JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 238
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

自費出版で紙媒体の本を制作しています。 その内容に一般に流通しているお勧めの本や音楽、映画を紹介するくだりがあ

質問者の質問

自費出版で紙媒体の本を制作しています。

その内容に一般に流通しているお勧めの本や音楽、映画を紹介するくだりがあります。
その紹介として自分で撮影した本の表紙やDVDを流したテレビ画面の写真を使用することは著作権法に触るのでしょうか?引用にはあたらないですよね?
(こちらで同じような内容がありましたが、再確認のため質問させていただきます)

撮影の仕方によって変わることはあるのでしょうか?例 えば風景の中にポツンと本を置いて撮影する、など。
また、撮影した本やテレビ画面には、その中に登場するキャラクターが写っています。
そうすると、出版社や制作会社だけではなく、イラストレーターやデザイナーにも著作権があると思うのですが、そのような認識で間違いないでしょうか?
撮影した写真自体が作品性を帯びたものだと状況は変わるのでしょうか?
JACによる複写許諾システムというのは、また別の使用方法なのでしょうか?

このような場合、許諾を取るには具体的にどのような手続き・書面が必要でしょうか?
出版元が海外である場合、手続きを代行してくれるところはないでしょうか?
使用料に関しては相場はないとこちらで読みましたが、代行業者が存在する場合、おおよそどれくらいの費用と期間を念頭に入れておいた方がいいでしょうか?
JRRCのサイトで調べてみましたが、該当する著作が見つかりませんでした。

制作する本は値段を付けて売る予定です。

初歩的な質問ですが、宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
ご質問にお答えいたします。

■1つめは、
「ご自分で撮影された本の表紙やDVD映像の写真」を、自費出版される本に掲載される、ということだと了解いたしました。

厳密に言えば、本の表紙にもDVD映像にも著作権があり、無断で使うことはできないのですが、その本や番組を紹介するというシチュエーションでは、特に問題にならないことが普通です。
新聞や雑誌で書評を書く時に、その本の表紙写真を掲載することがよくありますが、それと同じです。宣伝になるので、黙認されているというのが実情です。
ただし、相手をボロクソに書くなど、批判的に行う場合は、黙認せずに、著作権侵害を言ってくる場合もありますので、注意が必要です。

それと、その本やDVDを紹介する目的で写真を掲載する場合は、引用ともいえると思います。
著作権法上の「引用」(32条)とは、

公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

と規定されています。
作品を紹介する時に、表紙等の写真を掲載することは、「公正な慣行に合致している」と言えますし、紹介という目的にも合いますので、要件に該当します。

その場合は、表紙や映像を改変せず、そのまま使うようにしてください。
また、その表紙や映像が、該当の書籍やDVDのものだと、明瞭に分かるようにしておく必要があります。


■2つめは、
ほぼ同様ですが、著作権を持つ人について、補足いたします。
キャラクターの著作権は、元々は作ったイラストレーターもしくはデザイナーに発生します。
基本的には、出版社は著作権を持ちません。
(作者から出版社に譲渡するという契約がなされていれば別です)
映画の場合は、映画会社に著作権が帰属することもあります。
「撮影した写真自体が作品性を帯びたもの」の場合、変わってくるのは、その写真自体の著作権です。
写真に創作性があると認められれば、撮影者(=質問者様)にも著作権が発生しますし、創作性がなければ、元の作品の著作権だけです。

「JACによる複写許諾システム」とは、あくまで一般社団法人学術著作権協会が権利委託されている著作物に限ります。
質問者様の使いたいとお考えの本等は、ここに委託されている物でしょうか?
対象は、以下のページに載せられているようです。
http://www.jaacc.jp/reference/about/


■3つめに、許諾手続についてです。
JRRCも、上記と同じく、委託されている作品について、許諾を出せるだけです。
従いまして、JRRCに委託されていなければ、原則としてご自分で著作権者に許諾をもらわなければなりません。

書かれていますとおり、金額は、権利者の言い値です。
事前に、本の販売価格や、頒布数などから、「これくらいなら出せる」という金額を考えておき、まずは「無償で使っていいか」と打診してみたらいかがでしょうか。
そこで、先方の金額規定があればそれに従い、高すぎるようなら、あらかじめ考えておいた金額を提示し、交渉してみる、というのが一案です。


ただ、はっきり言って煩雑です。
自分がご質問のようなことを行うとすれば、「引用」のルールに従って使うようにすると思います。
「引用」にしてしまえば、権利者からの許諾も必要なく、無断で使うことができます。

著作権とは、まず著作者に大きな権利を与えて、他者が利用したい時は著作権者から許諾をもらう、というのが原則です。
その例外として、「引用」等の著作権制限規定があります。
つまり、著作権を制限して、「こういうルールを守れば、著作権者から許諾を得ずとも、無断で使ってもいいですよ」という規定です。

しかしながら、「引用」規定は曖昧なため、実際にはケースバイケースになってしまうことが多いです。

引用が認められるかどうかの基準として、「どうしてもそれを入れないと、自分の作品が成立しない」という状況かどうか、と考えてみられたら、よいかと思います。
そういう状況でしたら、引用が認められる可能性は高いと思います。


以上、お答えいたします。
いくつかの仮定を元に書きましたので、状況が異なっているところ、また、分かりにくいところがありましたら、具体的にお示しくださいませ。
改めてご回答いたします。
よろしくお願いいたします。


==========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

大変わかりやすいご回答をありがとうございます。


 


>「ご自分で撮影された本の表紙やDVD映像の写真」を、自費出版される本に掲載される、ということだと了解いたしました。
その通りですが、厳密に言いますと、撮影・テキストは別の方が担当しており、共同制作です。
(これは同じことですよね?)


 


JACによる複写許諾システムでは紹介したい本は見つけることができました。
ですが、今回使いたいのはこちらで撮影した写真なので、当てはまらないのではないかと思いました。


 


雑誌などの書評では許可を得ていないということを知り、驚きでした。
また、引用として写真を使用できるというのは大変嬉しい情報でした。


 


>その場合は、表紙や映像を改変せず、そのまま使うようにしてください。
とありますが、テレビ画面(DVDを流している)をアップで撮影している場合は改変したことになるのでしょうか?(テレビの枠が写っていない状態や、斜めの角度から撮影している場合、もしくは一部しか写っていない場合)


 


>また、その表紙や映像が、該当の書籍やDVDのものだと、明瞭に分かるようにしておく必要があります。
これは本文の最後に「出典」として明記すれば問題ないでしょうか?
写真の近くに明記しているものも見かけます。どちらでもいいのでしょうか?


 


どうぞ宜しくお願いいたします。

専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございました。

> その通りですが、厳密に言いますと、撮影・テキストは別の方が担当しており、共同制作です。
> (これは同じことですよね?)

 

なるほど。

それならば、厳密に言いますと、「撮影・テキスト」部分は、その「別の方」が著作権を持つことになります。

その写真と文章の完成に、質問者様が欠かせない役割を果たしている場合は、「共同著作物」となる場合もなくはないですが、原則としては創作者たる「別の方」の著作物になってしまいます。

(判例として、マンガ『キャンディ・キャンディ』の原作者と作画者がもめた際、原作と絵とはそれぞれ別の著作物であると言われています)


そこで、あらかじめ、「この本は、質問者様と『別の方』との共同著作物である」という契約を結んでおけば、その部分の著作権は共有になります。

共同著作物
二人以上の者が共同して創作した著作物であつて、その各人の寄与を分離して個別的に利用することができないものをいう。
(著作権法2条1項12号)


> JACによる複写許諾システムでは紹介したい本は見つけることができました。
> ですが、今回使いたいのはこちらで撮影した写真なので、当てはまらないのではないかと思いました。

それならば、これは考えなくてよろしいかと思います。


> >その場合は、表紙や映像を改変せず、そのまま使うようにしてください。
> とありますが、テレビ画面(DVDを流している)をアップで撮影している場合は改変したことになるのでしょうか?(テレビの枠が写っていない状態や、斜めの角度から撮影している場合、もしくは一部しか写っていない場合)

おっしゃるような撮影方法ならば、改変にはなりません。
改変とは、例えば、色を変えるとか、映っている人物の顔を差し替えるとか、他の映像と切り貼りするというように、素材そのものを変更してしまうことです。


> >また、その表紙や映像が、該当の書籍やDVDのものだと、明瞭に分かるようにしておく必要があります。
> これは本文の最後に「出典」として明記すれば問題ないでしょうか?
> 写真の近くに明記しているものも見かけます。どちらでもいいのでしょうか?

できれば、写真の近くがいいです。
ただ、そこの文章があって、その中で触れられていれば、大丈夫です。
これも、書評をイメージしていただければよいのではないかと思います。

どうしてもスペースがなければ、印を付けて他の場所に記し、そこにあることを読者がすぐに認識できるような状態になっていれば、問題ありません。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

有り難うございます。
自費出版する本の著作権に関して理解しました。
奥付にも明記しておくつもりです。


引用方法も具体的に示していただき有り難うございます。
レイアウトする際に参考にさせていただきます。


これで気持ちよく制作に取りかかれそうです。


有り難うございました。

専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
評価と、ボーナスも頂きまして、ありがとうございました。
お力になれたこと、うれしく思います。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問