JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

yo-shiに今すぐ質問する

yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 231
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

ネットオークションについて御伺いします。安易な考えで儲けたくて、同じ人から商品をたくさん落札しました。  其れを出

質問者の質問

ネットオークションについて御伺いします。安易な考えで儲けたくて、同じ人から商品をたくさん落札しました。 
其れを出品し、、転売しました。著作権の事が無知で、その際に商品名と説明文を最初の内は殆どコピーしました。2月になって転売禁止と著作権違反だからと法的手続きも考えていると連絡があり、5月に法的手続き中と連絡ありました。オークションの写真は自分で撮っています。転売は特に問題はないと思うのですが、商品名と説明文のコピーが違反行為になるのかお聞きしたいのです。もし、違反に当たるのでしたら、対処の仕方をお教えください。尚、アイドル直筆サインが大半です。
オークションの説明では、
商品について、個人の意見や評価がはっきり書かれた文章は「著作物」とみなされ(※1)、これをそのまま無断で使うのは違法。ただし、商品名や品番など、単に事実を述べた文章は「著作物」にあた らないため、法律で保護されません。
※1「著作物」とみなされ著作物とは「思想、感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術、音楽の範囲に属するもの」(著作権法2条1号)。作者の事実に対する何らかの評価、意見が表現され、なおかつ個性が発揮されていれば「著作物」とみなされる。
と記載されていました。
一部ですが、出品者のオークション記載の説明文を転記します。
◎AKB48トレーディングカードpart2発売記念限定
展示用直筆サインカード抽選プレゼント
1of1,only1
保存状態も良好です。
委託品ですが白手袋を使って扱っています。
◎∞Photo∞シリーズ激レア(★★★)
抽選プレゼント企画当選
10枚限定直筆サイン&イラスト入り写真
裏面は金字のDNPでシリアルナンバー入り。
3枚セット
保存状態も良く大変貴重な商品です。
委託品ですが商品チェック済みです。◎※こちらは通常バージョンです。
プレミアのメタリックバージョンではありませんが
直筆サイン入りです。
PremiumAKBと裏に刻印が入っているKodakペーパの
プレミアメタリックバージョンをお持ちの方がいらっしゃれば
こちらの商品の即決価格の倍で買い取りを検討しています。
09/10
∞Photo∞シリーズ激レア(★★★)
抽選プレゼント企画当選
10枚限定直筆サイン&コメント入り写真
裏面は金字のDNPでシリアルナンバー入り。
保存状態も良く大変貴重な商品です。
委託品ですが商品チェック済みです。
※買い取りにつきましては質問欄よりお願いします。
外部取り引きは致しませんので楽天オークションを利用しての買い取りとなります。既に持ち込みでの買い取りがされていた場合などこちらの都合で買い取りできないこともあります。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ご質問にお答えいたします。

転売については、「問題ない」とのことですので、ここでは触れません。
(販売者・購入者の合意事項になりますので)

著作権の問題ですが、一般論から言って、このようなオークションの出品説明文が、「著作物」となるかというと、厳しいと思います。
つまり、この説明文の著作権を侵害している、という相手方の主張は、通らないのではないかと思います。

著作物と言えるかどうかの最終的な判断は、裁判所が行いますので、ここで100%の断言はできません。
ただし、著作権法において「著作物」とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。 」(2条1項1号)と定められていて、要は「創作的」という部分です。
創作性がなければ、著作物にはならないのです。
言い換えると、誰が書いても同じようになる文章や、ただ単に事実を伝えるだけの文章には、著作権は発生しないのです。

参考になる判例として、2つ、ご紹介いたします。
ネットで検索すると、たくさん情報が出てきます。

■ラストメッセージin最終号事件
http://d.hatena.ne.jp/iplaw/19951218/p1

■交通安全スローガン事件
http://www.u-pat.com/d-20.html


相手方は、何とかして質問者様の行為をやめさせたい、そのために、突っ込むことのできる場所を探して、まずは手当たり次第にできることをやっていこう、ということなのではないかな、と感じます。
逆の立場でもそうしますので。

従いまして、結論としては、「著作物には当たらないから、著作権は発生せず、問題にはならない」と主張されるとよいのではないでしょうか。

以上、お答えいたします。
ご不明な点がございましたら、具体的にお知らせいただけましたら、より詳しくご回答いたします。
よろしくお願いいたします。

=========================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

大変良く分る回答を頂き有難うございました。少し気になる点があります。転 売についてですが、相手の自己紹介の説明文を観らずに行った私の不徳の至りですが、説明文には記載していました。相手は転売も問題に当たると言ってきてますが、同義的責任はありますが、オークションと言うのは欲しい人がいるから出品しているのであり、出品者本人も儲けたいからだと思っていますので、問題ないと私は解釈していますが、合意がなければ違法でしょうか?それと万が一裁判になれば、相手の所轄の裁判所に行かなければいけないのでしょうか?それと、30品目足らずの転売をしたのですが、あまりにも数が多く、之が裁判になった時に、不利に働くのではと心配しています。宜しくお願い致します。

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.

「転売」という行為自体は、「違法」ではありません。
ただ、「転売禁止」と書かれている物を転売した場合、契約違反(法律上は「債務不履行」)として、損害賠償を求められるおそれはあります。
特に、芸能人のサイン等の場合は、事務所が厳しく管理している場合もあります。

しかし、本来は自分が購入した物を他人に売るのは、自由です。
従いまして、法律違反ということではなく、あくまで「契約違反」となります。

その契約とは、文書でも口頭でも、法律上は変わりません。
その契約がどうなっていたか、の認定は、かなり細かい話になり、ケースバイケースですので、このサイト上でお答えするのは難しいと思います。

「転売禁止」と、あらかじめ書かれていなかったのでしたら、全く問題ありません。

裁判になった場合ですが、民事訴訟法に「管轄」という規定があり、原告(訴えた側)・被告(訴えられた側)それぞれが公平になるよう、どの裁判所で審理を進めるべきか、細かく決められています。
先方は、自分に有利な裁判所に提起するでしょう。
実際に訴訟になれば、個人では対処するのは大変ですので、対策を弁護士に相談したほうがよいと思います。

品数が多いのでは、ということですが、何百、何千という転売を行っている人や業者もあるので、「あまりにも多い」というほどではないとも言えます。

以上の状況ですが、質問者様としては、相手方が弁護士を通じて、正式に抗議してきた場合に対処すればよいと思います。
オークションを通じて連絡してきただけならば、相手もどこまで本気なのか分かりませんし、慌てる必要はありません。

まずは落ち着いて、もう少し様子を見ましょう。

最後に、実際に訴訟に向けて動き出した場合、質問者様が相談しやすい場所をご相談いたします。
(知り合いの弁護士があれば、まずそちらでよいと思いますが)

法テラス(無料相談)
http://www.houterasu.or.jp/


また、地域の無料法律相談もあると思いますので、ご活用下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

すみません、最後に1つだけお願いします。出品者と落札者が合意してなければ違法なのでしょうか? あまり定かではないのですが、私が転売するのを観つけてから、自己紹介説明文に転売禁止等を記載した様に思います。それと私は他の方に転売した商品は取引終了時に削除していますので、略歴には残っていません。それとオークション終了してから法的手続きはどれ位の間までにすれば有効なのでしょうか?

以下が相手の評価です。

同じ文面4回

◎商品説明無断転用での転売は著作権の侵害行為となります。ルール違反なのでこの評価となります。
ほか転売が確認できたので入札制限にさせていただきます。 (評価時間:2013年2月21日 13:36)

 

◎Yahooオークションで著作権侵害による転売を確認出来ました件で法的手続き中です。 (評価時間:2013年5月3日 19:43)

 

ネットで検索したらこんなのがありました。

転売禁止は有効?

「転売を禁止します」という出品をたまに見かける。不幸にして(?)落札してしまった場合その商品は未来永劫売却することはできないのであろうか。購入した以上、所有権は落札者にあるはずなのに、果たしてこの「転売禁止」とは法律的に意味のあることなのだろうか。

実は、オークションは「出品者は最高額を提示した入札者に売却します」、落札者は「この金額で購入します」、つまり、出品者は「売ります」、落札者は「買います」との意思の一致 に基づく自由契約が成立していることになるのだ。この契約は公序良俗に反しない限り自由に行うことができるので、「転売禁止」も有効な特約となる。落札者は売買による所有権の取得に停止条件が付けられていることになり、その特約に反した場合は所有権を主張できないことになる。これは、どのように所有者が変わったかにより財産的価値が変動する、例えば、美術品や不動産などにこのような特約が付されていることも多くあることから容易に理解できるものと思う。

つまり、所有権の主張は契約条項を遵守してのことなのだから、オークションで「転売禁止」となっているものは転売ができないということになるのだ。

しかし、このように考えるとちょっとおかしいと思う方もいるだろう。なぜなら、オークションに出品するような状況下で、果たして所有者がどのように変わったかによる財産的価値が変動することまでを考えて「転売禁止」にしているかどうかである。オークションに出した時点で、出品者も既に転売しているわけであり、殆どの場合は「自分が売却した価格以上で売られたら嫌だ」という単純(身勝手?)な理由で「転売禁止」としているのではないだろうか。

とすると、先の契約は、財産的価値云々よりも「転売禁止」にしておけば自分が売却した価格以上で売られることもないだろう、ひいては嫌な思いをすることもないだろうという軽い気持ちでそうしているのであるし、また、落札者にしても「転売禁止」って書いているけど本当に「転売禁止」なの?と言った次元で考えているのであろう。(もちろん例外もあるが)

とすると、どっちもどっちで、果たして法律論議するに値するものであるかどうかである。

 

◎委託品も数多くあり、入手先は分かりませんが関係者からの入手と言うのもありました。

 

※事があれば弁護士さんに相談の予定です。回答宜しくお願い致します。

 

 

専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
転売禁止表示が事後的になされたものであれば、質問者様はごらんになっていないわけですから、その表示は 無効です。表示のない画面が記録してあれば、裁判でも使える証拠になるのですが。

お調べになったように、転売禁止表示がどこまで有効かは疑問です。
出品者の立場にもよるでしょうし、まさにケースバイケースです。

出品者の「法的手段」が何を指しているかが不明なので、訴状が届いてからの対処でも大丈夫です。
出品者のせりふをうのみにする必要はありませんので、落ち着いて待ちましょう。
いきなり刑事罰になることは考えにくいので、ご安心ください。今できることは、上記画面のように、質問者に有利な証拠を集めておくことです。

yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
満足したユーザー: 231
経験: 中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 3 年 前.
ボーナスまで頂きまして、ありがとうございました。
先ほど書き漏らしましたが、時効までには年単位の時間がかかりますので、今はあまり考えなくてもよいと思います。
無事解決となりますよう、応援しております。
またお困りの点がございましたら、ご質問下さいませ。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YO/yoshi/2014-12-8_21946_face.64x64.jpg yo-shi さんのアバター

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    231
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PA/patent777/2011-10-5_16540_shirtM1.64x64.jpg patent777 さんのアバター

    patent777

    弁理士

    満足した利用者:

    414
    特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
  • /img/opt/shirt.png satohk555 さんのアバター

    satohk555

    弁理士

    満足した利用者:

    20
    2010年弁理士試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3271
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

特許・商標・著作権 についての関連する質問