JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 235
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

先の質問に対する回答よくわかりました。次のような場合はどうでしょうか。 映画の観賞の対価ではなく、同好会会員から月

質問者の質問

先の質問に対する回答よくわかりました。次のような場合はどうでしょうか。
映画の観賞の対価ではなく、同好会会員から月会費(200円程度)の会費を徴収し、映画会の会場費(自治会会議室)や、上映映画のレンタル代等を支出する。折角の観賞会なので同好会の会員でない自治会会員には無料で鑑賞に参加を募る。このやり方はどうでしょうか。教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
先の返答に評価を頂きまして、ありがとうございました。

このご質問にも、ご回答いたします。

著作権法38条の規定は、
「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。」
となっています。

残念ながら、名目がいずれであっても、何かしらの金銭を徴収する場合には、このような上映会を行うことは、著作権の侵害になってしまうのです。
ただ、実費は認められているので、ご質問の会場費くらいは参加者で分担してもよいと思います。それ以上の会費を徴収される場合は、レンタルDVDで上映会を行うのは難しいと考えます。レンタルDVDは、あくまで個人観賞用に貸し出されている物だからです。

この場合は、ビデオメーカーから別に発売されている、補償金が含まれた専用のDVDを購入して上映する必要が出てきてしまいます。

レンタル代金は微妙です。実費とも考えられますが、そうすると上映のための集まりになってしまい、個人鑑賞の場にごく親しい知人が集まっている、という状況でもなくなります。

従いまして、あくまで無償で上映、という筋は通していただくのが安全かと考えます。

レンタル店のDVDは、もともとこういう使い方を想定していないので、残念な結論になってしまいます。

以上、簡単ですが、お答えとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

よくわかりました。年の為の確認ですが、会費等を徴収せず、同好会の会員が、順番を決めて、個人でレンタルしたDVDを、自治会の同好の人(10~20人)が、自治会の集会所で一緒に観賞する。ことであれば、一番最初の回答で著作権には触れないと判断してよろしいでしょうか。無償で観賞する人数には何か目安があるのでしょうか。

専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
少し分かりにくいお答えになってしまったかな、と反省しておりました。
おわかりいただけたとのことで、ホッとしております。

追加のご質問についてですが、金銭を徴収しなければ、大丈夫です。
考え方としては、自分の家で、家族や友人と一緒に、借りてきたDVDを鑑賞する、というイメージです。
これは問題ありません。

その場所が、自分の家か、集会所を借りてか、だけの違いなので、著作権の侵害には当たらない、ということになります。

ではその人数の目安は、ということですが、全くの無償であれば、それほど神経質に考える必要はありません。お示しいたしました、著作権法38条で認められているからです。

ただし、だからといってチラシや口コミ等で宣伝して多くの人数を集めるような場合は、個人鑑賞を目的としたレンタルDVDでは、問題になります。

全く問題がないのは、次の態様です。

・「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内」(著作権法30条)
……これは、家族や、数人の友人・知人・同好会仲間の間では、コ ピーしてもOK、という規定です。コピーしてOKなら、当然、鑑賞もOKです。コピープロテクトがかかっていない音楽CDを借りてきてコピーするのも、こ の範囲なら合法です。映画DVDにはほとんどプロテクトがかかっていると思いますが。

・上映用に販売されているDVDを購入して上映する
……これは、価格に補償金が上乗せされていて、購入時に著作権の問題はクリアされています。レンタル店や図書館に置かれているDVDも、補償金を払って購入されています。この方法なら、人数に制限はありません。


あとは、常識的に考えて、あまり広げすぎると問題になりうる、と考えてください。
あくまで、強いつながりのある仲間の間で無償で鑑賞する分には、問題ありません。

法律には、あまり具体的なことは書かれていないことが多いです。
あまり細かく書くと、脱法行為もやりやすくなってしまうので、ある程度の幅を持たせています。
このような基準で、考えてみてください。

以上、ご回答とさせていただきます。
いかがでしょうか。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
評価を頂きまして、ありがとうございました。
またお困りの点がございましたら、ご質問くださいませ。
皆様で楽しめる場となることを応援しております。

特許・商標・著作権 についての関連する質問