JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 976
経験:  行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
62663831
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

契約に関する取り決めについて質問です。 今度、特殊な技術を伝授するセミナーを開催する予定なのですが、この技術はとて

解決済みの質問:

契約に関する取り決めについて質問です。
今度、特殊な技術を伝授するセミナーを開催する予定なのですが、この技術はとても秘匿性が高く守秘義務を課して教えようと考えています。その際に書面にて契約を交わすようにしたいと考えています。以上のような守秘義務を課すセミナーは法律上問題ないのでしょうか?又は守秘義務を課さなくてもプログラムの保護という著作権の見地からみれば、僕がセミナーで教えたないようを生徒がそのまま人に金をもらって教える場合は著作権の侵害になるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.

著作権で保護されるのは表現であってアイデアやノウハウではありません。
従って、ご質問者様が配布したプリントをそのままコピーして再配布したり、
講義で聞いた内容をそっくりそのまま話せば著作権侵害になりますが、
そうではなく、セミナーで学んだ内容を自分なりに理解して、自分の言葉で
話す場合には、(ノウハウ的な意味では全く同じであっても)著作権侵害
にはなりません。

守秘義務を課すこと自体には基本的に問題ありませんが、そのノウハウの
価値と秘密保持の範囲のバランスがあまりにもいびつな場合には、無効と
判断される可能性もありますので注意が必要です。

何でもかんでもダメだ、としてしまうと、かえって裁判等になった場合に
無効だと判断される可能性が高くなります。
従って、セミナーで教えた全部、ではなく、セミナーで教えたノウハウの
うち、この部分、という保護する範囲を明確に狭く定めた方が、より有効な
形で、秘密保持契約を締結することができるでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の回答ありがとうございます。秘密保持契約について少し詳しく教えて頂きたいのですが、これを書面でかわす際の参考になるサイトがありましたら教えてください。要点としては秘密保持の部分の明確化と漏洩したときの損害の賠償を課すこと、署名させることだと思うのですが、主題は「秘密保持契約に関する同意書」とすればよいのでしょうか?

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
タイトルとしては「秘密保持契約書」とすることが多いですね。

秘密保持契約について、何点か参考になりそうなサイトをご紹介いたします。

大阪工業大学(秘密保持契約書 ひな形)
http://www.oit.ac.jp/japanese/sangaku/liaison/data/himitsu01.pdf

東北大学 産学連携推進本部
http://www.rpip.tohoku.ac.jp/main/himitsu.html

日本弁理士会(研修資料)
http://www.juju-law.jp/wp-content/uploads/2012/09/20111119.pdf


houmuをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中

特許・商標・著作権 についての関連する質問