JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 475
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

マリリンモンローの写真を使ったスノーボード用のグローブ(上代¥10000くらい)を200個くらい製作して全国の販売店

質問者の質問

マリリンモンローの写真を使ったスノーボード用のグローブ(上代¥10000くらい)を200個くらい製作して全国の販売店に卸を検討しているのですが、著作権等問題になってくること、その際の費用をお聞きしたいです。
また場合によってはアメリカへの輸出も考えています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 3 年 前.

はじめまして、知的財産権を専門とする者です。

 

 本件については、著作権の他に肖像権のうちのパブリシティ権も問題になってくると思われます。

 

 以下、分けてご説明します。

 

1.著作権について

 

 ご使用予定のマリリンモンローの写真に創作性があれば著作物となり(著作権法2条1項1号)、著作権が発生します。

 

 ご使用予定のマリリンモンローの写真が著作物であれば、その写真を複製すると著作権のうちの複製権(同法21条)と抵触します。

 

 複製権が及ばない場合としましては、保護期間が終了している場合(同法51条)、または私的使用の目的で複製する場合です(同法30条1項)。

 

 保護期間は原則として、著作者の死後50年です。著作者とは、著作物を創作した者であり(同法2条1項2号)、通常は、マリリンモンローの写真を撮影したカメラマンということです。

 

 また、私的使用の目的とは、「個人的又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内」において使用することを目的とする場合ですので、本件のように販売目的で使用する場合には、私的使用の目的とはいえません。

 

 したがいまして、写真の利用に当たりましては、保護期間が満了していない場合には、著作権者の承諾を得る必要があります。

 

 使用料につきましては、権利者との交渉によって決まるものですので、ケースバイケースということになろうかと思われますが、その著作権者が、著作権等管理事業者に委託管理している場合には、そこで定めた使用料規程に基づき使用料が定められていると思われます。

 

 ちなみに、写真に関する著作権等管理事業者として登録を受けている者は、公益社団法人日本複製権センター、一般社団法人学術著作権協会、株式会社メディアリンクス・ジャパン、一般社団法人教学図書協会、有限会社コーベット・フォトエージェンシー、一般社団法人日本出版著作権協会、一般社団法人出版物貸与権管理センター、協同組合日本写真家ユニオン、合同会社IPプランニング、一般社団法人出版者著作権管理機構といったところがあります。

 

 

2.パブリシティ権について

 

 一般に、パブリシティ権とは、「著名人の氏名、肖像等が持つ顧客吸引力について、当該著名人の獲得した名声、社会的評価、知名度等から生ずる独立した経済的利益ないし価値として把握し、当該著名人がかかる顧客吸引力の持つ経済的価値を排他的に支配する財産的権利」のことをいい、氏名、肖像等に関する人格的な利益の保護(プライバシー権)とは異なる財産的な利益の保護に関する権利として理解されています。


 肖像を例にとれば、プライバシー権としての肖像権が自らの肖像をみだりに使用されないことを内容とするものであるのに対し、パブリシティ権としての肖像権は、自らの肖像を利用して経済的な利益を上げ、また第三者にそれを利用させて経済的な利益を獲得することを内容とします。

 

 本件でいえば、マリリンモンローの写真には、顧客吸引力があり、それをグローブに利用することで経済的利益をあげようとするものですので、このパブリシティ権と抵触すると思われます。

 

 ただ、このブリシティ権は明文によって法律で定められていないため、その保護期間についても法律の定めはありません。

 

 また、パブリシティ権の保護期間についての判例はなく、学説の見解も分かれています。


 死亡によりパブリシティ権も消滅するとする見解と、パブリシティ権の主体が死亡したとしても顧客誘引力が残っている場合には、単に死亡したというだけでは権利が消滅しないという見解もあります。

 

 そのため、安全策をとるとすれば、事前に遺族などに利用の許諾を得ておいた方がよろしいのではないかと思われます。

 

 ちなみに、 アメリカにおけるパブリシティ権については死後も存続するようであり、各州法によって異なる存続期間を定めているようです(20年~100年までさまざま)。



質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答の質.
ご説明ありがとうございました。
ただご説明いただいたことはネットで調べてある程度、理解していたことで具体的に過去の事例とかも含めてマリリンモンローの写真についての背景を知りたいと思って連絡しました。。。

無料で検索して確認していた内容だったので有料でお願いして残念な結果でした。

特許・商標・著作権 についての関連する質問