JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

没後50年未満の画家の絵をプリントして他の商品のサービス品としてプレゼントしたら、 著作権に違反しますか? 例え

質問者の質問

没後50年未満の画家の絵をプリントして他の商品のサービス品としてプレゼントしたら、
著作権に違反しますか?
例えば、没後50年以上の画家の作品をプリントして商品として販売します。
そのサービス品として没後50未満の画家の絵をプリントしてプレゼントした場合はどうですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご質問にお答えいたします。

著作権の保護期間は、著作者の死後50年までです(著作権法51条2項)。
ですので、すでに保護期間を経過している没後50年以上の画家の作品ならば、商品として販売しても問題ありません。

しかし、没後50年未満ですと、著作権は存続しています。
著作権の中でも中核となるのが「複製権」(著作権法21条)ですが、無断で「プリント」すると、複製権の侵害となります。

「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内」(30条)でしたら、複製することはできるのですが、ご質問のケースには当てはまりません。

この「複製」は、有償で配付する場合も、無償の場合でも、同じ扱いですので、無断で行うことはできません。

著作権者に許諾をもらう必要があります。

通常、作者の死後、著作権はその遺族が管理しています。
何らかのつてを使って、遺族に連絡を取り、質問者様のご希望の使い方をしてよいかどうか、ご相談なさることをお勧めいたします。



============================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価と、ボーナスも頂きまして、ありがとうございました。
質問者様のお悩み解決のお力になれましたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問