JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

ありがとうございました。質問が漠然としていて恐縮です。 取り次ぎという中間の会社があること、勉強になりました。法人

質問者の質問

ありがとうございました。質問が漠然としていて恐縮です。
取り次ぎという中間の会社があること、勉強になりました。法人名義で口座を作るとなると、法律的な手続きが必要になるのではないですか?例えば登記?をする必要がありますか。友達のお店の名前だけ借りて口座を作る場合は、手続きが簡素になりますか。

私の目標
発達障害とうたうと、敬遠してしまう親も実際いるため、療育目的と気づかせずに、自然な形で、子供の療育を勧められるような教材を作りたいです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
法人名義で口座を作る場合は、まず法人の設立が必要になります。
法人格を取得する際には、基本的に登記が必要になると考えておいていただいたほうがよいと思います。
ご友人のお店の名前を借りる場合は、そのお店と流通業者との間の取引になります。

「取次」は、あくまで書籍流通に関する特殊な形態ですので、質問者様の場合は、当てはまらないかもしれません。

カード等の商品を販売するのでしたら、そのご友人のお店で販売(対面、ネットを含めて)してもらえれば、よいのではないでしょうか。

対面販売ならば特に問題はないでしょうが、ネット販売の場合、ご友人のお店にすでにショップ機能があればよいのですが、ない場合は、作らないといけないので大変です。
(その場合、「特定商取引法」等による規制もあります)

楽天やYahoo!等のショッピングモールに出店する、という手もあります。

いちばん簡単なのは、ご友人のお店で対面販売(宅配便等で発送するのは簡単だと思います)の形式にして、宣伝をネットで行う、という形でしょうか。
yo-shiをはじめその他2 名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

特定商取引法とは、どういう法律でしょうか?自分でも調べます。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
通信販売を行う時には、必要になってくる法律です。
以下のページが参考になりますので、ご紹介いたします。

http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204001.html
質問者: 返答済み 3 年 前.

なるほど、注文や発送業務を委託してしまうわけですね。それならば確かに私への負担が減りますね。現在、自分のホームページには通販機能はつけていません。オプションでショッピングカートを付けられるホームページのサービスには入っていますが、別途料金がかかるため、つけていない状態です。


特定商取引法は、例えばクーリングオフに関する規定ですか。友人は、通販でクリスタルなどを販売してますから、通販のノウハウはあると思います。ただ全く異業種なので、友人の会社に委託したら、療育カードが浮いてしまうのではないかと思っているのです。普通の絵はがきは大丈夫と思いますが。

質問者: 返答済み 3 年 前.

友人が出版部門を作れば売れる、と言っていたのは、本来の業務のクリスタルの販売と切り離すためかもしれませんね。


M出版という名義で出版して、私はコンテンツを提供する、という提携の仕方はありだと思います。売り上げ時に、手数料を1割払うとか。。


 


アドバイザーと著者、おのおのの売り上げからの配分方法を、先に決めてから始めようねと社長に言われたので、まずメンツを集めて、それぞれ意志を確認しながら、進めようと思います。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。

ネット上でオンラインショップを作って運営するのは、かなり大変ですので、最初はネットを宣伝に使い、口コミが広がるようにしてみてはいかがでしょうか。
宣伝だけなら、1枚もののホームページでも、ブログやSNS等でも、どんな形でもできると思いますので。

ブームになるかどうかのポイントは、やはり口コミです。

書籍ならば、自費出版として、Amazonやパブーを使うことも可能です。


ご友人と相談のうえ、最良の方法をご検討くださいませ。
質問者: 返答済み 3 年 前.

なるほど、そんなに大変とは知りませんでした。


Amazonや楽天でも売れるわけですね。そういうえば神保町での小さな実店舗と、Amazonへの出店を並行している友達がいます。



総合すると、



まず書籍にする。(名義はなんでもよい)


書籍を友人の実店舗に置いてもらう。


ネットと実店舗で宣伝。販売は委託する。


慣れてきたら、Amazonや楽天に店舗を出す。



こんな感じでしょうか?


専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
そうですね。
販売方法は、戦略の問題ですので、法的なアドバイスはできませんが、この方法で法的に問題があるわけではありません。

それから、書籍にこだわる必要はないと思います。
さまざまなグッズを作って、求める人の要望に応じて新作を展開していったらよいのではないでしょうか。

キャラクターの人気がでてくるといいですね。

特許・商標・著作権 についての関連する質問