JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

著作権について質問します。 現代アート作品の企画を作っていますが、その作品の中で塔和子さんの詩を使いたいと考え

質問者の質問

著作権について質問します。
現代アート作品の企画を作っていますが、その作品の中で塔和子さんの詩を使いたいと考えています。塔さんはすでに亡くなられていますが、この場合誰かに許可を得る必要がありますか?もしあるとしたら誰に許可を得ればよいのでしょう?
ちなみに、私の作品には塔和子さんの詩を使っていると明記します。また、アートイベント企画者が作品鑑賞に入場料を課す可能性があります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
Customer:

こんにちは。ご質問にお答えいたします。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。 ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。

Customer:

塔和子さんは、一昨年にお亡くなりになっています。著作権の保護期間の原則は、死後50年ですので、著作権が存続していると考えられます。

Customer:

そうしますと、その著作権を継承している方、通常は遺族の方に、許諾を取る必要があります。

Customer:

しかし、誰が著作権者なのかは、外から見ても分かりません。第三者に譲渡していることもあるからです。

Customer:

そこで、一般的には、その詩が掲載されている詩集等の出版社に、どのように許諾をもらえばよいかと尋ねるのがよいと考えられます。

Customer:

また、許諾をもらわずに詩を掲載できる方法として、「引用」があります。(著作権法32条)

Customer:

しかし、それは自分の文章の中に、「塔和子さんの詩に、『****』というものがある」という形で、自分の文章が主、塔和子さんの詩が従、というスタイルになっている必要があります。

Customer:

アート作品の企画展ですと、相当工夫しないと、引用での対応は難しいかと思います。

Customer:

ただし、不可能ではありません。書き方次第です。具体的には、このチャットだけでは難しいのですが、一般論としては以上のお答えとなります。

Customer:

企画展がどのような形になるかによって、やり方も変わる面がありますので、ご不明な点等、具体的にお示しいただけましたら、改めてご説明いたします。

Customer:

ご確認よろしくお願いいたします。

JACUSTOMER-msn1giml- :

具体的にはインスタレーションを考えています。部屋全体を作品とする作品です。私が糸で編んだ蜘蛛の巣(部屋の壁を覆うくらいの大きさ)に、塔さんの詩の一部をビニールシートに転写してひっかけます。

JACUSTOMER-msn1giml- :

現在、ある詩人とコラボレーションして同様の作品を展示中です。塔さんの詩をつかった企画を考えているのは、2016年に行われる瀬戸内芸術祭で、場所はハンセン病の療養所のある大島です。塔さんはここに入所されていた方です。

Customer:

ご返信ありがとうございました。こういう形ですと、「引用」では難しいと思います。

Customer:

ただ、会場が塔さんゆかりの場所ですし、遺族(もしくは他の著作権者)の理解が得られれば、案外無償で使わせてくれるかもしれません。

Customer:

著作権者と連絡をとって、使い方を詳しく説明したら、喜ばれるかもしれませんので、質問者様の考えていらっしゃる方法を、伝えてみてはいかがでしょうか。

Customer:

評価を頂きまして、ありがとうございました。質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問