JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 470
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

漢検1級に短期合格する方法を1年かけて開発しました。 これは未発表のものです。 これを出版社やテレビ番組制作会社に紹介しようと考えています。 しかし、紹介した途端、コピーされて先

解決済みの質問:

漢検1級に短期合格する方法を1年かけて開発しました。 これは未発表のものです。 これを出版社やテレビ番組制作会社に紹介しようと考えています。
しかし、紹介した途端、コピーされて先に出版されて著作権を主張されそうで心配です。
これを防ぐにはどうしたらいいでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 3 年 前.

 著作権で保護対象を受けるためには「著作物」であることが必要です。

 

 著作権法上の著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽に属するものをいう」と規定されています(著作権法2条1項1号)。

 

 いわば「創作性のある表現」が保護対象になるということです。

 

 そのため、「方法」は、保護対象とはなりません。

 

 漢検1級に短期合格する方法につきましては、著作物とはなりませんが、その方法に使用される「テキスト」などがございましたら、その「テキスト等」について、創作性があれば、著作物となり、著作権は発生します。

 

 この「創作性」につきましては、完全な独創性までは必要とはされておらず、また、学術性や芸術性の高さも問題とはされておらず、何らかの個性が現れていればよいといわれています。

 

 要するに他人の著作物の模倣でなければよいと考えられております。

 

 したがいまして、そのテキスト等の具体的な「表現」物がございましたら著作権が生じます。

 

 そして、我が国では、いわゆる「無方式主義」を採用しており(同法17条2項)、いかなる手続き(申請、登録、料金の納付など)を必要とせずに、著作物を創作した時点で、自動的に著作権が発生します。

 

 そのため、質問者様がテキスト等の具体的な表現物がおありでしたら、それを創作した時点で、すでに質問者様には、著作権が生じています。

 

 そこで、ご質問の本題に入りますが、仮に、質問者様が創作性のあるテキスト等を創作したとしまして、それを出版者やテレビ番組制作会社にコピーされ先に出版されて、相手方が著作権を主張して、著作権の帰属について、裁判所で争うこととなった場合ですが、著作権は、全く同じ著作物を独自に、すなわち、先に創作された著作物に依拠しないで創作したことを証明できれば、後に創作されたものも著作物となり、著作権が生じます。

 

 その場合には、全く同じものについて二つの著作権が生じることもあり得るということです。

 

 しかし、全く同じ著作物が二つあって、後に創作された著作物の著作者が、先に創作された著作物に依拠せずに、独自で創作したという証明は非常に難しく、ほとんどの場合、後に創作された著作物の著作者は、先の著作物に依拠して創作したと認定されます。

 

 そこで、重要となってきますのが、いずれが先に創作したのか、ということを証明するための「証拠」の存在です。

 

 そのため、何らかの方法で、著作物を作成した年月日を証明できる証拠を確保した上で、出版社やテレビ番組制作者に紹介するのがよろしいかと思われます。

 

 そして、著作物の創作年月日を確定する方法として一般的に行われている方法は、公証役場において従来から行われている「私署証書の認証」「確定日付の付与」等の手続を、著作物の保護に活用するという方法です。

 例えば、テキストなどの著作物を入れて密封し、表面に内容物の説明や署名を記載した封筒等に確定日付の押印をしてもらうことにより、著作物の特定や創作時期について事実関係を証明することが出来ます。


 ご自分で手続きするのが面倒な場合は、著作権を扱っている行政書士に著作物の存在証明を依頼するという方法もあります。依頼すると行政書士が著作物の認定と公証人の確定日付をとってくれます。


 これらの手続きは著作物の認定方法として法的に認められているわけではないですが、この手続きをしておけば、訴訟で争うような状況になった時に非常に有効な証拠となるわけです。

 ただし行政書士は扱う範囲が、保険・古物商などと広いので著作権関連の業務を扱っている又は知っている行政書士に依頼した方が無難と思われます。

 

 

 

 

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問