JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

イラストの販売権について

質問者の質問

回答ありがとうございました。 注文主の親の会の代表のかたは、弁護士の資格をお持ちの方ですが、イラストの発注のやりとりに際しては特に文書の契約は交わしておりません。著作権を譲渡するという取り決めもした記憶がございません。ですから、著作権自体は私の手元にあると思います。原稿料の交渉をして、生原稿を送付しただけだからです。半分はボランティアだと解釈して、原稿料も安価に設定しましたので、間違いないと思います。 その場合、私がその元画像を利用して、新たに言語療法カードのセットを、印刷またはソースの形で販売することは、法律的には可能ということでしょうか?販売の場合は、印刷は改めて印刷所に発注し、やり直すつもりですので、価格設定も親の会が設定したものとは変わってくると思います。細かいですが、スキャンした際のイラストの倍率なども変わってきますので。


 


しかし、この場合、注文主が原稿料を払ったのにおかしい、ともめてくるような気がします。難しい性格で有名な方だからです。けっこうあちこちで仲違いをしている話を聞いております。具体的には、親の会の方針に賛同する医師を見つけて、ある期間は良好でも、トラブルを起こして離れてしまうというような話を聞いています。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
続けてご回答いたします。

おっしゃるとおりです。
文書でも口頭でも、「著作権を譲渡」していなければ、基本的には親の会に対して著作物の利用を「許諾」した契約であると考えられます。
それは、「使ってもいいよ」と言ったに過ぎませんので、本来の持ち主である質問者様が使うのも、もちろん自由です。

親の会からの販売と、質問者様からの販売と、重なっても問題ありません。
価格の差、画質の差は、どちらが顧客から求められているか、競争になるわけです。
同類の商品を扱っての、競争関係ですね。

親の会による販売独占は、質問者様が親の会に対し、それを許さなければ、行われません。
親の会には、質問者様からの許諾なく、独占販売する権利はありません。

質問者様と親の会との、並行販売は可能だ、ということです。

==========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
注文主が原稿料を払ったとしても、著作権が移るわけではありません。
契約でそのことを取り決めて初めて、移転します。
ご安心ください。
またお困りのことがございましたらご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問