JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 496
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

法律事務所から債権回収の警告書が届きました。 アダルト動画をアップロードしたことによる、警告です。 殆どの記事は

解決済みの質問:

法律事務所から債権回収の警告書が届きました。
アダルト動画をアップロードしたことによる、警告です。
殆どの記事は他ブログの記事紹介ですが、私のブログに直接FC2等のアダルト動画
を貼付けたものが数件ございます。ブログ開設期間は2年〜3年ほど。
あとはDMMやそれに似たコンテンツサイトのアフィリエイト広告を貼っていました。
私のブログの閲覧カウンターは約3000件。その殆どがカウンターをあげるため、
自分で閲覧したものです。しかし請求は20000件のアクセス件数および600万円の請求です。どう対応すれば良いのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 3 年 前.
知的財産権を専門とする者です。
動画をインターネット上にアップロードする行為は、著作権法の複製権(著作権法21条)、公衆送信権(送信可能化権を含む)を侵害する行為となります(著作権法23条)。
ただし、損害賠償額については、相手方が勝手に決めることはできません。裁判所で諸事情を考慮して判断されるものです。
相手方が賠償額を「吹っかけて」くる、ことはよくあることです。これをまともに受け止めると質問者様が大損をしてしまいます。
ここは冷静に対処しましょう。
侵害額については、権利者が実際に質問者様の行為によって損害が生じた場合であって、その損害額の実額を主張立証し、裁判所で認定された場合には、その額が損害額となります。
しかし、著作権侵害などの「無体物」を保護の対象とする知的財産権侵害においては、実際に生じた損害額を認定するのは相当に困難であることに鑑み、法律において損害額の推定規定を設けて、その推定規定に基づいて、権利者は損害額を主張立証することになるのが一般的です(著作権法114条)。
そのため、いくら相手方が当該警告書に記載してある金額が自己に生じた損害額であると主張しても、その通りに損害額が認定されるとは限らないといいますか、むしろその記載額通りの額が損害額として認められのは難しいのです。
著作権法に規定されている損害額の算定方法としましては、
① 公衆によって受信された本件動画の数量に、受信複製物の単位数量当たりの利益額を乗じた額を基本とし、その額から著作権者が販売することができない事情があるときは、その事情に相当する数量に応じた額を控除した額を損害額とする方法(同法114条1項)。
なお、「著作権者が販売することができない事情」とは、他の競合製品が存在するとか、権利者が大量に生産する設備、資金等がない等といった事情です。
② 侵害者が侵害行為によって利益を受けている場合は、その利益額を損害額と推定する方法(同法114条2項)。
③ ライセンス料相当額による方法(同法114条3項)
といった算定方法が規定されています。
権利者は、これらをの算定方法を複数組み合わせて損害賠償請求をしてくる場合もあります。
相手方が損害額を①の方法により算出したとすれば、20000件のアクセス件数で600万円の請求ですので、600万円÷20000件=300円/件となり、1アクセス当たり300円を単位数量当たりの利益額として、これを根拠にして算出していることになります。
しかし、質問者様のブログの閲覧カウンターは3000件ですので、仮に単位数量当たりの利益額を300円として損害額を計算しますと、3000件×300円=90万円となります。
そして、これから権利者が販売することができない諸事情などが考慮される場合には、更にその分が減額要素となります。
また、質問者様は動画を投稿したことにより何らかの利益を得ているわけでもないと思われますので、②による方法は利用できないと思われます。
また、①による算出が困難であるとか、根拠が明らかでないと判断された場合には、③のライセンス料相当額を損害額とするに留まることもあります。
そしますとその動画の小売価格、配信価格などの一定の販売価格の5%程度の額に、動画が視聴された回数、なしは回数が不明な場合は、アップロードしていた期間から視聴回数を想定した回数などを乗じて得た額を損害額とするといった程度ではないでしょか。あくまで想定ですが。
さらに、質問者様に故意や重大な過失がないといった事情が考慮されれば、減額される要素として働きます(同法114条4項)。
いずれにしましても、警告状に多額の金額が請求されてあっても、その要求額通りに認定されるケースは希であり、鵜呑みにしない方がよろしいです。
そうはいいましても、動画をアップロードして著作権を侵害していることには変わりがありませんので、相手方への対応は誠実かつ迅速に対応した方がよろしいです。
そのためには、まずは、弁護士を通じて現在、相談している旨を相手方に速やかに文書で回答(内容証明郵便)した方がいいでしょう。
質問者様が弁護士と協議していることを知れば相手方も無理な要求や対応はしてこないはずです(反対に、質問者様がご自身で対応する限りは、相手方は誠実に対応せず、脅しや金額の吹っかけといった行動に出てくることが考えられます)。
それと並行して、すぐに弁護士に相談して、今後の具体的な対応について協議する必要があります。
具体的な対応方法としては、日本司法支援センター(通称「法テラス」といいます)にご相談してみるのも一つの方法かと思われます。
これは法務省所管の公的な機関ですので、安心してご利用できるのではないかと思われます。
以下参考までに「法テラス」の概要を記載します(法テラスのホームページより抜粋)。
【「借金」「離婚」「相続」・・・さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、「だれに相談すればいいの?」、「どんな解決方法があるの?」と、わからないことも多いはず。こうした問題解決への「道案内」をするのが私たち「法テラス」の役目です。
全国の相談窓口が一つになっていないために情報にたどりつけない、経済的な理由で弁護士など法律の専門家に相談ができない、近くに専門家がいない、といったいろいろな問題があり、これまでの司法は使い勝手がよいとは言えないものでした。
そうした背景の中、刑事・民事を問わず、国民のみなさまがどこでも法的なトラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにしようという構想のもと、総合法律支援法に基づき、平成18年4月10日に設立された法務省所管の公的な法人。それが、日本司法支援センター(愛称:法テラス)です。
お問い合わせの内容に合わせて、解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を法テラス・サポートダイヤルや全国の法テラス地方事務所にて、無料でご案内しています(情報提供業務)。
また、経済的に余裕のない方が法的トラブルにあったときに、無料法律相談や必要に応じて弁護士・司法書士費用などの立替えを行っています(民事法律扶助業務)。
このほか、犯罪の被害にあわれた方などへの支援(犯罪被害者支援業務)等、総合法律支援法に定められた5つの業務を中心に、公益性の高いサービスを行っています(ほかに司法過疎対策業務、国選弁護等関連業務があります)。】
法テラスのホームページへのアクセスにつきましては、インターネットから「日本司法支援センター」ないし「法テラス」と入力すれば、そのホームページに着きます。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。
よく書面を見ると私のブログにではなく、FC2という動画サイトに著作権に違反する動画を1件アップしたことによるものだと思います。FC2の管理者から削除連絡があったURLと弁護士からの書面に
記載されていたURLが合致します。しかしアップロードした記憶も無く、アップしたとしてもブログを始めた当初であり、使い方が分からず誤ってアップされてしまったかもしれません。
専門家:  patent777 返答済み 3 年 前.
とりあえず、まだその動画を削除していなければ早急に削除すべきです。閲覧件数が増えるとその分、損害賠償額も増加してしまいますので、それを避けるためです。
損害賠償は、故意のみならず過失であっても、相手方に損害を与えてしまうと賠償責任を負うことになってしまいます。
そのため、誤ってアップした場合であっても、その動画が視聴され、それによって相手方に損害が生じていれば、賠償責任を負うことになります(民法709条)。
したがいまして、先に回答しましたように早急に法テラス等を活用して対処なされることをお薦めします。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問