JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

お尋ねいたします。 私はある私立大学の教員ですが、このたび大学からの研究費を受けて「文化の翻訳」に関する研究を行い、その成果の一部をインターネット上で大学の講義を配信するJMOO

質問者の質問

お尋ねいたします。
私はある私立大学の教員ですが、このたび大学からの研究費を受けて「文化の翻訳」に関する研究を行い、その成果の一部をインターネット上で大学の講義を配信するJMOOCのコンテンツとして公開する予定になりました。ここで使用するのは、マンガ『遙かな街へ』(谷口ジロー作、小学館刊)とそのフランス語訳版«Quartier Lointain»(Casterman刊)からいくつかのコマ、ページを画面上に引用すること、また仏語版の映画化«Quartier lointain»(フランス・ベルギー合作、サム・ガルバルスキ監督)のいくつかのシーンを動画として引用することです。この場合、日本の著作権法にある規定(第34条、35条、43条)により、これらの作品のJMOOC上での使用は可能でしょうか?また、フランス映画の場合はどうなりますか?必要な手続きなどご教授いただければ幸いです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
ご質問にお答えいたします。
講義の中で“引用”することは可能です。
ただし、日本の著作権法34条はあくまでテレビ等の放送番組用の規定であり、JMOOCの講義のようないわゆるオンデマンド講義は該当しません。
35条は「複製することができる」、また「当該授業を同時に受ける者に対して公衆送信」は可能、という規定のため、これもオンデマンド講義には適用されません。
そして43条は、翻案・翻訳をしてよい場合を定めた規定なので、ご質問のケースでは特に考慮しなくても大丈夫だと思います。
もちろん、許諾をもらえれば、何の問題もなく利用できます。
JMOOCのようなしっかりした団体でしたら、マンガの作者・訳者、映画の著作権者(複雑なので誰が権利者なのか調査が必要)に対し、「こういう使い方をしてもいいですか?」と許諾を申請するのも一つの方法だと思います。
※その場合、JMOOCが申請してくれるのか、質問者様が申請する必要があるのか、話し合いだと思います。
ただ、最初に書きましたように、「引用」(32条)でも対処は可能だと考えます。
32条の条文は、「引用して利用することができる」と書いてあるだけで、利用の形態を限定していません。
ですので、リアル講義でスライドを表示させるだけでなく、オンデマンド講義の場合でも可能だといえます。
注意点は、「引用」の要件を守ることです。
32条では、「その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と書かれています。
具体的にどうすればいいかは、諸説があるのですが、裁判所で多く使われてきた判断基準として、
・主従関係
・明瞭区別性
が挙げられます。
主従関係において注意すべきは、講義が主、引用しようとしている素材が従、となることです。すなわち、マンガや映画の全編を紹介するようになっては、マンガや映画が主と取られかねませんので、必要最小限の範囲で利用するようにする、ということです。
明瞭区別性は、あまり心配ないかもしれません。
「ここからここまでが、マンガや映画の引用ですよ」と分かればいいのです。
それから、出所を明示することも大事です。
作者名、タイトル、映画なら制作映画会社・監督等も明示したほうがよいでしょう。
ご講義の中で、これらの作品に触れているのであれば、その作品を映像で紹介することは、必然性もあり、「引用」として認められることが多いケースだといえます。
以上が一般論としてのお答えです。
最後に、補足いたします。
「引用」の規定は、曖昧であり、実際の所ケースバイケースになることが多いです。
過去、著作権の紛争は、「引用」に関することが圧倒的に多い、ともいわれています。
最終結論は裁判所しか下しえないのが、もどかしいところです。
その関係もあるためか、私の卒業した大学では、「知的財産法」はオンデマンド講義が行われていませんでした。
(憲法、民法等はありました)
なぜかというと、講義内容の性質上、様々な著作物を講義中に紹介せざるをえず、それをインターネットで配信することで、著作権侵害となるおそれがないこともない、という判断だったそうです。
やり方次第、という面もありますが、念のため、こういう所もあった、と付け加えておきます。
ご不明な点がございましたら、具体的にお示しいただければ、改めてご説明いたします。
よろしくお願いいたします。
===============================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問