JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yo-shiに今すぐ質問する
yo-shi
yo-shi, 一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 236
経験:  中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
69504523
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
yo-shiがオンラインで質問受付中

著作権のことでございます。 2007年にヴェトナムのある会社(A社とさせて頂きます)にオリジナルのデザインでア

質問者の質問

著作権のことでございます。

2007年にヴェトナムのある会社(A社とさせて頂きます)にオリジナルのデザインでアクセサリーのサンプルを依頼しました。もちろんサンプル代はお支払いさせて頂きました。

今年、アメリカのショッピングサイト(こちらの会社はB社とさせて頂きます)でそのサンプルデザインを見かけるようになり、サンプルを依頼したA社に問い合わせたところ、私どもにサンプルを依頼してオーダーしてくれないからデザインを売ったといわれました。

(B社とは面識はなく、B社にはもし私のデザインを使用するならクレジットを入れるよう要求しました。彼らはとても誠実な対 応をしてくださり、すぐ私のデザインを消去してくれました。B社が私のデザインをどのように入手したかは不明でございます。)


私は、A社にもし私のデザインを使用するのであれば、彼らのインターネットのページに私のブランドのクレジットを入れるよう要求しましたが全く受け付けてくれず、メールの対応も無視されてる状況です。

金銭の要求はしておりません。クレジットを載せることのみ要求しました。

しかしあまりにもA社の不誠実な対応に法的措置がとれるのであればと検討しております。

ベトナムという国柄、このような状況の場合損害金のようなものを要求し支払ってもらえることは
可能なのでしょうか?

また、弁護士さん(日本-ベトナム間でのやり取りをしてくださる)に依頼するとしたらおいくらくらい
になるのでしょうか?

実際まだA社のウェブページで私のデザインが使用されており、これからも他のベトナムの会社が
勝手にデザインを使用する恐れもあります。。。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
一般論になりますが、お答えいたします。

まず、この「デザイン」を作られたのは、質問者様であるということでよろしいでしょうか。
その「デザイン」を使ったアクセサリーの製作をA社に依頼された、という理解を前提として、お答えいたします。
もし異なっていましたら、お知らせください。

ご質問を読むかぎり、デザインの使用について、A社との間には契約上の取り決めは、なかったように思われます。
契約書もしくはメール等にて合意した文章(本来は口頭でも可)があれば、その文言に従って、考えることとなります。

事前に、上記の契約書や話し合いが交わされていなかった場合、著作権法の原則論にのっとって考えていきます。

質問者様の「デザイン」が、著作物として認められるものであった場合、ウェブページに無断で掲載し続けることは、著作権法違反となる可能性が高いです。
対処としては、
・差し止め(掲載をやめさせる)
・損害賠償(生じた損害を金銭で補填させる)
の2点があります(両方もあり)。

A社が賠償の金銭を支払うかどうかは、相手次第というのが実際のところです。
法的手段に訴えた段階で、すぐに掲載を取り下げ、損害の発生を争う可能性もあります。
(つまり、損害は発生していないから、金銭を支払う必要はない、という主張)

現実的には、金銭による賠償にこだわらず、まず掲載をやめさせ、そのうえで損害賠償を請求できればなおよい、くらいに考えておいたほうがよいと思います。

では弁護士費用はどれくらいかかるか、ですが、これも決まった額はありません。
ただ、ご質問の内容からして、たとえ損害賠償を勝ち取ることができたとしても、それほど多額の賠償金を得られるわけではないでしょうから、弁護士費用は極力抑えたいところではないでしょうか。
そうしますと、まずは全国にある「法テラス」や、自治体の無料法律相談を利用して、そこで相談した上で現実的な対応を探るのがよいのではないかと考えます。

法テラス↓
http://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/index.html


以上、一般論でお答えいたしました。
解決のお手伝いになれば幸いです。


※A社の侵害行為の様子によっては、ベトナム法で考えなければならないこともあるかもしれませんが、ウェブページに掲載されているということから日本でも影響が考えられるため、日本法での対応も可能だと考えます。
 渉外事件に詳しい弁護士を紹介してもらうことをおすすめいたします。


==============================
主に校正を仕事としてきたため、書籍の著作権問題には特に精通しています。「著作権は怖いモノ」という意識が少しでも軽くなるお手伝いができれば、と思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答有難うございます。


 


デザインは私がしたものでございます。


サンプル依頼した時には、残念ながら契約は交わしておりません。


 


 


実際、A社(サンプル依頼した会社です)にしか渡してないデザインが


B社(私の存じ上げない会社)にも使用されていたことに関しては


あまり追求する材料にはなりませんでしょうか?


 


 


実際ベトナムと日本という距離もありますから、弁護士さんを通じて


A社に掲載をやめるよう求めても、賠償金を求めても相手が応じないと


なると、、、


弁護士さんの費用のみが発生し、泣き寝入りということになるのでしょうか?


 


実際、私のページでも、そのサンプルデザインが私のものであるということを掲載している以上、(日本人のお客さんも増えてきてます)アメリカのサイトに出品してる会社(B社)の私のデザインの商品を見られて、信頼を失ってる可能性もあります。。。


 


 


やはり比較的、弁護士さんに依頼しても


相手が応じない限り、当方の負担が大きく、泣き寝入りするような感じ


のケースでしょうか?


 

専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
状況を教えていただきまして、ありがとうございました。

B社は、すでに質問者様のデザインを削除しており、現時点ではB社は問題になっていないものだと思っておりました。
しかしそうではなく、今も、B社は使用しているのですね?

それならば、B社の責任を問うことも可能です。

B社は、質問者様のデザインだと知っているはずです。
それでも故意に使い続けているのならば、著作権の侵害行為を行っていると考えられます。

A社・B社がともに質問者様の著作権を侵害しているために、質問者様に実際に損害が発生している状況であるならば、差し止めならびに損害賠償を求める意味は大いにあると思います。

そこで、まず採るべき対応ですが、質問者様のサイトで、そのデザインは質問者様が生み出されたものであることを、明示してください。そして、A社とB社の物は、許諾を得ずに無断で違法使用しているものであることも、書いておいたほうがよいと思います。
それによって、事情を知らない客に、本当のことを知らせるきっかけになります。

前回のお答えは、最初のご質問に「金銭の要求はしておりません」とありましたので、質問者様には実際の損害が発生していないものだと思っておりました。
早合点だったかもしれません。
失礼いたしました。

先にご紹介いたしました「法テラス」は、無料で、法律相談も受けてくれる機関です。
実際に訴訟によって質問者様が望んでいらっしゃる結論を導けそうかどうかは、個別具体的に詳細をお伺いしないと分からないと思いますので、法テラスにて、詳しく相談されることをオススメいたします。
そのうえで、訴訟で成果を上げられそうな場合は、弁護士を紹介してもらうこともできます。

まずはこのように対処してみてはいかがでしょうか。

ご検討よろしくお願いいたします。
yo-shiをはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧にご返答有難うございました。


 


法テラスさん、日本貿易振興機構にご相談したところ


やはり海外でも発展途上国が相手だと民事訴訟を起こしても勝てるかわからないとyo-shiさんと同じ回答でした。



今回はデザインが海外の市場に出回ってしまって残念ですが、


ある意味プラスに捕らえて、今後サンプル依頼のときは気をつけます^-^



お忙しい中有難うございました

専門家:  yo-shi 返答済み 4 年 前.
回答の評価を頂きまして、ありがとうございました。

私も海外の会社との取引経験がありますが、日本ではまさかそんなことはやらないだろうということも、海外では平気で起こり、苦い経験をしました。

だからこそ、事前に契約をしっかりと確認することが大事だと痛感しました。

またご不明な点がございましたら、ご質問くださいませ。

特許・商標・著作権 についての関連する質問