JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

音楽教室の運営をしている者です ある楽器の演奏会の様子をYouTubeにアップし、ホームページで公開する事は違法な

質問者の質問

音楽教室の運営をしている者です
ある楽器の演奏会の様子をYouTubeにアップし、ホームページで公開する事は違法なのでしょうか?
演奏会の様子はDVDになっていて、講師からDVDを預かり、演奏者の名前だけは出ないように画像加工しました
演奏者も数名いるので、個人情報の問題もあるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
ご質問にお答えいたします。
結論から申しますと、ホームページへのアップロードは、演奏者と作曲者の許諾が必要です。
また、そのDVDが、質問者様ではない第三者が作成した場合、その作成者の許諾も必要になります。
演奏者については、個人情報というより、肖像権が問題になるので、その演奏者の顔が分かるような形で公開する場合には、さらに演奏者からも許諾が必要になってきます。
ただし、演奏した楽曲が作曲者の死後50年経っている等、著作権の保護期間が過ぎているものならば、作曲者の許諾は不要になります。
もう少し詳しく言いますと、
楽曲には著作権があります。
著作権というのは、複数の権利の束なのですが、その中に「公衆送信権」という権利があり、ホームページに公開するのは著作権を持っている人の権利なのです。
他者が行うには、権利者から許諾を得なければなりません。
また、演奏者にも似た権利があります。
(著作隣接権)
DVDの作成者には、映画の著作物の著作権者としての権利が発生します。
これらのことから、無断で行うことはできません。
作曲者から許諾を得るには、通常の場合、その曲の著作権管理はJASRAC等の「著作権等管理事業者」に任されていますので、その事業者に申請して、行うことになります。
以上、一般論としてお答えいたしました。
ご不明な点がございましたら、具体的にご指摘頂ければ、改めてご説明いたします。
よろしくお願いいたします。
===========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力しいただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問