JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

今度、父が愛唱歌の本を出したいと言い出しました。自分の思い出の唄(校歌、唱歌、歌謡曲など)を載せると言うことですが、

質問者の質問

今度、父が愛唱歌の本を出したいと言い出しました。自分の思い出の唄(校歌、唱歌、歌謡曲など)を載せると言うことですが、著作権は関係してくるのでしょうか?本は営利目的ではなく、記念出版として配布のみになります。宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
ご質問にお答えいたします。
本に楽曲を掲載して配付するということは、原則として作詞家・作曲家の著作権を侵害することになります。
著作権は、複数の権利の集合体なのですが、ご質問のケースでは、著作権の内、複製権(著作権法21条)、譲渡権(26条の2)が問題になります。
本ですから、文字による表現ですので、歌手が誰かは、基本的に問題になりません。
楽曲のメロディーも、楽譜等を掲載しない限りは、問題にはなりません。
歌詞を載せるだけならば、問題になるのは、作詞家の権利だけです。
では、ご質問のようなことは、できないのかというと、そうでもありません。
次のいくつかのチェックポイントをクリアしていただければ、大丈夫です。
1,その楽曲が、著作権の保護期間を過ぎていること
保護期間は、原則として、著作者の死後50年間、存続します。
法人名義や、実名が不明のペンネームによる場合は、変わることもあります。
この期間を経過すれば、掲載しても大丈夫です。
2,配付する範囲が、家族内にとどまること
法30条において、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する」場合は、複製してもよいことになっています。
ですので、家族や、ごく親しい数名の友人に配付する程度ならば、大丈夫です。
3,引用
ご自分の文章があり、その中で、素材として歌詞を紹介する程度の使い方なら、法32条の「引用」規定が適用され、著作権侵害とならない場合があります。
(この規定は微妙なところが多いので、概略のみにしておきます)
以上のポイントをクリアできれば、無断で使っても大丈夫ですが、もしクリアできないようなら、著作権者に許諾をもらう必要があります。
その場合、例えばJASRACのような、著作権等管理事業者のウェブサイトにあるデータベースで、当該楽曲を検索してみてください。
そうすると、その事業者が著作権を管理している場合があります。
それなら、その事業者に、利用を申し込み、所定の利用料を支払うことで、掲載が可能になります。
以上が、一般論としてのお答えです。
ご不明な点は、具体的にお示しいただけましたら、改めてご説明いたします。
よろしくお願いいたします。
==========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問