JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

はじめまして。****と申します。さて私は競馬の情報コンテンツを販売しております。

質問者の質問

はじめまして。 ****と申します。 さて私は競馬の情報コンテンツを販売しております。 その一つに優良競馬サイトを顧客にご案内するというコンテンツがありまして、 このコンテンツをメールマガジンと、ブログ等で有料で販売しています。 このコンテンツは私が予想する軸馬コンテンツと有料サイトの紹介という形での販売と 優良サイトの紹介のみという形で2つの販売形式をとっております。 もちろん、この優良サイトが配信する機密情報(これから開催される競馬の買い目情報等)は一切横流しするなどの行為は行っておりません。 あくまでサイトをご紹介する。という行為のみです。 この中で一人の顧客が紹介先の同意を得ずに販売するのは 「知的財産所有権並びに隣接権益侵害は重罪で厳罰(高額制裁金他)に至る可能性 も有ります。」 また 「県警⇒県警で連絡すれば即時逮捕されると思います、し、貴殿が真剣に考え真摯に努めて回答頂かないと事態は深刻化します。」 また 「律的な事を軽視して自己を利する事を平然と行っていては行きつくところへ行くのではないでしょうか。そんな事したく無いですが、小生の手を自然に離れたら、最悪の展開へ転ぶそんな気がします。」 このようにメールを送られてきて、大変困っておりますし不安ですし怖いです。 私は販売時点で優良サイトの同意を得なければ有料紹介もできないとは思ってもいませんでしたし今でもそう思います。 このようなメールを購入者の方からいただいたのです。 この購入者さんには返金依頼もありましたので速やかに返金もいたしました。 このような状況です。 また購入者さんは私のこの件についての回答を早急に求められています。 よきアドバイスと対処法を早急にご相談したいと思います。 なにとぞよろしくお願いいたします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
ご質問にお答えいたします。
結論から申しますと、質問者様のお考えのとおりで間違いありません。
他にも、他者のホームページへのリンクを張る行為が著作権侵害かどうか問題になったことがありましたが、侵害にはならないという結論が出ています。
注意すべき点としましては、以前、ヨミウリ・オンラインというニュースサイトの見出しをまとめて有料で紹介していたサイトが問題になったことがあります。
このケースでは、見出しが著作物にあたるかどうか、すなわち見出しを流用することが著作権侵害にあたるかどうかが争われたのですが、質問者様のケースでも、一部類似のポイントがあるかと思います。
紹介することだけならば、著作権法をはじめとする知的財産権を保護する法律においても、禁止されてはいないのですが、紹介しているサイトの「表現」を使っていると、著作権侵害に問われるおそれはあります。
「表現」とは、文章や画像などです。
まったくご自分の文章であり、リンクを張っているだけならば、問題はありません。
以上、簡単ですが、まずは結論のみお答えいたします。
詳しい説明をお聞きになりたいところがありましたら、具体的にお示しいただければ、改めてご説明いたします。
よろしくお願いいたします。
============
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 2 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。

いちばん大事なのは、焦って相手の言葉をうのみにしない、ということです。
そもそも、著作権を行使するかどうかは、権利者の自由です。
権利者が問題ないと思っているのに、警察が動くことは、ありえません。
イコール、逮捕もありえません。

今回申し立てをしてきた相手は、権利者でもないわけですから、質問者様を告訴する権利もなければ、もちろん逮捕させる権利もありません。

もし、これ以上の警告等が、「権利者」から届いた場合は、その時点で弁護士に相談するなどの対処をすればよい話です。
権利者からでもない相手からのクレームは、基本的には言いがかりに近いものです。

相手が何を狙っているのか分かりませんが、このクレームだけで終わっているのなら、気にされなくてよいと思います。

またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問