JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 510
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

歌謡曲を自分で歌ってcd販売したいのですが著作権を買うには一曲おいくら支払えば可能ですか? それとも無理ですか?

質問者の質問

歌謡曲を自分で歌ってcd販売したいのですが著作権を買うには一曲おいくら支払えば可能ですか?
それとも無理ですか?
よろしく教えて下さいませ。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 2 年 前.

知的財産権を専門とする者です。

質問者様が御利用されようとしている歌謡曲を管理している著作権等管理事業者が定めている著作権料を支払えば利用することができます。

ほとんどの楽曲は、JASRAC(ジャスラック)という著作権等管理事業者が管理していますので、JASRACに使用料を支払えば利用できるはずです。

JASRACは、音楽著作権を有する著作権者等から音楽著作権の管理の委託を受け、音楽著作物の利用者に対して音楽著作物の利用を許諾し、その利用に伴って利用者が支払うべき使用料を徴収して、著作者等に分配する事業(著作権管理事業)を営んでいる法人であり、著作権等管理事業法(以下「管理事業法」)の適用を受けています。

そして使用料について規定しているのが使用料規程です。

管理事業法上、著作権等管理事業者は、利用形態ごとの使用料の額を記載した使用料規程を定めて、あらかじめ文化庁長官に届け出た上で、公表しなくてはならず、規程の額を超えて使用料を請求することはできません。

また、利用希望者から著作物の利用申し込みがあった場合、著作権等管理事業者は、正当な理由がない限り許諾を拒否できないと規定されています。

利用者の立場から見ると、利用の申し込みをして、所定の使用料を支払えば、原則として希望の楽曲を使用できるということになります。

使用料のもっとも一般的な徴収方法は、11回の曲別使用料に利用楽曲数や利用回数を掛けた金額を徴収する「個別徴収」です。

そのため、JASRACの使用料規程に基づいて料金を支払うことになりますので、JASRACのホームページから使用料規程にアクセスして使用料を確認する必要があります。

よく分からない場合には、JASRACに問い合わせてみると親切に教えてくれるはずです。

専門家:  patent777 返答済み 2 年 前.

当方の最初の回答は、音楽著作物を利用する場合の著作権料についてのものです。

ご質問では、著作物の利用ではなく、著作権の購入についてということですので、著作権の有償による譲渡についてお答えいたしますと、それは可能です。

著作権とは複製権(著作権法21条)、演奏権(同法22条)、譲渡権(同法26条の2)などの複数の権利をまとめたものをいいます。

そのため、これらの各権利を含めたすべてについての譲渡または必要とする権利(支分権)ごとに譲り受ける(購入する)ということもできますので、どのような権利を対象とするかによって対価は変わってきます。

いずれにしても、著作権者との間で、交渉によって、権利を購入することになります。著作権者が譲渡を拒否する場合もあります。

対価の額も著作権者との交渉によって決まります。

実際の交渉は著作権者が管理を音楽出版社に委託している場合が多いので、委託先の音楽出版社との交渉になろうかと思います。

特許・商標・著作権 についての関連する質問