JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 496
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

商標のことで教えてください。 米国のプロ野球リーグで「メジャーリーグ」という言葉は商標登録されていると聞いてい

解決済みの質問:

商標のことで教えてください。

米国のプロ野球リーグで「メジャーリーグ」という言葉は商標登録されていると聞いていますが、「メジャーリーガー」という語は商標登録されているのでしょうか?

もし、「メジャーリーガー」という語が商標登録されている場合、野球に無関係な商品、例えば玩具とか文具のようなものに「メジャーリーガー」という名前を付けて販売することに問題はないでしょうか?

上記、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 4 年 前.

知的財産権を専門とする弁理士です。

 

 「メジャーリーガー」が商標登録されているか否かは調べなければ分かりません。

 

 ここで、商標権の侵害とは、「指定商品もしくは指定役務又はこれらに類似する商品もしくは役務について、登録商標もしくはこれに類似商標を使用し、又は一定の予備的行為」をいいます(商標法25条、37条等)。

 

1.仮に「メジャーリーガー」が商標登録されている場合について

 

 質問者様が「メジャーリーガー」の名称を野球に無関係な商品にであろうと、野球に関係のある商品にであろうと、その使用する商品が、商標登録されている商品や役務(サービス)と同一または類似しない商品である場合には、商標権の侵害となりません。

 

 一方、質問者様が使用する商品が、商標登録されている商品又は役務と同一又は類似の商品であれば、原則として商標権の侵害となります(同法25条、37条)。

 

 仮に、侵害となる場合には、質問者様としては、抗弁事由を探し、それを主張・立証して、認められれれば、侵害を回避することができます。

 

 抗弁事由は、色々あるのですが、例えば、相手方の商標が登録される前から、不正競争の目的なく、継続して使用していた場合、相手方の商標登録に無効理由が存在していた場合(よくあることですが、本来であれば、審査段階で拒絶されるはずであったものが、審査官のミスで拒絶理由を発見することができずに登録されてしまった場合)、相手方が継続して3年以上登録商標を正当な理由もなく使用していなかった場合・・・等に該当すれば、それを抗弁として主張することとなります。

 

2.「メジャーリーガー」が商標登録されていない場合

 

 質問者様が使用する商品と、同一又は類似する商品又は役務について、「メジャーリーガー」と類似する商標が登録されていないかを調べて、そのような商標が登録されていなければ、質問者様が「メジャーリーガー」をその商品に使用しても侵害とはなりません。

 

 一方で、質問者様が使用する商品と、同一又は類似する商品又は役務について、「メジャーリーガー」と類似する商標が存在する場合は、質問者様の使用は商標権の侵害となります(同法25条、37条)。

 

 そして、仮に侵害となる場合には、先ほど申し述べたのと同じように、抗弁事由を主張することになります。

 

 したがいまして、「メジャーリーガー」の名称を野球に関係のある商品に使うとか、使わないといったこととは、関係がなく、質問者様の使用する商品と同一・類似の商品・役務について、「メジャーリーガー」と同一・類似の商標が、登録されているか否かが問題となります。

 

 そのため、登録の有無について商標の調査をする必要があるということです。

 

 商標権を調べる最も簡便な方法は、特許庁が無料で提供する電子図書館(IPDL)で調べることです。

 これは特許庁のホームページにアクセスすれば、最初の画面に「電子図書館」の項目がありますので、簡単にアクセスできます。

 

 ただし、使い慣れていない場合には、調査に時間が掛かったり、調査漏れをしたり、または類比判断を誤る可能性があります。

 そのため、専門家である特許事務所に調査を依頼するという方法もあります。料金はさほど高いものではありません。

 

 なお、仮に「メジャーリーガー」について同一又は類似の商品・役務について、商標権が存在するとなった場合であっても、「メジャーリーガー」の名称を使用したいということであれば、先ほど申しましたように、事前に抗弁事由の調査をしておくことも必要かと思われます。

 

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問