JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
patent777に今すぐ質問する
patent777
patent777, 弁理士資格を取得
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 469
経験:  特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
61167350
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
patent777がオンラインで質問受付中

2万人くらいが住む地域を対象に2000部のミニコミ誌を無料で配布しています。先日地域住民を対象に映画「エンディングノ

解決済みの質問:

2万人くらいが住む地域を対象に2000部のミニコミ誌を無料で配布しています。先日地域住民を対象に映画「エンディングノート」のビデオ上映会が行われました。そのとき、上映されたスクリーンをホームビデオで撮影しました。その撮影から数カット選び、ミニコミ誌上に掲載し、映画エンディングノートの紹介をしようとしています。このような場合、カットした写真の掲載が著作権上の問題を生じますでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  patent777 返答済み 3 年 前.

 知的財産権を専門とする弁理士です。

 

 結論から申しますと、著作権のうち複製権(著作権法21条)の侵害になると思われます。

 

 著作権で保護されるには著作物でなければなりませんが、映画の場合、映画全体のみならず、個々のシーンも著作物となり得ます。

 

 また、著作権法上、複製とは、「印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再生すること」をいいますので(同法2条1項15号)、カットした写真は複製物となり、それをミニコミ誌に掲載することは複製となります。

 

 複製しても侵害とならない場合とは、私的使用の目的で複製する場合(同法30条)と引用に該当する場合(32条)です。

 

 私的使用の目的での複製とは、「個人的又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する場合」をいいますので(同法30条1項)、2万人の地域を対象とする場合は、例え無料であっても、私的使用の目的とはなりません。

 

 一方、引用とは、「公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行う必要があります。」

 

 映画の紹介をするために「映画のカット写真」が必ずしも必要とは言い難いと思われますので、引用が認められるのは難しいように思われます。

 

 したがいまして、掲載するには著作権者の承諾を得た方がよろしいかと思われます。

 

patent777をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問