JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

yo-shiに今すぐ質問する

yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 231
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

東京地判平成25年10月30日(平成24年(ワ)第33533号)で自炊代行について自炊代行業者の敗訴判決が出ました。

質問者の質問

東京地判平成25年10月30日(平成24年(ワ)第33533号)で自炊代行について自炊代行業者の敗訴判決が出ました。
今後、自炊代行業は廃業に向かい、自炊はスキャナーを各自で購入して自宅で行うという流れになりそうです。 この流れに私は賛成です。
そのスキャナーを用いて自宅でスキャンした本(辞典や問題集)のPDFデーターを画像加工代行業者に加工してもらった場合についての質問です。
質問1 自宅で自分でスキャンしたPDFデーターを画像加工代行業者に加工依頼した場合、依頼主は著作権などの法律違反はあるのでしょうか? 本(辞典や問題集)は自分で書店で買ったものです。 業者に加工してもらったPDFデーターは自分で使う目的です。 他人に売ったり、譲ったりしません。
質問2 画像加工代行業をこれから始めようとしている者です。 本(辞典や問題集)をお客様が自宅でスキャンされて、この画像データーをきれいに加工したり、便利に加工して、加工賃を頂いてお客様にお返しする業務です。 この加工代行業は業務として本の著作権などの法律に違反することはないでしょうか?
また、抵触する恐れのある法律をお教えください。
お客様から預かったデーターは6か月間の保証期間を経過したら廃棄します。
お客様から預かったデーターを他に流用しません。
お客様から預かったデーターをPDF本として販売しません。
お客様から預かったデーターをお客様以外に譲りません。貸出しません。
画像加工の内訳は以下の3つです。 トリミング=枠の余白部分をカットして画面に広く表示します。 補正=赤い色などを消して見やすくします。 編集ボックスの作成=余白にボックスを作成し、ここにテキスト文字を入れておき、後で検索可能にします。
本とは主に、辞典や問題集です。辞典や問題集はその性格上、検索に時間がかかります。PDFデーターにすると、検索ボックスに入力した文字を検索プログラムでヒットさせることができます。
たとえば、六法全書の解説書のPDFデーターで 「憲法第九条」の解説欄の余白に編集ボックスを作成して、「憲法第九条」をテキストで貼り付けて用意しておけば、ユーザーがPCの検索プログラムで「第九条」を入力すると、その解説の場所に一気に飛ぶことができます。手で検索するよりも早くて便利です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
まず初めにお断りしておかなければなりません。
この問題は、裁判になっていることからも分かりますとおり、グレーゾーンです。
自宅でのスキャン(いわゆる“自炊”)が著作権法に抵触しないのは明らかですが、業者がスキャンを代行する態様の“自炊”(以後、「スキャン代行」とします)は、論者によって著作権侵害になるか、私的複製(著作権法30条)の範囲として著作権は及ばないとするか、分かれています。
つまり、法律だけでは、現状においては結論が出せないのです。

これが、しばらくして、法改正があったり、最高裁判決が出れば、話は別ですが、現状ではハッキリとは言えません。
リスクを恐れて、安全な方法が明確になるまで事業開始を遅らせるか、
リスクを踏まえたうえで新たなビジネスに取り組み、早めに投資を回収しておくかは、
戦略的な問題になります。

以上の前提で、私見をお答えいたします。

著作権法30条は「私的使用のための複製」を認めておりますが、その際、「翻訳、編曲、変形又は翻案」も可能です(43条)。
その条件は、
個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的とするとき(30条)
です。
ですから、個人的に、自分自身が加工する分には、問題ありません。

では業者に加工させた場合ですが、どちらかというと、著作権侵害となる、という考え方が有力だと思われます。
それは、加工する段階では、どうしても複製作業が必要になると思うからです。

例えば、依頼主(客)からスキャンしたデータがDVD等のメディアに入れて送られてきたとします。
(ネットを通じて送ると、公衆送信権の侵害となる可能性があります)
それを業者が加工する際、おそらく、作業用PCのHDDにコピーするのではないでしょうか。
その時点で、複製権侵害となります。
(USBメモリーに入れたまま、その生データを加工するのなら、複製とは言えないかもしれませんが)

また、検索可能なPDFにする場合、テキストデータを作成する必要がありますが、これも著作物の「複製」に当たります。
従いまして、複製権侵害と言えます。

さらに、データを6カ月保持するということは、業者と客の双方が同じデータを持つことになり、これは「複製」です(複製権侵害)。
他に流用したら、もちろん複製権侵害です。


たしかに、お考えのサービスは、とても喜ばれる仕事だと思います。
私個人としても利用したい、有益なサービスと考えます。
著作権侵害ではないという理由も付けられるので、実行したいプランではあります。

ただし、辞書等の出版社や、著作者等の権利者が、どう考えるかは別問題です。
上記の理由によって、「著作権侵害だ」と言おうと思えば、言えるということです。
(もちろん、権利者が「それはよいサービスだ」と言って認めてくれれば、万事OKです)

スキャン代行サービスと、ほぼ同様の問題を抱えているのではないかと考えます。
従いまして、スキャン代行サービスの方向性が固まってきましたら、それに応じて検討されるのが安全ではあります。
現在、スキャン代行業者と、権利者側が、Myブック変換協議会を介して話し合いを進めています。
もうしばらく見守るというのも一案です。

質問1と質問2につきましては、通常、問題になるのは業者側です。
ただ、依頼主が業者に送る行為を、著作権侵害に問うことは可能かもしれません。


以上が私の考えです。
ご不明な点がございましたら補足いたしますので、具体的にお知らせくださいませ。


==========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧な回答を頂きありがとうございます。 
不明な点について補足をお願いします。
使用者については法律上の問題がないことがわかりました。
業者についてはグレーゾーンであることと、著作権侵害となる可能性が高いことについて理解しました。
ネット送信での公衆送信権の侵害と作業用PCのHDDにコピーする複製権侵害について理解しました。


業者がこのサービスを行うにあたり、トラブルを避ける方法について考えた結果、以下の1と2の方法を考えました。 1と2について弁護士様の私見をお教えください。
1 出版社や著作者などの権利者に金銭で解決する。
たとえば ポケット六法 平成26年版 井上 正仁 (編集), 能見 善久 (編集) 価格: ¥ 1,890  でお客様が画像加工サービスを依頼する場合、お客様は本の価格=¥ 1,890 を画像加工サービス料金として支払います。 その¥ 1,890のうち、7割が出版社などの権利者に入ります。 このような契約を画像加工サービス屋が出版社毎に行うことは現実的でしょうか?
流れは次の通りです。
お客様が自宅でスキャンします。→スキャンしたPDFデーターをUSBに入れて画像加工サービス屋に郵送で送ります。→料金¥ 1,890を画像加工サービス屋に支払います。→画像加工サービス屋はトリミング、補正、編集ボックス作成と編集ボックス内にテキスト入力を行い、お客様にUSBで返します。→画像加工サービス屋は頂いた料金の7割を出版社に支払います。結果、出版社は宣伝費などの費用を支払うことなしに本の2次的な売り上げが上がります。
2 著作権侵害を訴えられる恐れのあるサービスを行わない。
お見合い写真のお直しサービスを行う画像加工サービス屋があります。 ほくろを消したり、髪をふさふさにしたり、見栄えよく修正してお直しした写真やデーターをお客様にお返しするサービスです。このサービスでは被写体が本人であるため肖像権などのトラブルは起こりません。 お見合い相手から写真と実物が違うとのクレームはあると思います。
お客様が自分でスキャンした本のPDFデーターを画像加工サービス屋がお直ししてお客様に返した場合、本の権利者が「ちょっと待ったー!」という可能性を示しました。
1 トリミング・・・可能性低い。枠の余白部分をカットしてPC画面に広く表示します。 
2 補正・・・可能性低い。赤い色などを消して見やすくします。 
3 編集ボックスの作成・・・可能性低い。余白にボックスを作成します。
4 編集ボックスにテキスト入力する。・・・可能性高い。 テキスト内容に著作権があるため。
5 編集ボックスに記号など本文と無関係の文字をテキスト入力する。・・・可能性低い。テキスト内容に著作権がないため。
上記の4を除いた、1、2、3、5をお直しサービスとして行った場合、画像加工サービス屋は本の権利者から訴えられる可能性はあるのでしょうか?

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
補足いたします。

1については、権利者がよいと言えば、実質的に何をやっても大丈夫です。
このサービスによって、辞書等の著作物の二次利用が生まれ、著作者にも見返りがあるようなら、賛成してくれる可能性が高くなります。
著作者(権利者)から了解をもらえれば、コピーしようがデータを作り直そうが、改変しようが、全く問題ありません。

それは、著作権が「私権」だからです。
著作権を行使するかどうかは、権利者が決めることができます。
(刑法などは、例えば殺人を行えば、国家権力が強制的に処罰しますが、著作権を侵害したからといって権利者が了解していれば権力が勝手に動くことはありません)
よくコミケ(同人誌を売っているコミックマーケット)の例が出されるのですが、コミケは、ある意味著作権侵害の巣窟です。パロディマンガを描いている人も、ほとんど、権利者から許諾をもらってはいません。
それでも訴えられることなくイベントが成立しているのは、権利者が、黙認しているからです。逆にオリジナルの宣伝になる、と考えている人もいるでしょう。
権利者が認めるか、認めずに訴えるかは、自由なのです。
ですから、権利者が「いいよ」と言えば、すべて解決します。
(音楽におけるJASRAC等は、お金を払えば自動的に許諾をもらえる仕組みになっています)

2についてですが、たしかに1,2,3,5は、著作権侵害といわれる可能性は、グッと低くなると思います。
と言いますのは、「著作物」とは、本で言えば文章であって、レイアウトではないからです。
独創的なレイアウトがあれば、そのデザイン自体が著作物と認められる可能性もないことはないですが、極めて例外的なケースです。
従いまして、文章(テキスト)に関係の無い加工は、著作権の問題は、ほぼ発生しません。


最後に、最初のご質問について「使用者については法律上の問題がない」とは、必ずしも言い切れないことを付け足しておきます。
私のお答えが分かりにくかったようで申し訳ありませんが、回答の中で、
「ただ、依頼主が業者に送る行為を、著作権侵害に問うことは可能かもしれません。」
と書きましたのは、使用者(依頼主)の行為を著作権侵害だと言おうと思えば、言える可能性がある、という意味でした。
現実的にはかなり難しいですが。


最初にご質問いただいたサービスは、権利者が、難癖をつけようと思えばつけられる、というレベルの話になってきますので、難しいところです。

以上、お答えいたします。
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
満足したユーザー: 231
経験: 中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YO/yoshi/2014-12-8_21946_face.64x64.jpg yo-shi さんのアバター

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    231
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PA/patent777/2011-10-5_16540_shirtM1.64x64.jpg patent777 さんのアバター

    patent777

    弁理士

    満足した利用者:

    414
    特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
  • /img/opt/shirt.png satohk555 さんのアバター

    satohk555

    弁理士

    満足した利用者:

    20
    2010年弁理士試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3271
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

特許・商標・著作権 についての関連する質問