JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

息子がネット上で著作権侵害の罪で警察に逮捕された、現在拘置所に送られた、詳しい状況はわからないからとても心配。真面目

質問者の質問

息子がネット上で著作権侵害の罪で警察に逮捕された、現在拘置所に送られた、詳しい状況はわからないからとても心配。真面目な子なのに、助けてあげたい、よりいい方法を教えて欲しい、お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
たいへんな状況にお困りのご様子、お察し申し上げます。

まず、落ち着いて対処することが必要です。
まだ「逮捕されただけ」です。
有罪が確定したわけでもなければ、刑罰を受けているわけでもありません。
不起訴になって釈放されることもまれではありません。

親御さんとしてできることは、弁護士に相談することでしょう。
最低限、国選弁護人がつきますが、もし、信頼できる弁護士がいれば、その方に依頼するほうが賢明です。

国選でも何でも一生懸命やってくれる弁護士さんがほとんどですが、中には「報酬が安い」等の理由で、手を抜く人もあると聞きます。
費用はかさみますが、自分で弁護士を選任できれば、そのほうがよいかと思います。

心当たりの弁護士がいなければ、法テラスを利用するなどして、著作権問題に詳しい弁護士を探してみてください。
弁護士にも専門があるので、著作権の問題を取り扱っている人に依頼するほうが、質問者様にメリットが大きいと思います。
相談自体は無料です。

■法テラス
http://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/index.html


逮捕されたとしても、息子さんにとって不利なことは、一切話す必要がありません。
有利なことでも、言うか言わないかは、自由です。
これが「黙秘権」です。
黙秘権は、憲法で保障された権利です。
いくら脅されても、「認めたら早く出られるよ」などの甘い言葉をかけられても、やっていないことを「やった」と言ったり、必要以上に重い罪を認めたりしないよう、勇気づけてあげてください。

弁護士さんに相談しつつ、面会を重ねて、息子さんに元気を与えてあげることが最善かと思います。


==============================
主に校正を仕事としてきたため、書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございました。少しは安心しました。 面会は明日からできる、今まで息子がなにしゃべったかわからない、早く出たい一心で不利な事も認めてしっまたなら仕方ないですか?
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。

現段階で息子さんが話をされたことが、すべて確定されるわけではないので、ご安心ください。
最終的には、裁判において、裁判官が「そのとおり」と認めるまでは、確定しません。

たしかに、供述調書に記載され、それに署名してしまうと、一つの証拠となりますので、不利なことには違いありません。
しかし、まだ裁判が始まったわけではありませんし、取り調べは続いているのでしょうから、認めなくてもいいことを誤って認めてしまった場合は、今からでも否認するほうがよいでしょう。

どのような言い方で否認するかは、弁護士と相談されるとよいと思います。

それから、取調中に供述調書を作成され、「これに署名しろ」と言われても、言われるままに署名しなくてもいいのです。
「こうは言っていない」「ここは、このように書き直してほしい」と主張することも法律で認められていますし、自分が納得できなければ署名しないことも認められています。

そういうことは、息子さんにじゅうぶん伝わっていないかもしれません。
弁護士と力を合わせ、息子さんを守ってさしあげてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答、ありがとうございました。とても助かります。息子に面会しましたけど、事件のことは 警察からあまり話 すな、注意されたみたい。何で駄目なんだか理解できない、職権の濫用に当たらないでしょうか?また、違法ダウンロード刑罰化に関する規定などは2012年10月1日から施行する、改正著作権法は2013年1月1日から施行する、といろいろ聞いた、息子がその10月の前にしたことですので、警告なしでいきなり逮捕されたのは納得できない、ちょっと道を踏み外した若者に対して、救いの手を差し伸べないこのやり方に非常に憤りを感じます。親バカですけど、違法ダウンロード行為を防止措置を取らなかった国と著作物提供者にも責任ある、先生はこの問題をどう思う?できれば教えて欲しい。宜しくお願いいたします。
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
お気持ち、察し申し上げます。

詳しい状況が分からないと断定はできないのですが、違法ダウンロードの罪で息子さんが逮捕されたのでしたら、おっしゃるとおりだと思います。
ただ、警察が逮捕に踏み切ったということは、それ以外の著作権侵害があった可能性があります。

残念ながら、違法ダウンロードに対する防止措置は法律で義務づけられてはいませんので、国と著作物提供者(著作権者のことでしょうか)の責任を問うことは難しいのですが、技術が進めば、何らかの防止措置をとることが普通になってくるかもしれません。
現状では、例えば本をコピーすることを防止する措置は不可能なように、多くの場合、防止措置をとることは極めて難しい事業です。

それから、この質問はいったん解決いたしましたので、できましたら再度新規の質問として投稿していただけませんでしょうか。
前回の続き、ということでしたら、私を指名していただければ、前回の回答を踏まえてお答えいたします。

今回は、一般論としてお答えいたしました。

特許・商標・著作権 についての関連する質問