JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 238
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

犬猿の親がおりますが、生後から義務教育終了までのアルバムを返せと5年間訴えてきました。最近、水漏れがあって濡れたので

質問者の質問

犬猿の親がおりますが、生後から義務教育終了までのアルバムを返せと5年間訴えてきました。最近、水漏れがあって濡れたので全部捨てたなどと弁護士を通して通知してきました。民事裁判で水濡れの証拠、あるいは損害賠償請求はできますか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
ご指名ありがとうございます。
ご質問にお答えいたします。

裁判で争う場合は、そのアルバムの所有権の帰属を争うことになると思います。

通常、生後から義務教育終了までのアルバムは、作るのは親でしょうから、それだけですと所有権は親にある、と判断されかねません。

民事裁判は、お互いの出した証拠に基づいて判断されます。
証拠のない事実は、裁判所も、取り上げることは難しいのです。

※その証拠は、物的な証拠でも、状況証拠でもかまわないのですが。

ですから、質問者様としては、そのアルバムを親から譲渡された、等の証拠を用意してから、裁判に臨んだほうがよいと思います。

では、証拠を用意したとして、実際に裁判で争えるに値するものかどうかは、弁護士に確認する必要があるでしょう。

お心当たりの弁護士、もしくは法テラス(http://www.houterasu.or.jp/)、地域の法律相談などを利用して、弁護士に見てもらうことをお勧めいたします。

相手方が弁護士を立てている以上、質問者様側としても、弁護士に入ってもらわないと、対抗は難しいと考えます。
弁護士は、あくまで依頼人の利益になることを追求するので、ご質問のような態度になったのかもしれません。

以上のように、アルバムの返却を訴えるには、質問者様に所有権があることを立証するものを、まずはお探しください。

次に損害賠償ですが、これも、質問者様にどういう損害が発生したか、の立証が問題になります。
例えばそのアルバムをビジネスに使う予定だったが、返却されてこなかったためにそのビジネスが成立しなかった、ですとか、何らかの損害が発生して初めて、損害賠償が成り立ちます。
(それは精神的な損害でもかまいません)

これも弁護士への相談の際、見てもらうようにしていただければと思います。

以上、一般論として、お答えいたしました。
ご不明な点がございましたら、具体的にお示し頂ければ、改めてご説明いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

==============================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご回答有難うございます。

>そのアルバムを親から譲渡された、等の証拠

一般的な円満な親子関係の家庭では親はアルバムは大事な思い出として

大切なはずですし、生後から義務教育終了までの様々な写真を

「親から譲渡された」などという証拠はとてもできません。先生の文面では譲渡されていないものは★親に所有権があるということでしょうか。★

現在、小川秀世は懲戒請求をかけたあと辞任し、自分の親は弁護士はいないと思います。(こちらが裁判を起こせば弁護士をいれるかもですが)

水漏れで部屋が水浸しになりアルバムが濡れたので捨てたという理由が一番納得できず、リフォームした証拠、水漏れした時のリフォーム前の証拠をみせろと訴えてきましたが、全く応じません。

この言い訳なのか事実なのかわからない状況だけでもハッキリさせたいところであります。

親に所有権があるというのならば裁判しても無意味と感じましたが、私の所有権はないのでしょうか。

専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
あくまで一般論ですが、通常はアルバムの所有権は親が持つ、という考えが自然だと思います。
著作権の面からも、撮影者は親でしょうから、写真の著作権は親にあります。
質問者様が所有権を主張できる理由は、何かございませんでしょうか?
所有権が質問者様にあることを示す証拠がない限り、裁判では不利な状況だと思います。
その点、卒業アルバムは、子供に所有権があると主張しやすいものだとは思います。
残念ながら、裁判では証拠が全てと言えますので、質問者様が所有権を主張される理由、並びにその証拠を集めることが優先かと考えます。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
法律的な解決は難しそうです。金銭で解決するか、何かしらの感情的な方法、もしくは相手方が「渡したほうが得だ」と思えるような交渉方法を探る必要があるかもしれません。
お礼が遅くなりまして、失礼いたしました。
質問者: 返答済み 2 年 前.

今後も何かありましたら宜しくお願いいたします。

このたびは写真の権利というものが良くわかりました。

この5年で「卒業アルバムのみ」返送してきたのは

弁護士の入れ知恵かもしれないと推測できました。

親等が撮影したものではない「権利を主張できる写真」を返却

させてみようと考えております。

無理なら無理でも、先生のご回答で少し気分が晴れました。

ありがとうございました。

専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
大変だと思いますが、何とかうまく解決になりますよう、応援しております。
質問者様が撮影をなさった写真があれば、少なくともそれを返却要請するのは、妥当だと思います。
質問者様に著作権が帰属するものですので。

特許・商標・著作権 についての関連する質問