JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
62663831
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

4年前に大手新聞社が行われたアンケート調査の結果を利用して、自社ホームページで商品の利便性を説けないかと考えています

解決済みの質問:

4年前に大手新聞社が行われたアンケート調査の結果を利用して、自社ホームページで商品の利便性を説けないかと考えています。
実際のところ自社で同規模の調査を行えれば一番良いのですが、零細でバイトもしているような状態で、実現は極めて困難ではあります。
調査結果の数字だけを引用するなら、創作が入っていないから問題ないと聞いたことがあるのですが、どこまでなら問題ないと言えるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
ご質問の通り、単なる事実には著作権はありません。
従って、公表されているアンケート結果であれば、自由に利用できる
可能性は十分にあります。
但し、択一式のアンケートであれば、その設問が、
自由回答式のアンケートであれば、その回答文が、
それぞれ著作物である可能性がありますので注意が必要です。

なお、著作物であったとしても、著作権法上の引用にあたる場合には、
権利者の許諾を得なくても自由に利用することが可能です。

具体的には、主従関係がはっきりしていて、引用物があくまでも従で
あること、出典がきちんと明記されていることなどの要件があります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


ただ具体的な線引きがないと動きようがありませんので、さらにお聞かせ頂けないでしょうか。


 


アンケートの設問を若干具体的に申し上げると、ある問題の許容範囲を問うもので、第1の選択肢は0、第2の選択肢は1~2、第3の選択肢は3~4、第4の選択肢は5~6までというようなものです。


こういう設問であれば、著作物となってしまうのでしょうか。


 


逆に上記のような設問が著作物となってしまうのであれば、どういった形での記載なら問題なくなるのでしょうか。


私もいろいろ調べてみましたが、原文は基本的に変更してはならないようですので、具体的にどうすれば良いか伺えるとありがたく存じます。


 


また具体的に考えたく引用について調べていると、下記リンクで判例2つについて言及していました。


 


http://www.j.u-tokyo.ac.jp/sl-lr/01/papers/part8.pdf


 


そこで、附従性のためには、「例証ないしは参考資料としてなら」大丈夫というような記載になっています。


それを考えると、商品の利便性を説く際に、アンケートの結果はこうだからこれはあると良いと言うのは問題なさそうでしょうか。


 


お手数おかけして申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。


 

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
1.著作物性について
 設問が、【りんごとみかんどちらが好きですか】というような単純なもので
 あれば、同じ事を質問する為に誰が作ってもほぼおなじ文書になります。
 このようなものには著作物性はありません。
 しかし、ご質問にあるような複数選択肢を説明していくような設問であれば、
 著作物である可能性がでてきます。
 この場合、著作権に抵触しない方法としては、あくまでもあなたの言葉で、
 設問内容の説明をする、ということが考えられます。
 例えば、交通事故のニュース記事をみて、その文書を書き写すのではなく、
 【●月×日、●●自動車道で事故があった。】と必要な情報だけを抜き出す
 ことによって、著作物の利用にはあたらなくなります。

>そこで、附従性のためには、「例証ないしは参考資料としてなら」大丈夫というような記載になっています。
>それを考えると、商品の利便性を説く際に、アンケートの結果はこうだからこれはあると良いと言うのは問題なさそうでしょうか。

とのことでしたが、前述のとおり、そもそも、アンケートの文書を丸写しするのではなく、ご質問者様の言葉で内容や結果を説明されるのであれば、著作物の利用には当たりません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

具体的なご回答を頂き、ありがとうございました。


これでようやく理解できてきました。


 


ただ混乱している部分がありますので、再度伺ってもよろしいでしょうか。


 


引用する場合には原状を改変してはいけないということは認識しております。


しかし今回ご提案頂いたように「自分の言葉で内容や結果を説明する」と、それによって「引用」の前提となる「著作物性」がなくなり、著作物の利用には当たらなくなるということでよろしいのでしょうか。


 


たびたびお手数おかけして申し訳ないのですが、ご教示のほど宜しくお願い致します。

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
>しかし今回ご提案頂いたように「自分の言葉で内容や結果を説明する」と、それによって「引用」の前提となる「著作物性」がなくなり、著作物の利用には当たらなくなるということでよろしいのでしょうか。

その通りです。
純粋に情報としての利用であれば、著作権は関係ないということです。
houmuをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問