JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

出版社からの委任により、ある書籍の著作権を主張している弁護士がおります。 しかし引用元を示さずに無断引用をして

質問者の質問

出版社からの委任により、ある書籍の著作権を主張している弁護士がおります。

しかし引用元を示さずに無断引用をしている疑いがあるため、追究したところ、
「第三者による記事もあるが、すべて【適切な権利処理】をしている」と返答します。

【適切な権利処理】とは具体的にどういうプロセスなのかを聞いても返答しません。


①出版社から法的対応を委任されている弁護 士なので、返答する義務があると思いますが、返答する法的義務、返答しない場合の義務違反、処分などはあるのでしょうか?

②もし【適切な権利処理】などなかったか、またはあったことを未確認のまま「すべて【適切な権利処理】をしており法的に全く問題ない」と返答しているなら、弁護士が虚偽の証言をしていることになると思います。

この場合の義務違反、処分などはあるのでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご質問にお答えいたします。

基本的に、裁判以外で、質問に対する返答について、法的義務はありません。
虚偽の証言と言いましても、裁判等では偽証罪の適用もありますが、ご質問のケースでは当てはまらないかと思います。

(偽証)
法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、三月以上十年以下の懲役に処する。
(刑法169条)

ご質問の「書籍」は、質問者様に著作権のある著作物でしょうか。
その場合は、相手方が質問者様に許諾を得なければいけませんので、「適切な権利処理」がなされているかどうかはすぐに分かります。
しかし、質問者様とは別人が著作権を持つ著作物の場合ですと、客観的には質問者様は、相手方にとっては当該書籍とは関係ない第三者、と見られるでしょうから、返答しないのかもしれません。
当事者以外の第三者に、当事者同士の契約(権利処理)の内容を明かすのは、逆に守秘義務違反になるおそれもあり、開示できないことも、じゅうぶんに考えられます。

著作権の権利処理は、基本的に当事者同時の契約によってなされますので、周りから見ると、どういう処理がなされたのかは、分からないのが一般的かと思います。
そういうこともあって、著作権侵害で訴えることができるのは、その著作権を持つ、権利者に限られています。
その権利者からの告訴がなければ、警察も動いてくれませんし、裁判を起こすこともできません(著作権法123条1項)。


たしかに、本を読んだり、ウェブサイトを見たりしている時に、「この使い方はおかしいのではないか」と思うことは、しばしばあります。
その時に当事者ではない自分ができることは、著作権者に連絡して、「こういう使い方をしている人がありますが、ご存じですか?」と教えてあげるくらいしかできないのが実情です。


以上、回答と致します。
あくまで一般論でお答えいたしましたので、当てはまらないところもあるかもしれません。
分かりにくいところ、実際には違うところ等ありましたら、具体的にお示しいただけましたら、改めてご回答いたします。
よろしくお願いいたします。


===================================================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問