JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 238
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

税金について

質問者の質問

税金の申告について
私はフリーのイラストレーターです。子育てしながら、ゆっくり仕事をやりたいため、あまりガツガツと仕事をしているわけではありません。そのため、収入も年間15万円くらいにしかならず、現状では資料代とトントンのため、税金の申告はしたことがありません。今後、出版を考えるとなると、さすがに申告が必要になると思うのですが、具体的には何をしたらいいのでしょうか?青色申告と白色申告がありますが、フリーに有利なのはどちらでしょうか?

違うカテゴリで質問してしまい申し訳ありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご質問にお応えする前に確認させていただきたいのですが、収入は、他にはないのでしょうか?
もしくは、配偶者の扶養に入っていらっしゃるのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

現在は、夫の扶養家族です。


ほかに、父親から譲り受けたわたくし名義の投資信託の配当が、年間100万円ほどありますが、これも源泉徴収のような形で、所得税や市民税が差し引かれた額が振り込まれます。


投資信託の配当金も、わたし個人の収入として申告することになるのでしょうか?

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございました。
ということは、おそらく、開業届を出されたわけではなく、個人事業主ではないのではないでしょうか。

それならば、個人として確定申告をなされればよいと思います。

著者として出版の場合でも、その印税等の収入は、個人としての確定申告で問題ありません。
(「雑所得」に分類されます)
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
私自身も、印税は雑所得として申告した経験があります。
確定申告が初めてでしたら、慣れるまでは面倒ですが、一度やってしまえば翌年以降は楽だと思います。
頑張ってください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました!確定申告のことを調べてみます。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

毎年、このコーナーで作成できますので、ご利用ください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます、国税局のホームページから申告できるとは知りませんでした。手軽でいいですね。小口の申告ならこれで充分ですね。

実用的な情報をありがとうございました。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
私も毎年2月に、利用しています。

特許・商標・著作権 についての関連する質問