JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 238
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

新しい食べ物や飲料水は特許になることはあるんですか?

質問者の質問

新しい食べ物や飲料水は特許になることはあるんですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.

まず、簡単に結論から申し上げますと、特許として認められることはありません。

「特許」とは、「発明」を保護するものです。
「発明」とは、

この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。
(特許法2条1項)

と定められています。この条文を見ますと、
まず、「自然法則を利用」していることが必要です。
そして「技術的思想の創作」であることも求められます。
(「高度」は措いておきます)

自然法則それ自体(万有引力の法則等)や、自然法則を利用していないもの(ゲームのルール等、人為的な取り決め)は、「発明」に該当しません。
また、知識として第三者に伝達できる客観性のないもの(個人の技能等)や、単なる情報の提示、美的創作物(絵画・彫刻等)、発見物も、「発明」ではありません。

ご質問の「新しい食べ物・飲料水」は、発見物とは言えるかもしれませんが、自然法則を利用しているとは言えませんし、技術的思想の創作とも言えないので、「発明」として認められることは難しいと考えられます。

もっとも、新しい食べ物を作り出す「方法」や「装置」の場合は、特許を受けられる可能性があります。


以上が一般的なお答えとなります。
もしご不明な点がございましたら、具体的にお示しいただければ、改めてご説明いたします。
よろしくお願いいたします。

============================
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。

yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
早速の評価、並びにボーナスも頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問