JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

著作権についてお伺いします。いま本を書いているのですがインターネットのウィキペディアから引用する必要性が多くなってき

質問者の質問

著作権についてお伺いします。いま本を書いているのですがインターネットのウィキペディアから引用する必要性が多くなってきております。
ここで質問ですが、ウィキペディアのような辞書による引用方法は普通の他者の本を引用するのと同じルールなのでしょうか?また、ウィキペディアに掲載されている写真を著書に載せる場合のやり方などあればご教示ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
お答えいたします。

ウィキペディアからの引用であっても、ルールは変わりません。
著作権法32条に規定されています。

第三十二条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

ウィキペディアは公表された著作物と言えますので、
・公正な慣行に合致し、
・正当な範囲内で行う
ことが必要になります。

この条文では、どのようにすれば引用できるのか分かりにくいですが、裁判所は、次のように判断しています。

・自分の著作物と、引用しようとする著作物(ウィキペディア)と、明瞭に区別されていること。
・自分の著作物と、引用しようとする著作物(ウィキペディア)と、主従関係があること。
 つまり、自分の文章がメイン、ウィキペディアの文章がサブになっている、ということ。


また、48条で、出所の明示が義務づけられています。

写真については、その写真ごとに使える範囲が注記されています。
写真をクリックしてみてください。
下部に、書かれていると思います。

ケースバイケースになってしまうので、ここではハッキリとお答えできないのですが、一つ言えますのは、昭和31年(1956)以前に発行された写真の著作権は、消滅している、ということです。
ですので、これより古い写真は、掲載自由です。

以上、簡単ですが、お答えと致します。
分かりにくい点は、ご質問くださいませ。
よろしくお願いいたします。


=========================
主に校正を仕事としてきたため、書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

昭和31年以前の写真の著作権の消滅について、少し詳しく教えて頂きたいのですが、これは世界共通の認識でよろしいのでしょうか?

専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございました。

はい、どの国の問題ありません。
といいますのは、日本国民が創作した著作物、そして日本国内で最初に公表された著作物には、日本の著作権法が適用されるからです。

質問者様が日本人であればなおさらですが、少なくともご執筆中の書籍を日本国内で発刊されるのでしたら、日本の著作権法で考えていただければ大丈夫です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

すいません質問がアバウトすぎたのかもしれません。例えばですが、外国で創作したものがあったとして、日本でそれを使う場合はそれを日本に持ち込んだで発表された時期が昭和31年以前という考え方でよろしいのでしょうか?それとも外国で創作したものが昭和31年以前であれば、著作権が消失しているものだと認識すればいいのでしょうか?

専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
これは後者です。著作権の保護期間は、創作時が起点になります。
日本国内で使われるのであれば、昭和31年以前に創作された写真は、著作権保護期間が切れています。
その写真は、日本で創作されたもの、外国で創作されたものを、問いません。

著作権の相互主義と言いまして、保護を受けようとする国で定められた期間、保護すればよいことになっています。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
ご質問解決のお力になれたなら、うれしく思います。

補足として、「相互主義」は正確には「短いほうの保護期間だけ、保護すればよい」ということなのですが、ご質問の趣旨は、質問者様の書籍によって著作権侵害が起きないようにしたい、ということだと理解いたしましたので、上記のような回答を致しました。

素晴らしいご著書のご発刊を、応援しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

特許・商標・著作権 についての関連する質問