JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 238
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

商標権について

質問者の質問

商標権について
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
はじめまして。
ご質問にお答えいたします。
ご質問のケースでは、「商標」ではなく、「商号」が問題になります。
質問者様の店舗で営業を開始したとき、そのお店の名前を、商号として登記していないでしょうか?
(商号の登記は、会社組織でなければ必須ではないので、なされていないかもしれません)
登記の有無にかかわらず、他人がその商号を使用して営業することを、許諾することができます。
これを「名板貸し(ないたがし)」といいます。
いわばフランチャイズのようなもので、質問者様が相手方に許諾したのは、これに当たります。
(商号権は、商法で保護されています)
ただし、名板貸しが成立するには、許諾が必要ですので、無断で行った場合は商号権の侵害となります。
質問者様が許諾しない限り、名板貸しは成立しませんので、売却先の人が無断でその商号を使った場合、商号権の侵害として、訴えることができます。
しかし、場合によっては、その売却先の人が、当該商号を使用して行った取引の責任を、質問者様が追わされることがありますので、まずは当該商号の使用をやめるよう、相手方にはっきりと伝えるべきでしょう。
そして、登記ですが、これは早く行っておいたほうがいいです。
相手方に先に登記されてしまうと、質問者様が使えなくなるおそれも出てきます。
質問者様が登記を取れば、商法に加えて不正競争防止法による保護も受けられます。
登記については、質問者様の現状においてどのようにすればよいか、お近くの司法書士に相談してください。
(司法書士は、登記の専門家です)
ちなみに「商標」は、商品やサービスにつけるマーク(図や文字等)です。
以上、お答えいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。重ねてお伺いいたします。

私も先方も法人形態ですので商号として屋号を登記しております。もちろん、私が先にしています。

現状で先方と協議し、決裂した場合現時点で、屋号使用を差し止める権限は私にあるのでしょうか。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございました。

質問者様が登記をお持ちになっている商号でしたら、それを他人が無断で使うことはできません。

他人が不正の目的で商号を無断で使う場合には、差止め及び損害賠償を請求することができます。
さらに登記済みですので、他者が同一商号を用いている場合は、抹消を請求することもできます。

ですので、相手方に使用を差し止めることは、可能です。
具体的な方法、手順は、弁護士にご相談いただくか、法テラス(http://www.houterasu.or.jp/)をご利用いただくことをお勧めいたします。

それから、このご返信を読みまして、もしかしたら登記されている商号と屋号は、別のものなのかもしれないと思いましたが、いかがでしょうか?
(例えば、株式会社ファーストリテイリングと、そのブランドであるユニクロのような場合)

その場合は、最初におっしゃっていたように、サービス名である「ユニクロ」を“商標”登録できます。
登録すれば、商標法による保護を受けることもできます。

ただし、商標登録していなかったとしても、ご質問のケースでは、あらかじめ使用されていた質問者様は、不正競争防止法によっても保護されると考えられます。

いずれにしろ、相手方には、無断での使用を差し止める権利があると言えます。

参考) 不正競争防止法2条1項1号
他人の商品等表示(人の業務に係る氏名、商号、商標、標章、商品の容器若しくは包装その他の商品又は営業を表示するものをいう。以下同じ。)として需要者 の間に広く認識されているものと同一若しくは類似の商品等表示を使用し、又はその商品等表示を使用した商品を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのため に展示し、輸出し、輸入し、若しくは電気通信回線を通じて提供して、他人の商品又は営業と混同を生じさせる行為

……上記の行為は、「不正競争」に該当するため、差止め及び損害賠償を請求することができます(3条・4条)。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問