JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

現在、出版を企画しております。 出版の主旨は、既存の原価管理手法(仮に、中核となる考えをAコストとする)の製造業へ

質問者の質問

現在、出版を企画しております。
出版の主旨は、既存の原価管理手法(仮に、中核となる考えをAコストとする)の製造業への適用を具体的に解説するものですが、「Aコスト」という名称が、直感的に分かりにくく、世の中に伝わりにくいと判 断し、これを著書の中では「体積原価」と呼称するつもりです。書名タイトルにも入れます。
考え方を流用・拡張するものなので、著作権には抵触しないと判断しておりますが,正しいでしょうか?
なお、書中で、「体積原価」が「Aコスト」と同じ考えであり、発案者はX氏(Aコスト発案者)であることを明記するつもりです。

よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご質問にお答えいたします。

著作権は、「著作物」の創作に対して発生いたします。
「著作物」とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう」(著作権法2条1項1号)とされています。

この「著作物」に該当しなければ、著作権は発生しません。

ご質問のケースでは、「Aコスト」ならびに「体積原価」という言葉に著作権が発生するかが一つの問題になりますが、このような“用語”は上記の「著作物」の定義に該当せず、著作権は発生いたしません。

著作権が問題になるのは、ご出版予定の書籍の中に、他者の文章を載せる時です。
例えばX氏の解説文を無許諾で掲載することは、著作権を侵害することになります。
掲載したい場合は、X氏からの了解をもらうか、「引用」(著作権法32条)の形を採ることになります。
(「引用」の要件については、ここでは省きます)

ですので、他者の文章を流用しない限り、著作権法上の問題は生じないだろうと考えられます。


では「Aコスト」という名称を書名や文章中で使うことに他の問題がないか、ということですが、基本的にはほとんど問題はありません。
例えば「iPhone」の解説本を執筆する際、「iPhone」の商標権を持っているApple社に断る必要はないのです。
それは、書籍タイトルは、商標の「使用」には当てはまらないと考えられるからです。

従いまして、書籍中で「Aコスト」を「体積原価」と言い換えることについては、法的な問題はあまりありません。
しかも質問者様は
「体積原価」が「Aコスト」と同じ考えであり、発案者はX氏(Aコスト発案者)であることを明記するつもり
と書かれていますので、質問者様の考案された方法であると読者が誤認するようなこともないでしょうから、大丈夫だと思います。

以上、回答と致します。
ご不明な点は、具体的にお示しいただけましたら、改めてご回答いたします。
よろしくお願いします。


==========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価と、ボーナスも頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問