JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 238
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

映画脚本です。城戸賞応募前の著作権保護はいかに。

質問者の質問

映画脚本です。城戸賞応募前の著作権保護はいかに。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
yo-shi :

おはようございます。ご質問を承りました。これからご回答いたします。

yo-shi :

書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。 ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。

yo-shi :

まず「著作権」は、著作物を創作した時に発生し、特別な登録手続などは必要ありません。

yo-shi :

ですので、質問者様が創作した時点で、すでに著作権法によって保護されています。

yo-shi :

ただし、保護される著作物として、形になっていないといけません。アイデアを箇条書きに書き留めたメモ程度だと、著作物と認められないかもしれません。

yo-shi :

しかし、ご質問を読む限り、ほぼできあがっているご様子ですので、すでに著作権法によって保護されている、と考えてよさそうです。

yo-shi :

今後の注意点としては、応募時に、賞の規約や応募要項を、よく確認してください。著作権が、相手方に帰属することになっている場合があります。そういう相手に応募すると、著作権は相手方に譲渡され、質問者様から離れると考えられる場合もあります。

yo-shi :

また、たまたま同じ著作物が、別人によって創作されたとしても、先に創作した人の著作物に「依拠」していない限りは、後発者の著作物も、著作権侵害とはなりません。このため、同一著作物が併存した場合、「これは私が最初に創作した。あいつはオレの作品をまねたのだ」というトラブルが起こる可能性もなきにしもあらずです。(脚本のような長いものには、現実にはほとんどありえませんが)

yo-shi :

そういうトラブルを防ぐために、著作権法では、登録制度を設けています。「創作年月日」を登録しておくことで、どちらが先に創作したのかを、裁判で評価する、一つの材料になるでしょう。

yo-shi :

http://www.bunka.go.jp/chosakuken/touroku_seido/faq.html

yo-shi :

ただ、ほとんど使われていない制度ですし、登録しなくても、事実関係が証明できれば、それで十分とも言えます。

yo-shi :

仮にペンネームで応募・公表される場合は、そのペンネームが自分だと主張するために、「実名の登録」という制度もあることはあります。同じくあまり使われていませんが。

yo-shi :

ペンネームですと、著作権の保護期間が、「公表後50年」となります。実名ですと「著作者の死後50年」ですから、実名のほうが長いことになります。そのために、ペンネームで公表する場合は、実名を登録しておくという手もあります。

yo-shi :

それでも、登録には費用もかかります。また、登録は、公表時にしなければいけないわけではなく、後でもできますので、応募時に行う必要はありません。その脚本が実際に映画化されることになった時などに、改めて考えればよいことと思います。

yo-shi :

以上のことから、結論を申し上げますと、応募前に行うべきことは、(1)応募要項・規約の確認、(2)当該脚本を質問者様が創作したことの証拠保全(コピーや執筆記録を残しておくこと等)、ということを実行しておけば、よいかと思います。

yo-shi :

脚本ができあがれば、その時点で、質問者様の著作物であり、著作権法で確実に保護されています。誰かが無断でコピーしたり、改変したりすれば、著作権侵害であり、質問者様は裁判所に対し、差し止めや損害賠償を請求することができます。

yo-shi :

安心して推敲をお進めください。

yo-shi :

以上、ご回答と致します。ご不明な点がございましたら、具体的にお示しいただければ、改めてご説明いたします。よろしくお願いいたします。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。



質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。了解しました。投稿脚本各ページに・著作実名と日付を入れておけば、十分ということでよいでしょうか。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございました。
お名前と日付は、各ページに入れておく必要はありません。
表紙等、全体を代表する部分に入れておけば、それでじゅうぶんです。
質問者様の脚本は、基本的には、できあがりさえすればそれ以上何をすることなく、著作権法によって保護されています。
その脚本が、質問者様の創作物だと分かるようになっていれば、大丈夫です。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。勉強になりました。

ところで、料金は今回限りの引き落としですよね。

よろしくお願いいたします。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
はい、「月極会員プラン」に登録されていない限りは、このご質問に対しての料金です。
評価を入れていただければ、その料金で、解決となります。
よろしくお願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問