JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

satohk555に今すぐ質問する

satohk555
satohk555, 弁理士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 20
経験:  2010年弁理士試験合格
62825272
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
satohk555がオンラインで質問受付中

インターネットでオンラインショップを経営しております。先日、下記の様なメールを正規代理店より受けました。 貴店

質問者の質問

インターネットでオンラインショップを経営しております。先日、下記の様なメールを正規代理店より受けました。

貴店で掲載・販売されている下記の製品につきまして、調査・検討しましたところ、取扱い説明 書の無断翻訳による著作権侵害、サイト上での製品画像の無断使用による商標権侵害、知的所有権の侵害に該当するもので、消費者に誤解を与え当社としてはなはだ迷惑を被っております。
つきましては、今後製品の販売を中止していただきたく、ここに書面をもって申し入れます。

そこで質問なのですが、
①取扱い説明書を廃止し
②掲載する写真を、自分が撮った写真(製品は手元にあるので)を使用して販売した場合、
【今後製品の販売を中止していただきたく】というようなことは言えるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  satohk555 返答済み 3 年 前.

はじめまして。特許事務所勤務の弁理士です。

 

貴殿の経営するオンラインショップに出品している商品について、著作権等の侵害の警告上を受け取ったので、その対応についてのご相談ですね。

 

先ず、相手方の主張の内容をもとに状況の確認をしたいと思います。

 

(1)取扱い説明 書の無断翻訳による著作権侵害

商品の取扱説明書は多くの場合著作物ですので、それを翻訳することは複製権(著作権法第21条)および翻訳権、翻案権等(著作権法第27条)に抵触し、インターネットショップに掲載することは公衆送信権(著作権法第23条)に抵触します。ただし、直訳でなく、同じ内容のを異なる表現で記載したものはこれら権利の侵害には該当しません。この点ご確認ください。

 

(2)サイト上での製品画像の無断使用による商標権侵害、知的所有権の侵害

貴殿のインターネットショップに掲載された写真に相手の登録商標が写っている場合は、登録商標の使用(商標法第2条第3項)に該当します。また、登録商標でない商標であっても、それがある程度以上有名な商標である場合は不正競争防止法における不正競争行為(不正競争防止法第2条第1項第1号、第2号)に該当する可能性があります。この点いついてもご確認ください。

 

以上確認した結果、相手方の主張が正しい場合は、直ちにその取扱説明書と商品の画像の掲載を中止し、相手方に連絡すべきです。連絡の内容は、相手方を極力刺激せず、迷惑をかけたことに対して素直に謝罪し、指示に従って即刻掲載を中止したことを伝えましょう。

 

次に、最後のポイント(今後の対応)になりますが、

 

①取扱い説明書を廃止
取扱い説明書の掲載を中止すれば問題はありません。ただし、貴殿のオンラインショップのお客様に対するサービスレベルを維持するためには相手方の商品のホームページにリンクをはることが考えられますが、この場合は相手方の承諾を得るのが無難です。

 

②掲載する写真を、自分が撮った写真(製品は手元にあるので)を使用して販売
この対応は、再度商標権等の侵害になる可能性 があります。問題は相手の商標が写った写真が掲載されているという点にあるので、貴殿がその商品の写真を撮り直したとしてもこの問題の解決にはなりません。商品の写真をオンラインショップに掲載したいのであれば、相手方から許諾を得る必要があります。売り上げの何%かの商標使用料を要求されるかも知れませんが、ある程度はやむをえないでしょう。もっとも、相手方にとっては自分の商品を宣伝して売ってもらっているとも解釈できるので、無償あるいは廉価な使用料で許諾を受けることができる可能性もあります。要は、警告上に対しては低姿勢に対応し、誠意を示すことが結局は貴殿の利益につながると思います。

 

以上、ご不明な点がありましたらご遠慮なくお問合せください。

 

 

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答、誠にありがとうございました。

 

私の勉強不足で、質問の内容が明確ではなかったかと

思います。

 

下記に再度質問をさせていただければと思いますので、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

私どもは、メデラという製品を並行輸入している個人輸入者です。

そして、その製品をインターネット上で販売しております。

 

先日、メデラ株式会社(日本)より、下記のようなメールがありました。

 

貴社が現在、楽天で掲載・販売されている下記のメデラ製品につきまして、調査・検討しましたところ、取扱い説明書の無断翻訳による著作権侵害、楽天サイトにおけるメデラ製品画像の無断使用による商標権侵害、知的所有権の侵害に該当するもので、消費者に誤解を与え当社としてはなはだ迷惑を被っております。

つきましては、今後メデラ製品の販売を中止していただきたくここに書面をもって申し入れます。

 

最初に質問をさせていただいた時、ご丁寧にご回答をいただいたのですが、

あまり具体的に記載させていただいてなかったので、下記に質問内容をより

明確にさせていただき、ご回答いただきたくお願い申し上げます。

 

①並行輸入について

 

並行輸入について、インターネットで色々と調べました。

並行輸入する個人輸入者は、独立禁止法によって

国から守られていると、調べた結果認識しております。

 

よって、 メデラ株式会社(日本)より送られてきたメールにあるように

【販売を中止していただきたく】との旨は、逆にこの独立禁止法にあた

ると思います。

 

認識として間違っておりますでしょうか?

 

私が考えている今後の対応として、

 

①説明書は自分でオリジナルに作る。

 

②写真は、自分の手元にある製品を撮影して

 ネット上で掲載する。

 

②に関してでございますが、並行輸入の様々なルールによって

ロゴが入っている写真も、相手側に許可なしで使用できると認識しております。

 

これらの認識は、法律的に何か間違っておりますでしょうか?

 

ご回答の程、どうぞよろしくお願いもうし上げます。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答、誠にありがとうございました。


 


私の勉強不足で、質問の内容が明確ではなかったかと


思います。


 


下記に再度質問をさせていただければと思いますので、


どうぞよろしくお願い申し上げます。


 


私どもは、メデラという製品を並行輸入している個人輸入者です。


そして、その製品をインターネット上で販売しております。


 


先日、メデラ株式会社(日本)より、下記のようなメールがありました。


 


貴社が現在、楽天で掲載・販売されている下記のメデラ製品につきまして、調査・検討しましたところ、取扱い説明書の無断翻訳による著作権侵害、楽天サイトにおけるメデラ製品画像の無断使用による商標権侵害、知的所有権の侵害に該当するもので、消費者に誤解を与え当社としてはなはだ迷惑を被っております。

つきましては、今後メデラ製品の販売を中止していただきたくここに書面をもって申し入れます。


 


最初に質問をさせていただいた時、ご丁寧にご回答をいただいたのですが、


あまり具体的に記載させていただいてなかったので、下記に質問内容をより


明確にさせていただき、ご回答いただきたくお願い申し上げます。


 


①並行輸入について


 


並行輸入について、インターネットで色々と調べました。


並行輸入する個人輸入者は、独立禁止法によって


国から守られていると、調べた結果認識しております。


 


よって、 メデラ株式会社(日本)より送られてきたメールにあるように


【販売を中止していただきたく】との旨は、逆にこの独立禁止法にあた


ると思います。


 


認識として間違っておりますでしょうか?


 


私が考えている今後の対応として、


 


①説明書は自分でオリジナルに作る。


 


②写真は、自分の手元にある製品を撮影して


 ネット上で掲載する。


 


②に関してでございますが、並行輸入の様々なルールによって


ロゴが入っている写真も、相手側に許可なしで使用できると認識しております。


 


これらの認識は、法律的に何か間違っておりますでしょうか?


 


ご回答の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答、誠にありがとうございました。


 


私の勉強不足で、質問の内容が明確ではなかったかと


思います。


 


下記に再度質問をさせていただければと思いますので、


どうぞよろしくお願い申し上げます。


 


私どもは、メデラという製品を並行輸入している個人輸入者です。


そして、その製品をインターネット上で販売しております。


 


先日、メデラ株式会社(日本)より、下記のようなメールがありました。


 


貴社が現在、楽天で掲載・販売されている下記のメデラ製品につきまして、調査・検討しましたところ、取扱い説明書の無断翻訳による著作権侵害、楽天サイトにおけるメデラ製品画像の無断使用による商標権侵害、知的所有権の侵害に該当するもので、消費者に誤解を与え当社としてはなはだ迷惑を被っております。

つきましては、今後メデラ製品の販売を中止していただきたくここに書面をもって申し入れます。


 


最初に質問をさせていただいた時、ご丁寧にご回答をいただいたのですが、


あまり具体的に記載させていただいてなかったので、下記に質問内容をより


明確にさせていただき、ご回答いただきたくお願い申し上げます。


 


①並行輸入について


 


並行輸入について、インターネットで色々と調べました。


並行輸入する個人輸入者は、独立禁止法によって


国から守られていると、調べた結果認識しております。


 


よって、 メデラ株式会社(日本)より送られてきたメールにあるように


【販売を中止していただきたく】との旨は、逆にこの独立禁止法にあた


ると思います。


 


認識として間違っておりますでしょうか?


 


私が考えている今後の対応として、


 


①説明書は自分でオリジナルに作る。


 


②写真は、自分の手元にある製品を撮影して


 ネット上で掲載する。


 


②に関してでございますが、並行輸入の様々なルールによって


ロゴが入っている写真も、相手側に許可なしで使用できると認識しております。


 


これらの認識は、法律的に何か間違っておりますでしょうか?


 


ご回答の程、どうぞよろしくお願いもうし上げます。

専門家:  satohk555 返答済み 3 年 前.

再度のご説明ありがとうございます。取り急ぎ、各対応事項について簡単に回答いたします。

 

対応① 

説明書は自分でオリジナルに作る。

回答① 

これなら、著作権法上の問題は発生しません。

 

対応② 

写真は、自分の手元にある製品を撮影してネット上で掲載する。

回答② 

これは、商標法の問題ですが、商標法には並行輸入についてBBS並行輸入事件 という有名な判例があり、次の条件を満たせば並行輸入製品の使用・販売等は商標権侵害にならないと判事されています。

●正規のルートで購入したこと。

●購入した商品に、日本国内での販売・使用を禁止するという明示的な表示がないこと。

上記条件を本事案に即して、確認してください。すなわち、

●その商品を製造している大元の外国メーカー(例えば、メデラ米国本社またはその正規代理店)から購入したものであって、いわゆる怪しげな闇ルートで仕入れたものではないこと。

●仕入れた商品(ヘルスケア関連商品でしょうか?)外箱の表示あるいはメデラ社ホームページで購入した場合のそのホームページの注意書きなどに、日本国内での販売・使用を禁止するなどのことわり書きがないこと。

 

なお、まことに申し訳ありませんが、独占禁止法については知的財産権の範疇に属さないため、コメントは控えさせていただきます。

 

従いまして、並行輸入について上記2つの条件を確認した上で、先ずは貴殿の認識を警告書を送ってきたメデラ日本法人に回答してみてはいかがでしょうか。一応「警告書」であるからにはできるだけ早く第一次回答だけはしておいた方がいいと存じます。

 

以上何卒よろしくお願い申し上げます。

satohk555, 弁理士
満足したユーザー: 20
経験: 2010年弁理士試験合格
satohk555をはじめその他名の特許・商標・著作権カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  satohk555 返答済み 3 年 前.

すみません。②の回答を差し替えさせてください。

 

回答② 

これは、商標法の問題ですが、商標法には並行輸入についてフレッドペリー事件 という有名な判例があり、次の条件を満たせば並行輸入製品の使用・販売等は商標権侵害にならないと判事されています。

  1. 当該商標が外国における商標権者又は当該商標権者から使用許諾を受けた者により適法に付されたものであること。
  2. 該外国における商標権者と我が国の商標権者とが同一人であるか又は法律的若しくは経済的に同一人と同視し得るような関係があることにより,当該商標が我が国の登録商標と同一の出所を表示するものであること。

  3. 我国の商標権者が直接的に又は間接的に当該商品の品質管理を行い得る立場にあることから,当該商品と我が国の商標権者が登録商標を付した商品とが当該登録商標の保証する品質において実質的に差異がないと評価される場合であること。

本事案においては、

  1. その商品を製造している大元の外国メーカー(例えば、メデラ米国本社またはその正規代理店)から購入したものであって、いわゆる怪しげな闇ルートで仕入れたものではないこと。
  2. 日本のメデラ株式会社が、メデラ米国本社と資本関係がある同じ系列の会社であること。
  3. 貴殿の販売する商品が同じメデラ社製品又はこれと実質的に同一の品質を有すること。

以上まとめますと、2と3は貴殿のご質問とメデラ社ホームページより明らかなので、1の調達ルートが正当であれば、商標権侵害には該当しないと考えられます。

 

差し替えのお願い、混乱させてしまい、大変失礼いたしました。

専門家:  satohk555 返答済み 3 年 前.

ご評価ありがとうございました。

追加の質問がありましたら遠慮なくお問合せください。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    45
    行政書士 知的財産修士 1級知的財産管理技能士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YO/yoshi/2014-12-8_21946_face.64x64.jpg yo-shi さんのアバター

    yo-shi

    一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)

    満足した利用者:

    227
    中央大学法学部・文学部卒業。出版社にて校正・編集業務に10年以上従事。書籍の著作権問題に詳しい。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PA/patent777/2011-10-5_16540_shirtM1.64x64.jpg patent777 さんのアバター

    patent777

    弁理士

    満足した利用者:

    391
    特に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、パリ条約に精通しています。
  • /img/opt/shirt.png satohk555 さんのアバター

    satohk555

    弁理士

    満足した利用者:

    20
    2010年弁理士試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3233
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

特許・商標・著作権 についての関連する質問