、文言上は2号の不正競争行為に該当する可能性はあります。
ここでいう「著名」とは、一地方で多くの人によく知られている程度では足りず、全国的によく知られているような車種名と同一もしくは類似である場合をいいます。
そのため、「著名」といえるほど全国的に知られていない車種名であれば、2号の不正競争行為には該当しません。
また、車種名が「著名」であっても、アルファベットを併記せずに、単に漢字の当て字のみを使用したステッカーの販売であれば、商品品等表示である車種名とは非類似であると思われるので問題はないと思われます。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございました。 はじめてこのシステムを利用したのですが、いまいちスムーズに進めませんがこれからも宜しくお願いします。 ところで、アルファベットではなくひらがなでしたら大丈夫でしょうか?  商標登録検索でも車種名をひらがなで検索するとヒットしませんので使用可なのでしょうか? 宜しくお願いします。
専門家:  patent777 返答済み 2 年 前.
登録商標や商品等表示と「類似」するか否かの判断は、先にもご説明したとおり、外観、称呼、観念に基づくことを基本とし、その他に取引の実情をも考慮して、判断されることになります。
車種名をアルファベットではなく、ひらがなで使用した場合に、登録商標である車種名がアルファベットであると仮定した場合に、登録商標であるアルファベットの車種名とひらがなの車種名では、外観は異なるものの、称呼や観念(意味内容)は共通する可能性がでてきます。
一方で、車種名をひらがなで指定商品である自動車に使用するということは、ほとんどないと思われるので、ひらがなの車種名をステッカーに表記して販売しても、そのステッカーが自動車会社のものであると需要者・消費者が出所混同を生じないと思われるので、非類似の商標ないし商品等表示と判断される可能性があると思われます。
最終的には、裁判所の判断ということになり、断定は難しいのですが、少なくともアルファベットの車種名を使用するよりもひらがなの車種名を使用する方が、非類似と判断される可能性が高まると思われます。

特許・商標・著作権 についての関連する質問