JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

patent777に今すぐ質問する

patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 433
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

こんにちは。 町や人物を撮影、公開しようと思っています。 人物には承諾書を作成署名してもらう予定ですが、建物、お

解決済みの質問:

こんにちは。
町や人物を撮影、公開しようと思っています。
人物には承諾書を作成署名してもらう予定ですが、建物、お店などが写り込んだ場合も肖像権が発生するのでしょうか。
また、承諾書作成の際の注意点と、建物お店が写り込んだ場合でも大丈夫な対処法を教えてください。
二点目に、jpや日の丸などといった通称名やシンボルなどを使用する場合に ついてですが、
例えばTシャツに印刷、販売などする場合の手順、注意点はありますでしょうか。
商標登録はできないと聞いたのですが、その点に関しても詳しくお教え頂けたら幸いです。
三点目に、承諾書を頂いた人物の情報を管理したいと考えています。
一般的な事務所などとは違い、こちらから売り込みアプローチ、仕事の紹介などは一切いたしませんが、その他メディアなどへの露出の依頼などがあった場合に限り本人との連絡、仲介をしたいと考えています。
独占契約などはしない考えですが、その場合仲介手数料は取れないでしょうか。
またそういった契約をする際の書類などの必要事項、注意点など、
新事業として考えているので、考えられる全ての答えを教えて頂きたいと思っております。
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 3 年 前.

知的財産権を専門とする弁理士です。

 

1.肖像権について

 

 結論から申しますと、建物やお店には肖像権はありません。

 

 そもそも我が国では、肖像権につきましては、特許権や著作権のような明文規定は存在しません。

 強いて法律上の根拠を挙げるとすれば、憲法13条の幸福追求権に含まれるものとして、1964年の「宴のあと事件」以来、肖像権が社会通念となり、個人の肖像もその対象と考えられるようになったという経緯でできた権利です。


 そのため、著作権の様に自己の顔や肖像に複製権があるというようなものではなく、その肖像写真の公開によって、秘匿すべき私生活(プライバシー)を暴露されないという権利です。

 

 

 そして、その延長線上に、通常のマナーに反する方法で撮影されたり、描かれたりすることを拒否する権利も含まれていると考えられています。


 自分の家の中にいるところを盗み撮りされたり、公開の場でも付きまとって撮られたり、誰が見ても不名誉と思われるような私生活上の写真を公開されるのを拒否する権利といえますが、一般の風景や情景の一部として自分が撮られることまで拒否できないと考えられています。


 したがいまして、肖像権は、あくまでも自然人(人間)を対象としているものですので、人間以外のものには肖像権はありません。

 

 ただし、特定の建物の表札から特定の個人が容易に推測されるような場合には、その建物の所有者についてのプライバシーの問題が生じる可能性があります。そのため、特定の個人を容易に推測できる表札は被写体から除外するのが無難だと思われます。


 以上は、肖像権の観点からのご説明ですが、不法行為の観点から申しますと、店の看板などが掲げられている建物の場合には、その建物を撮影した写真などの利用の仕方によっては、不法行為として損害賠償の対象となるおそれがあります(民法709条)。

 

 その看板が写っている建物の写真を利用して、街の景観を損ねる、などといった書籍や雑誌などに掲載するような場合、すなわち名誉や声望を傷つけるような利用の仕方をしますと、不法行為となるおそれがありますので、注意してください。

 

 承諾書の作成の注意点としましては、使用する目的、どのような使用の仕方をするのか、使用する媒体の内容、使用する期間、使用する地域・国、金銭支払いの有無の確認、仮に金銭の要求があった場合には、額・支払い時期・支払い方法、などといったことを明示することが必要ではないかと思われます。

 

2.商標登録について

 

 商標登録されるためには、出願をして特許庁の審査官の審査にパスしなければなりません。

 

 この審査では出願された商標が、商標法(3条、4条、15条など)に規定されいる拒絶理由のいずれにも該当しなければ商標登録されます。

 

 この拒絶理由の1つに、「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標」は識別力がないので、登録を受けられない、というのがあります(商標法3条1項5号)。

 

 そして「jp」のようにアルファベット2文字のみからなり、普通の構成態様のものは、上記の拒絶理由に該当するため、登録を受けることができません。

 

 一方、「日の丸」についても、商標登録の可能性は低いのではないかと思われます。

 

 「日の丸」の文字をどのような商品や役務(サービス)に使用するかによっては、識別力を有する可能性もありますが、仮に識別力があるとしても、ほとんどの場合、「商品の品質又は役務の質の誤認を生ずるおそれがある商標」(同法4条1項16号)となり、拒絶されると思われます。

 

 また、日の丸の「日本国国旗」そのものにつきましては、「国旗、菊花紋章、勲章、褒章又は外国の国旗と同一又は類似の商標」は登録できないと規定されています(同法4条1項1号)。

 

3.三番目のご質問につきましては、知的財産を専門とする当方としては、詳しくは申し上げられませんが、仲介手数料をとるか否かについて、法的に規制されているということはないのではないでしょうか。

 誠の申し訳ございませんが、このご質問につきましては、専門外となりますので、ご説明は控えさせていただきます。



質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
三点目について専門知識をお持ちの方にご相談させて頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
迅速な対応、大変感謝申し上げます。
一点目に関してはとてもよく分かりました。
大変分かりやすく、参考になりました。
ありがとうございます。
二点目については、捕捉の回答をお願い出来ますと、大変助かります。使用するに当たってどこかに申請、または承諾などの手順は一切しなくても、使用、販売など可能でしょうか?(Tシャツ)なので衣類の製造、販売などに関して。
三点目については、専門知識をお持ちの方にご相談出来れば幸いと考えます。
重ね重ね申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
専門家:  patent777 返答済み 3 年 前.

 商標権の侵害とは、「指定商品もしくは指定役務又はこれらに類似する商品もしくは役務について、登録商標もしくはこれに類似商標を使用し、又は一定の予備的行為」をいいます(商標法25条、37条等)。

 「jp」、「日の丸」につきましては、昨日ご説明しましたように商標登録はされていないと思われます。

 

 ただし、これらの文字やマークであっても、他の文字・記号・図形・立体的形状と結合させて出願した場合、または普通の字体ではなく、特殊な形に変形して出願した場合には、登録される可能性があります。


 その場合に、上述した商標権侵害の定義のように、質問者様が使用予定の衣類と同一又は類似の範囲を指定商品等として、その結合商標なり、特殊態様の商標なりが登録されている場合には、T-シャツに使用した「jp」や「日の丸」と、その結合商標・特殊態様の商標とが類似すると判断される可能性もあります(類似と判断される可能性は極めて低いとは思いますが、全くその可能性がないともいえません)。

 したがいまして、完全に安心して使用したいのであれば、一度、特許事務所に依頼して、調査してもらうという方法も視野にいれてみてはいかがでしょうか。
 数万円程度で調査してくれるところもあります。


 一方、商標権が存在しない場合には、その使用については、何らの申請や承諾は必要ありません。
patent777, 弁理士資格を取得
満足したユーザー: 433
経験: 特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yo-shi

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    232
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YO/yoshi/2014-12-8_21946_face.64x64.jpg yo-shi さんのアバター

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    232
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PA/patent777/2011-10-5_16540_shirtM1.64x64.jpg patent777 さんのアバター

    patent777

    弁理士資格を取得

    満足した利用者:

    431
    特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
  • /img/opt/shirt.png satohk555 さんのアバター

    satohk555

    弁理士

    満足した利用者:

    20
    2010年弁理士試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3316
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

特許・商標・著作権 についての関連する質問