JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
satohk555に今すぐ質問する
satohk555
satohk555, 弁理士
カテゴリ: 特許・商標・著作権
満足したユーザー: 20
経験:  2010年弁理士試験合格
62825272
ここに 特許・商標・著作権 に関する質問を入力してください。
satohk555がオンラインで質問受付中

ある情報商材をダウンロードにて購入しました。 その商材には「複製、転載、流用、転売」を禁じるとの規約がありました。

質問者の質問

ある情報商材をダウンロードにて購入しました。
その商材には「複製、転載、流用、転売」を禁じるとの規約がありました。

ネットで知り合った方に無料で貸すことについては問題ないと思い、あ る商材を借りることと引き替えに、私もダウンロードした情報商材をお貸ししました。

そうしましたら、その方が私がお貸しした商材をブログに乗せ、他の方と交換できるようにしてしまったのです。

私がメールにて再三止めるよう申し上げても、無視されてしまいます。

私は罪に問われるのでしょうか。どうしたらよいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 特許・商標・著作権
専門家:  satohk555 返答済み 5 年 前.

某特許事務所に勤務する弁理士です。

いただいたご質問にお答えします。

 

これはいわゆる情報コンテンツの著作権の問題であろうと思われます。市販の情報コンテンツはたいていのものが著作物(著作権法第2条第1項)に該当し、著作権法で保護される対象です。ご質問の文面からは、次の問題点が見受けられます。

 

(1)複製権

そもそも貴殿がダウンロードした情報商材をネットで知り合った方に貸す行為は、CDに焼いてそのCDを貸した場合であっても、添付ファイルをメールで送った場合であっても、いずれにしてもその情報商材をコピーしていますので、複製権(著作権法第21条)が問題となります。家族やごく親しい友人が相手であれば例外的に、いわゆる私的複製が認められる場合もありますが(著作権法第30条)、ネットで知り合ったに過ぎない方が相手では私的複製を主張することは難しいと思われます。なお、複製権は有償か無償かは関係ありません。

(2)公衆送信権

ネットで知り合った方がブログに交換用として載せている行為は、公衆送信権(著作権法第23条)の侵害に該当します。貴殿がネットで知り合った方そのに情報商材を貸したという行為は本罪ではないものの、下手をすると幇助罪には該当するかもしれません。

 

不当に脅かすつもりはありませんが、著作権侵害に対しては一般法である民法・刑法の規定が適用され、著作権法の中にも民事責任(著作権法第7章権利侵害第112条~118条など)および刑事責任(著作権法第8章罰則第119条~124条)の特別規定が設けられています。ですが、貴殿の場合は悪質とは思えないので刑事責任まで追及されることは考えにくいとお見受けします。

 

1.民事責任について

その情報商材の著作権者が貴殿又はそのネットで知り合った方の故意又は過失により障害を蒙った場合、例えばブログに掲載されたことが原因でその情報商材の売り上げが減少した場合は、その分の損害賠償を請求される可能性があります(民法第709条、著作権法第114条第2項)。

 

2.刑事責任について

小生は刑法については門外漢ですが、一般に刑事責任が発生するためには過失では足りず故意が必要とされると聞いた覚えがあります。貴殿の行為はブログを止めさせようと努力されていることから故意は成立しないと思われます。万が一それを立証する必要性に迫られる場合に備えて、メールは しっかり保管しておくことをお勧めします。

 

最後に、夜も寝られないぐらい心配でそのブログ掲載を止めさせたいと、そこまで悩んでおられる場合、貴殿がどう対応すればよいか、これはあくまで小生の個人的な考えとしてお聞きください。私があなたの立場に置かれたらそうするかも知れない、というぐらいの気持ちで。

 

①最寄の法律相談センター(市役所などにあると思います)で弁護士と面談する。

②その面談の内容を記載した書面をネットで知り合ったその方に送る。できれば、住所を聞き出して内容証明郵便で郵送するのが望ましいです。弁護士の見解を正式文書で送ればきっと相手はビビることでしょう。

 

恙なく解決されることをお祈りいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

詳しくありがとうございました。もう少し考えてみます。

特許・商標・著作権 についての関連する質問