JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

そうです!その通りですので、よろしくお願い申し上げます!!

質問者の質問

そうです!その通りですので、よろしくお願い申し上げます!!
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございました。
では、以下の2点について、お答えいたします。
1,これまで、出版社との契約は10年が基本だったが、今後はもっと短い期間にしたい。新曲2曲から、10年未満の期間で契約したい。それは可能か?
これは可能です。
業界では10年契約が一般的かもしれませんが、それは法律で定められているわけではなく、お互いの合意によっていくらでも変更できます。
音楽にかかわらず、書籍の出版契約は10年がふつうですが、著作権法には期間の定めはなく、仮に「出版権を設定しても期間の定めがなかった場合は3年と解釈する」という規定があるだけです。
ですので、これから結ばれる契約は、例えば「5年更新にしてほしい」等の希望を伝えることは自由です。
ただし、契約期間が短くなれば、逆に、質問者様が続けたくても、相手側から打ち切られる可能性もあります。
そのメリット・デメリットを考慮の上、ご希望に合わせて交渉されるのがよいのではないかと思います。
2,著作権使用料の分配率が、自分の知らないところで勝手に変えられていて、減収になった。元に戻すことは可能か?
これは、一般的には相手方の契約違反(債務不履行)です。
最初の分配率を決めた際の契約書は、残っていませんか?
(ご質問を読む限り、お手元にはなさそうに思いますが)
ただし、契約書がなかったとしても、契約自体は、口頭でも有効なのです。
「契約書がないと契約は有効にならない」というのは誤りです。
最初に「分配率は12/6にする」という話はありましたね?
それに質問者様が同意されたら、その時点で契約は成立しています。
別に「質問者様に了解なく、分配率を変更できる」という契約がないかぎり、契約期間中に勝手に変えることはできません。
ですので、その編集長の方に、「分配率を元に戻してほしい。本来の分配率ならもらえるべき金額も支払ってほしい」と主張することには、正当な理由があります。
デメリットとしては、相手とケンカする形になり、今後の契約が結ばれなくなるおそれがありますが、質問者様ご自身がそのようになりたくないのであれば、できるだけ優しく、穏便に交渉を進められることをお勧めいたします。
決裂したとしても、質問者様には正当な理由があるので、弁護士に入ってもらって、損害賠償を請求することは可能だと思われます。
以上、お答えいたします。
ご不明な点がございましたら、具体的にお示しいただければ、改めてご説明いたします。
よろしくお願いいたします。
========================
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

大変よくわかりました。ありがとうございます(礼)。分配率の件は、お教えいただいたように、優しくがんばります!編集長、申し訳ないと何度もおっしゃっていたので、今回こそ、がんばります!!

契約年数の件ですが、、、以前、出版社と契約していない曲が教科書に掲載され、著作権料がまったくちがったので、今回もあまり失礼な対応なので契約しなくても良いのか知りたいです(合唱曲集は3月出版)。

専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
評価、並びにボーナスも頂きまして、ありがとうございました。
別の出版社と契約する、という手もあります。
曲の著作権は質問者様にありますので、出版したい、という会社を探してみるのはいかがでしょうか。
今の出版社が、質問者様の作品を使いたい、ということでしたら、条件を見直し、後でトラブルにならないように証拠として契約書をしっかりと作成して、続けられたらよいと思います。
またお困りのことがありましたら、ご質問くださいませ。
質問者: 返答済み 2 年 前.

困っていたので、大変お勉強になり、ありがとうございます(礼)。評価とかボーナスとか、規定のお値段があり(1回目より2回目が少なく)すみません。最後に今一度評価しますのでよろしくお願い申し上げます。

私の質問が悪く、、、すみません。すでに、出版されている新曲2曲(本当は出版前に契約するのが普通ですのに、、、契約していません/他の出版社は2社リクエストあります)ですが、3月中旬に出版されている出版社と契約しなくても良いか、どうかが知りたいです。よろしくお願い申し上げます(深々礼)。

質問者: 返答済み 2 年 前.

すみません、、、もう少し伺いたい質問をしたくて、この評価を選びましたが、、、決してマイナス評価ではありませんので、よろしくお願い申し上げます(深々礼)。yo-shiさん先生、お願い申し上げます!

専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
追加のご質問、承りました。
確認ですが、すでに出版されている、ということですね?
その出版をやめさせる、ということでしょうか?
大前提として、前にも書きましたように、「契約」は、契約書を交わさなくても、口頭でも成立いたします。ですので、相手方出版社は、口頭なり書面なり、何らかの形で質問者様の了解をもらったうえで、出版しているはずです。
その時点で契約は成立していますので、その出版を中止させ、市場から撤去させる、等の手段を行うには、相手方出版社に生じる損害を賠償する責任が発生すると思います。
その出版社との契約によっては、今から他の出版社とも契約を結び、新しい出版社から同一作品を出版することも可能ではありますが、その場合でも元の出版社との契約関係は、自動的になくなることはありません。話し合いが必要です。
繰り返しますが、口約束であっても、契約は契約なので、そこは注意していただきたいと思います。
もちろん、相手方出版社が、契約解除に応じてくれれば、問題ないと思います。
相手方出版社の対応も悪かったわけですから、「この契約はなかったことにしてほしい」と言えば、そのようになるかもしれません。
そのうえで、他の出版社と契約し直す、というのも一つの手です。
ご検討くださいませ。
※それから、JustAnswerのシステム上、マイナス評価になりますと専門家に報酬が支払われず、今後の回答に支障が生じてしまいますので、内容をご理解いただけましたら、プラス評価にしていただきたく、よろしくお願いいたします。
「もう少し詳しく聞きたい」ということでしたら、評価を入力せずに、返信していただけましたら、補足説明を致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます!出版を取り消すのではなく、出版物はそのままで(穏便に!)出版社のミスで出版後に契約となった訳です。出版社と著作権契約を結ばず、ジャスラックから著作権収入を受け取るということができるかどうかです。何だか、ややっこしくてすみません。出版社と契約すると、その後の楽曲使用料もほとんど出版社です。例えば、3245円の著作権使用料の内訳は、出版社2921円、分配率12/4になっているので、私の受け取りは975円でした。

出版物は10年単位のもので(今までも打ち切りはありません)、ベストアルバム(100曲)の形です、その中に私の曲があります。出版社は、何も困ることなく、今もこれからも出版していくと思います。ただ、信頼がなくなり、自分で著作権を持っていたくなりました。そうすれば、他の出版社さんへお願い出来ますし、デビュー曲は他の出版社さんが、今問題にしている出版社さんから版権を買って(他社2社)出版してくださいました。出版は何の問題もないけれど、出版社と契約せず、自分で権利を持っていられるのか、、、が知りたいです。よろしくお願い申し上げます!!!

専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございました。
相手方出版社との契約がどうなっているかにもよるのですが、音楽著作物の場合は、
作曲者が創作→著作権を音楽出版社に譲渡→JASRAC等の管理事業者に管理を信託→利用があった場合に金銭を作曲者と音楽出版社に分配
という流れが一般的です。
そうしますと、出版した時点では、著作権は音楽出版社に譲渡されているケースが多いのです。
ご質問のケースでも同様だとしますと、まず契約を取り消して、著作権を戻してもらわなければなりません。
質問者様と相手方出版社とは、どういう話になっていますでしょうか?
また、著作権が出版社に譲渡されていれば、その後の出版も続けられますが、譲渡されてない場合は、どういう契約になっているかを確認する必要があります。
「出版権の設定」なのか、「出版許諾」なのか、それによっても対応が変わってきます。
相手方出版社も、質問者様と何らかの契約をしていない限り、出版することはできませんので、今出版されているということは、何らかの契約があるはずです。
そこを確認して、教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

私宛の字間違い契約書をみています!肝心な所、全部空白です(泣)。12/6だけは入っています。ご相談してよかったです。

専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
分配率が入っていれば、それを下回る分配金だった場合は、本来の額を支払ってほしい、と主張できますね。
まずそこから交渉してみてください。

特許・商標・著作権 についての関連する質問