JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

Artemisと申します。初めて質問させていただきます。 私は、ある電機メーカの知的財産部の担当をしています。

質問者の質問

Artemisと申します。初めて質問させていただきます。  私は、ある電機メーカの知的財産部の担当をしています。  この度、当社の事業部門の一つを会社分割により分社化することとなり、その事業部門(新会社)は当社の100%子会社となります。この際、特許等の知的財産については、会社分割の対象とはせずに(分割計画書の範囲には含めずに)、当社に留保したままとし、当社から新会社にライセンスする形態をとります。  そこで質問なのですが、仮に、当社が新会社からから支払を受ける特許等の使用料が時価と比較して少ない場合、その少ない分が当社の新会社に対する「寄付」なり「贈与」になると思うのですが、そういった場合、結果として、具体的にどういった法律の、どの規定に違反するのでしょうか…?  また、こういった場合、会社法第120条でいう「財産上の利益の供与」に該当するものなのでしょうか…?

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権

特許・商標・著作権 についての関連する質問