JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

ガラス細工を作っています。 依頼を受けてガラス細工を作成・加工しながら撮影したのですが、 著作権についての契約が

質問者の質問

ガラス細工を作っています。
依頼を受けてガラ ス細工を作成・加工しながら撮影したのですが、
著作権についての契約がされていないうちに公開されてしまいました。
制作費用分については料金を貰っていますが、
映像に使われる著作権使用について未契約です。
メーカー>一次受け(広告代理店?)>映像制作会社>自分
という商流になっています。
映像制作会社から制作費用分は貰いましたが、
著作権や今後の利用については一次受けから連絡がいくので
後は直接やってくださいとのことでした。

はっきり言って適当な仕事の進め方ばかりされたので、
まともに交渉もしたくありません。
どのような流れで進めれば強制的に使用差し止めや
利用料支払いをさせるようにできるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
ご質問にお答えいたします。

まず結論を申しますと、質問者様はガラス細工の著作権者として、著作権侵害で訴え出ることが可能です。
その場合、請求できることは、使用の差し止めと損害賠償です。

前提として、以下のように考えましたので、異なっていればご指摘くださいませ。

・当該ガラス細工を素材とする映像を、質問者様が制作され、それを映像制作会社に納品後、メーカーのCMになった。
・元々は、ガラス細工の制作費用に加えて、CMに使うための著作権の利用料金が広告代理店から支払われることに なっていた。
・その料金は、公開前に支払われることになっていた。
・質問者様は、制作されたガラス細工の映像を映像制作会社に納品された際、「公開してもよい」との許諾は出していない。
・広告代理店に連絡を取ったが、料金を支払おうとしない。

以上の状況でよろしいでしょうか。
できましたら、広告代理店がどのように言っているか、主張の概要を教えていただけますと、より適切な回答ができます。

上記の状況でしたら、質問者様が主張できる権利として考えられるのは、
・上映権(著作権法22条の2)
・公衆送信権(23条)
・公表権(18条)
等です。
これらを侵害したとして、差し止め並びに損害賠償を、請求することができます。


では、どのような段取りで進めるか、ですが、
あくまで広告代理店が支払いを拒否するようなら、弁護士に入ってもらうべきでしょう。
まだそこまで険悪でないなら、「利用料金を支払わないなら、著作権侵害で訴える」と伝えて、警告を行うべきだと考えます。

弁護士は、依頼できる心当たりがなければ、まずは自治体の無料法律相談や、「法テラス」という機関に相談することをオススメいたします。

広告代理店との話がどこまで進んでいるのか、という状況次第ではありますが、たいていは警告の段階で支払われることが多いと思います。

かなり仮定を前提としてお答えいたしましたので、合わない部分があるかもしれません。
その場合は、具体的に教えていただけましたら、さらに詳しくご回答いたします。

よろしくお願いいたします。


==============================
書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
ご質問の解決につながりましたら、評価を入力していただきますよう、お願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


前提ですが、


・自分は映像に使われるガラス細工の製作・現地撮影時の加工を担当し、映像制作(撮影・編集)などは行っていません。


・著作権の話はこちらから契約の必要がある旨伝えただけで、詳細は全く話していません。


・著作権の話は一次受けの担当者から連絡があるからあとは直接やり取りしてくださいと、自分に対する発注元である製造制作会社から伝えられたが、連絡もないままWEBに映像が掲載された。


・制作費用以外に作品の著作使用料を契約して支払ってほしいのが希望


 


となっています。


 


この状況で著作権契約についてきちんと契約することができるのか?


契約は現状でどこと契約することになるのか?


掲載サイトはメーカーのサイトになりますし、発注は製造制作会社ですし、連絡があるといわれているのは1次受けの会社になります。


 


連絡があるからと言われた1次受けの会社の担当者の情報は名前しか伝えられておらず、こちらからは連絡できません。

専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございました。
状況が分かりました。

そういたしますと、映像を制作したのは、映像制作会社なのですね。
その会社とどういう話をしていたのかが問題になってきますが、今のままですと、「言った、言わない」の押し問答になりかねません。

ですので、まず質問者様のご希望を先方にハッキリと伝えて、そのうえで交渉するしかないかと思います。
ただし、心配なのは、強く交渉していくことに伴って、今回取引された相手との仕事は、今後は厳しくなってくる可能性があります。
それだけはご承知くださいませ。


1次受けの会社(以下、広告会社)の連絡先は残念ながら分からない、ということですが、住所はお分かりではないでしょうか。

そこで、担当者に直接電話やメールができなくても、担当者名宛で、ご要望を書いた書面を送ってみてください。
また、メーカーの住所宛にも、同じものを送っておきましょう。

内容は、概略以下の通りです。

・映像に使われたガラス細工の著作者・著作権者は自分であること
・映像制作会社の不手際により、著作者たる自分の許諾のないままに、ガラス細工が利用されてしまい、困っていること
・まだ、ガラス細工の公表は認めていないこと
・WEBへの掲載はまだ認めていないこと
・著作物利用料を支払ってもらえれば、当該映像の差し止めや損害賠償は求めない意向であること

これらを書いておけばよいでしょう。

裏付けとなる、質問者様の権利は、先に書きましたように
・上映権(著作権法22条の2)……無断で上映されない権利
・公衆送信権(23条)……無断でWEBで配信されない権利
・公表権(18条)……無断で公表されない権利
があります。
これらが侵害された、ということになります。
これらの著作権(及び著作者人格権)の侵害を主張していき、あとは先方がどういう対応をしてくるかによって、変わってくると思います。

今回のやりとりをお聞きすると、先方にもそれなりの言い分があるように感じられます。
映像制作会社から広告会社に納品された際、著作権の処理は終わっている、と伝えられたのかもしれません。
ですから、広告会社及びメーカーは、質問者様の権利を侵害したとは考えていなかった可能性もあります。
よって、まずこちらの状況を伝えた上で、お互いにある程度譲歩して、冷静に交渉することが必要でしょう。

どのように書面を仕上げ、交渉していくかは、やはり弁護士に入ってもらったほうが安心です。
先にお答えいたしました相談先で、聞いてみてください。

法テラス
http://www.houterasu.or.jp/


ご不明な点があれば、また具体的にお示しくださいませ。
できる限りのご説明をいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
複雑な案件ですが、無事解決となりますよう、心より念じ申し上げます。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
複雑な案件ですが、無事解決となりますよう、心より念じ申し上げます。
またお困りのことがございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問