JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

ネットショップ立ち上げでHP、商品ページ作成はその都度依頼と言うケースがほとんどです。それを会費制にし毎月変更でき

質問者の質問

ネットショップ立ち上げでHP、商品ページ作成はその都度依頼と言うケースがほとんどです。それを会費制にし毎月変更できること を可能にし、商売にしようかと考えています。 テンプレート、フォーマットは中国の会社に作成を依頼できます、それを日本語にして売り出そうと考えています。 このようん場合は法的な権利を有することは可能ですか?それをするためにはどのようなことが必要なのでしょうか? 漠然とした質問で申し訳ございませんが、何卒、宜しくお願い致します。XXX@XXXXXX.XXX     高橋憲治

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご質問を承りました。

まず、質問者様は、HPを作成するお立場でしょうか、それとも、ネットショップ運営者として発注するお立場でしょうか。

お考えになっているビジネスが、他企業からのHP作成依頼を受注して下請けの中国企業に仕事を回す、ということなのか、それともネットショップを立ち上げて、中国企業が作成したHPを日本語訳して、そのHPを販売しようとするものなのか、を教えていただきたいと思います。

それによってお答えが変わってきますので、よろしくお願いいたします。



===========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の返信ありがとうございます。言葉足らずで申し訳ございませんでした。


ショップHP作成会社を考えています。現在の市場をみると単発請負が多く、都度、依頼の必要があります。それを毎月変更できるように会費制として、500~1000くらいのテンプレート(フォーマット)を用意しお客様の好みに合うようにできればと考えています。


先に述べたように味噌は毎月のように変更できる・・・と考えます。


このような仕組みで売ることを考えていますが、競争業者も多く、このような仕組みをまねさせないようにしたく、なにか保護手段がないものかと模索中です。


ご教示を宜しくお願い申し上げます。


 


 

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございました。

状況が分かりました。
以下のように理解いたしました。
この整理が誤っていましたら、ご指摘くださいませ。

1,
質問者様は、HP作成会社である。

2,
顧客の好みに合うようなテンプレートに、毎月変更するという、会費制サービスを始めたい。

3,
このようなビジネスモデルを法的に保護する仕組みを知りたい。


ポイントは、以上3点と理解いたしました。

ビジネスモデルを保護する法律として、一つ考えられるのは特許法です。
一時期、「ビジネスモデル特許」が流行していた時期もありましたが、少なくとも現在は、認められる数が極めて少なくなってきており、ブームは治まった感じが致します。

それは、ビジネスモデルが特許となることは、非常に難しいことを意味しています。

特許とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」である「発明」を保護する仕組みですが、それには以下の要件が必要となります。

・産業上の利用可能性
・新規性
・進歩性

質問者様のモデルが、上記に該当するかどうか、細かく検討しないといけないのですが、それはこのサイト上では限界があり、できればお近くの弁理士に、具体的に示して調査を依頼していただきたいところです。

他の知的財産法である商標法、意匠法、著作権法では、ちょっと当てはまらないかな、と思われます。


現実的には、不正競争防止法を活用することが、最も可能性が高いかと思います。

質問者様のサービスが、人気を呼び、広く知られるようになった場合、それをマネした競合会社は、不正競争に該当する可能性があります。

ただし、この仕組みでは、サービス開始前に保護を受けることはできません。


質問者様のような、ビジネスの「方法」を保護することはかなり難しく、あいにく、決定的なものがないのが現状です。
ご期待に添えず、申し訳ないのですが、以上のようなお答えとなります。


ただし、質問者様のサービスを紹介したサイトの文言やデザインをマネしたら著作権侵害となりますし、サービス名称(商標登録した場合)等をマネすると商標権侵害や不正競争となる可能性も出てきます。

サービスサイトを充実させることで、かなり予防にはつながるかもしれませんので、ここに力を入れてみてはいかがかと考えます。

yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお役に立てましたら、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問