JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 980
経験:  行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
62663831
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

市場流通のある書籍の表紙デザインに、歴史的に有名な西洋画家(死没後百年以上の画家です)の絵画を使用したいのですが、そ

解決済みの質問:

市場流通のある書籍の表紙デザインに、歴史的に有名な西洋画家(死没後百年以上の画家です)の絵画を使用したいのですが、その場合の著作権等の問題について。 また、当該絵画作品が美術館所蔵か個人所蔵かによる諸権利の違いがあるのかについて。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
作品そのものの著作権については、死後50年経過した時点でなくなります。
従って著作権はありませんので、あとは作品の画像をどのように入手するかと、
入手にあたっての契約の問題になります。
例えば、当該作品の画像を撮影する際に、撮影料や出版物に利用する際には
いくら支払うように、という条件を付けられる可能性はあります。
この場合は、その内容に同意して撮影をさせてもらったり、データ提供を
受けたりするわけですから、その時点で契約上の義務が発生することになり
ます。
美術館であるか、個人所有であるかによる法令上の違いはありません。
houmuをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問