JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

こんにちは。わたしは自身のブログで詩を書き発表しているのですが、今度、今までブログに載せたものいくつかをまとめてひとつの冊子にし、販売するつもりです(自費製作・自費出版、販売委託先

質問者の質問

こんにちは。わたしは自身のブログで詩を書き発表しているのですが、今度、今までブログに載せたものいくつかをまとめてひとつの冊子にし、販売するつもりです(自費製作・自費出版、販売委託先は書店・古本屋等)。その際、以前ブログに載せた詩であることを、その冊子に記載する必要はあるのでしょうか。また、記載しないことで、何か問題になることはありますか?
出版社などに頼むのではなく、すべて自分で製作し、著作権は自分の側にしかありません。
また同時に、自身のブログに載せた自分の詩を使い、展覧会で展示を行います。長い詩のため、一部を抜粋した形式で展示するのですが(印刷したものを貼り出す)、その際にもブログに載せた旨、記載する必要は著作権上あるのでしょうか?
教えていただけると助かります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
Customer:

ご指名ありがとうございます。ご質問にお答えいたします。書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。 ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。

Customer:

結論を申しますと、記載しなくても全く問題ありません。

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

よろしくお願いいたします。

Customer:

他者の作品を掲載しようとすれば、その著作権が問題になりますが、今回は質問者様の作品ですので、どのように記載するかは質問者様の自由です。

Customer:

ブログに載せたものであることを書くのは、そのブログの宣伝や、新作でないことを読者に知らせたい等の意図がある場合ではないでしょうか。

Customer:

ご自分の作品であるかぎり、全く自由と考えていただいて問題ありません。

Customer:

以上、お答えいたします。ご不明な点がございましたら、具体的にお示しいただけましたら、改めてご説明いたします。よろしくお願いいたします。

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

ありがとうございます。それはブログだけでなくとも、同じでしょうか?例えば以前自分が出した小冊子に掲載していた文章を、また自分の小冊子にあらたに記載する際にも、それがすべて自分の書いた詩である限りは、その旨記載する必要はないのですよね?

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

また、展示についても同じでしょうか?

Customer:

はい、ありません。ご自分の作品を他に転載するときに、元の出所を記載しなければならないという規定は、著作権法にもありません。ご安心くださいませ。

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

それはお答えを聞けて良かったです。またひとつ気になるのは、展示の際にフライヤーをつくったのですが、そこにも10行ほどの詩を載せています。その文章が、ある人から「性的」な印象を与えすぎると指摘され、それが写真展と合同に行われる者であるため、そのフライヤーを手にした者が、「性的」な写真が展示されると思いかねない、と言われました。デザイン上、それが「詩」の抜粋であることは明記していないのですが、詩の体裁をとった文章になっているので、それが展示自体の情報・またはメッセージではないことがわかるはずなのですが… その場合、公的秩序を乱したことで訴えられるなど、何か気をつけた方が良いのでしょうか?

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

指摘者は、それが「詩の抜粋である」、とどこかに明記すれば良かったのでは、と言っています。こうしたことで問題になることが起こりうるのでしょうか?

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

長々と申し訳ないです…どうしても気になってしまい、よろしくお願いします。

Customer:

それは、法的には、基本的には問題ありません。その表現が特別「わいせつ」と考えられるものであれば別ですが、ご質問の様子からは、そのようなものではないのではないかと考えられます。それならば、読み手が「性的な写真」が展示されると思うかどうかは、表現力の問題です。あえてそのように読ませて興味を引き起こし、来場者を集めるという戦略もあるでしょうし、そのように読まれて困るのなら文章を変える必要があるでしょう。しかしそれは法的な問題ではなく、表現の手法を工夫すべき問題です。確かに「詩の抜粋である」と表記すればよかったかもしれませんが、「よかったかもしれない」というれべるであって、「そうしなければいけなかった」というものではありません。

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

お答え、ありがとうございます。本当に助かります。

Customer:

繰り返しますが、ご質問のケースは、法的にはなんの問題もないことです。フライヤーの表現は、可能なら、工夫してみてください。

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

自分では大きな問題だとは思っていなかったのですが、そこに「全部、全部見せてあげよう」〜「適切な性交をしているところも」という言葉があったので、そこだけを取り上げればそのように思われる可能性もあったのかもしれません。

Customer:

それくらいなら、表現の自由の範疇だと思いますね。

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

ありがとうございます。わたしも常日頃そう思っているのですが、何かと身を守らなくてはならない現実もあるようで… それでもこのように返答していただけたおかけで、ひとつの指針になったような気がします。

Customer:

大丈夫です。ではこれで回答と致します。評価の入力をよろしくお願いいたします。

JACUSTOMER-8ow5e1rk- :

はい、助かりました。どうもありがとうございました!

yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問