JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 496
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

著作権侵害は、警察に通報して、別途に、弁護士の先生にご依頼をして、著作権侵害の賠償請求をするのでしょうか? も

解決済みの質問:

著作権侵害は、警察に通報して、別途に、弁護士の先生にご依頼をして、著作権侵害の賠償請求をするのでしょうか?

もしくは、相手が誰かは解っている場合、警察には通報しないものなのでしょうか?
著作権侵害の賠償請求は、自分で出来るものなのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 3 年 前.

知的財産権を専門とする者です。

 

 著作権侵害につきましては、民事と刑事罰の両面から訴訟を提起することができます。

 

 まず、民事につきましては、警察に通報することなく、弁護士に依頼して差止請求(著作権法112条)や損害賠償請求(民法709条)などをすることができます。

 

 また、刑事罰としましては、例えば、著作権侵害の場合、親告罪となりますので(著作権法123条)、検察に告訴しなければ公訴提起できません。そのため、検察に告訴する必要があります。

 

 この場合にも弁護士に依頼することとなります。

 

 著作権に詳しい弁護士に依頼するのがよいと思います。まずは、日本司法支援センター(通称「法テラス」)に相談するのがよろしいかと思われます。

 

 この法テラスとは「総合法律支援法(平成16年6月2日公布)に基づき、独立行政法人の枠組みに従って設立された法人で、総合法律支援に関する事業を迅速かつ適切に行うことを目的としています。(総合法律支援法 第14条)

 法テラスは、裁判その他の法による紛争の解決のため の制度の利用をより容易にするとともに、弁護士及び弁護士法人並びに司法書士その他の隣接法律専門職者(弁護士及び弁護士法人以外の者であ って、法律により他人の法律事務を取り扱うことを業とすることができる者をいう。以下同じ。)のサービスをより身近に受けられるようにするための総合的な支援の実施及び体制の整備に関し、民事、刑事を問わず、あまねく全国において、法による紛争の解決に必要な情報やサービスの提供が受けられる社会の実現を目指して、その業務の迅速、適切かつ効果的な運営を図ります。」~以上、法テラスのサイトより抜粋。

 インターネットで「法テラス」として検索すれば、そのサイトにいきます。

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問